« ■0128「クルーレス」 | トップページ | ■0130「わんぱく王子の大蛇退治」 »

■0129「ハーベイ・ミルク」

  「ハーベイ・ミルク」(リチャード・シミューセン監督、1984年)のことを、しばしば思い出す。1970年代に、ゲイであることを公表しながらサンフランシスコ市議会議員に当選したハーベイ・ミルクが、同じく公職についていたダン・ホワイトに射殺されるまでを、関係者の証言でつづるドキュメンタリー。ダン・ホワイトは、マイノリティに好意的だった市長とミルクを故意に撃ち殺しながら、裁判ではとても軽い判決を受けた。差別のひどさとともに、映像からはハーベイ・ミルクの人間としての魅力が直接伝わってくる。その柔らかく温かい物腰と語りに、カインドという言葉を思い出した。

|

« ■0128「クルーレス」 | トップページ | ■0130「わんぱく王子の大蛇退治」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「ハーベイミルク」は、大切な映画。

思い出すと、心がシンとしてしまう。
やさしさの奥にある強さと
失うことの悲しさ・・・

思い出すと
自分はどうやって生きていこうか
と、思ってしまう。

投稿: Jellyfish | 2005.01.10 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/2504267

この記事へのトラックバック一覧です: ■0129「ハーベイ・ミルク」:

« ■0128「クルーレス」 | トップページ | ■0130「わんぱく王子の大蛇退治」 »