« ■「寄生獣 セイの格率」「デスパレード」 | トップページ | ■4月18日に「没入型仮想現実・無料体験会」を開きます »

2015.03.28

■「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」


いろいろな意味で、打ちのめされました。
「イミテーション」はシミュレーションと言い換えた方が分かりやすいかもしれません。第2次世界大戦で、ドイツ軍の暗号機エニグマによる暗号を解読し、連合国軍に勝利をもたらしたイギリスの天才数学者アラン・チューリングの人生を描いています。実話に基づく映画というのが信じられないほど、ドラマチックな展開です。第87回アカデミー賞では脚色賞を受賞しました。

人間存在の裏側や歴史の裏側にも踏み込む重層的な物語になっています。人間存在や歴史の暗号解読でもあります。この作品自体が、暗号なのです。監督は、ノルウェーのモルテン・ティルドゥム。

チューリングを、カンバーバッチが熱演。チューリングを支える女性ジョーン・クラークを、キーラ・ナイトレイが演じています。ジョーン・クラークの存在は、非常に大きいです。イギリスの暗号解読チームの中でチューリングが孤立し、チームが空中分解しそうになったとき、ジョーン・クラークが橋渡し役になり、チームの結束が高まり、暗号解読につながります。

イギリスは、チューリングらによる暗号解読を半世紀にわたって軍事機密として秘密にし続けます。コンピューターというと、アメリカのフォン・ノイマンらが大砲の弾道計算のために開発したというのが通説になっていますが、チューリングらの暗号解読機械は現在のコンピューターの基礎を築いたものでした。

チューリングは終戦後、現在のコンピューターにつながる論理装置を研究し続けます。脳と心の関係を機械で実現しようとします。人工知能という言葉がなかった時代に、人工知能を目指していました。18歳で亡くなった初恋の学友クリストファーの魂をよみがえらせようとしていたと言われています。人工生命の研究も行っていました。

チューリングは同性愛者で、当時のイギリスの法律で罪に問われます。彼は青酸カリを塗ったリンゴをかじり、自殺します。アップルのマークは、ここからとられたという噂もあります。

脚本家のグレアム・ムーアは、映画化にあたり無報酬で脚本を書く契約をします。チューリングの生涯を映画化することが人生の目標というほど、チューリングの人生に感動していたと言います。

|

« ■「寄生獣 セイの格率」「デスパレード」 | トップページ | ■4月18日に「没入型仮想現実・無料体験会」を開きます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/61351254

この記事へのトラックバック一覧です: ■「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」:

« ■「寄生獣 セイの格率」「デスパレード」 | トップページ | ■4月18日に「没入型仮想現実・無料体験会」を開きます »