« ■「ベイマックス」 | トップページ | ■映画「薄氷の殺人」 »

2015.01.23

■「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」


「踊る大捜査線」の本広克行監督がアニメ作品の総監督を初めて務めたテレビシリーズ「PSYCHO-PASS サイコパス」の後日談です。主人公の常守朱と失踪していた狡噛慎也が再会します。近未来の人間ドラマが展開されます。

2116年、人の心を数値化して犯罪を未然に防ぐ「シビュラシステム」を世界に広げようと計画する日本政府は、内戦状態のシーアン=東南アジア連合の首都シャンバラフロートに実験的にシステムを輸出します。しかし、シーアンからテロリストが日本に密入国し、シビュラシステムの中枢に攻撃をしかけてきます。テロリストと対峙した常守朱は、事件の黒幕を追ってシャンバラフロートに入ります。

物語は単純ですが、戦闘シーンの迫力は劇場版ならではです。そして、作画も高い水準を保っていました。特に、オープニング映像のクオリティの高さは劇場版「踊る大捜査線」を思い出させました。人間の自由と安全という基本テーマを掘り下げ、重い問いを残します。

|

« ■「ベイマックス」 | トップページ | ■映画「薄氷の殺人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/61019813

この記事へのトラックバック一覧です: ■「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」:

« ■「ベイマックス」 | トップページ | ■映画「薄氷の殺人」 »