« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014.10.31

プチアート絵画4 [Kindle版]を、出版しました

プチアート絵画4 [Kindle版]を、出版しました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00P1Z8ID0/
楽しみながらアートを気軽に生み出せることを、知っていただくために発行した画集の第4弾です。アプリを組み合わせ、表紙を含め、すべて iPhoneで制作しています。
作品は、ソーシャルメディアで公開しています。感想などを書いていただき、作品を通じた交流が生まれます。ありがたいことです。殺伐としがちなソーシャルメディアですが、ささやかな「美」がソーシャルメディアを少しでも豊かにできたらと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.26

■映画「TOKYO TRIBE」

映画「TOKYO TRIBE」は、園子温監督のやりたい放題の世界です。
井上三太の人気コミック「TOKYO TRIBE2」を実写化しました。近未来都市を舞台に、ストリートギャングたちが抗争を繰り広げます。
なんといっても、ラップミュージカルに仕上げるというアイデアが素晴らしい。日本のHIP HOP界をけん引する有名ラッパーが大勢出演しています。さすがにうまいです。染谷将太(そめたに・しょうた)など俳優たちもラップに挑戦していますが、やはりたどたどしさは抜けていません。

バラエティーに富んだキャスティングが楽しめますが、収穫だったのはヒューマンビートボックスを操る「サイボーグかおり」との出会いでした。口や鼻からの発声でレコードのスクラッチ音や、ベース音、リズムマシンのミキシングの音色加工や変化を全て1人で再現する技術を持つ人です。彼女の巧みなスクラッチ音が鳴り響くと、映像全体が彼女によって支配されました。

ストーリーはあってなきがごとし。暴れ回る映像を楽しむのか、嫌悪するのかは人それぞれでしょう。作品のできは、それほど良いとは思いませんが、B級映画を愛する園子温監督の姿勢は支持します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■映画「わたしは生きていける」

映画「わたしは生きていける」。ケヴィン・マクドナルド監督です。
メグ・ローゾフのベストセラー小説を基にした独特な青春ドラマです。テロリストによる核爆発テロと第3次世界大戦の勃発によって混乱するイギリスが舞台です。16歳の少女が必死のサバイバルをいとことの恋愛を交えながら物語は進みます。

なんといっても、現代のイギリスが舞台で核爆発テロと第3次世界大戦の始まりという設定が、あるリアリティを持つ時代に生きているのだなあと、あらためて実感しました。冷戦時代に核戦争の恐怖を感じていましたが、またそんな時代に入ろうとしているのかもしれません。

少年少女たちが、そんな状況の中で、懸命に生き延び、希望をつかもうとする姿が痛々しかったです。それほど出来の良い作品ではありませんが、胸が締め付けられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »