« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014.09.27

■キューバ映画祭 CUBA FILM FESTIVAL 2014

9月6日(土)、9月7日(日)に開かれたキューバ映画祭 CUBA FILM FESTIVAL 2014に参加しました。上映された4作品を見ることができました。

最初に観た作品は、2010年制作の「チコとリタ」。1940年代末のキューバが舞台です。フェルナンド・トルエバ監督が、スペインを代表するアーティストのハビエル・マリスカルとタッグを組みました。ジャズ・ピアニストの青年チコと歌手リタの物語なので、キューバ音楽に溢れたアニメです。音楽監修と劇中のチコのピアノ演奏は、キューバ音楽の黄金時代のベボ・バルデスです。

一方、フェルナンド・トルエバ監督の「カンデアルの奇跡」は、2004年のドキュメンタリー作品です。85歳のキューバ人ピアニスト、ベボ・バルデスが念願だったブラジルのバイーアを訪れます。自らの音楽とアフリカ系黒人としてのルーツを探っていきます。ブラジル人ミュージシャンとのセッションが素晴らしい。若い人たちと楽しそうに演奏する姿が印象的です。世代を超えたつながり。元気がわいてくる、とても高揚感のある作品です。ゴヤ賞で、最優秀ドキュメンタリー映画賞と最優秀オリジナル歌曲賞の二つの賞を受賞しています。

「低開発の記憶-メモリアス―」。1968年の作品ですが、キューバ革命直後の状況が、紋切り型でなく描かれています。カストロが社会主義宣言を行なった1961年、妻や両親が亡命を決める中、キューバにとどまり、「低開発」な国と呼ばれたキューバを冷ややかに見つめるセルヒオが主人公です。

 「苺とチョコレート」で有名な、キューバのトマス・グティエレス・アレア監督が、キューバ革命後のハバナを背景に、ブルジョア青年の孤独を追ったドラマです。中に登場するドキュメンタリー映像も貴重です。

「低開発の記憶」の続編とも言うべき「セルヒオの手記-ユートピアからの亡命」は、ミゲル・コユーラ監督作品。キューバ映画祭での上映が、日本初上映です。過激とも言える容赦のない表現によって、セルヒオの苦悩が描かれていきます。

革命後のキューバで検閲を受けた小説家セルヒオは、アメリカへ亡命します。ニューヨークの大学教員となり、キューバ革命について講義する彼は、革命への憧れを抱く女子学生とのスキャンダルによって、大学を追われます。アメリカの居心地の悪さを体験します。

キューバにもアメリカにも居場所がないセルヒオの存在が、様々な女性たちとの関わりや、おびただしい映像コラージュ、キューバの回想シーンなどを通じて重層的に描かれています。痛々しさが心にしみます。「社会変革の可能性」という大きなテーマが、等身大の生き様として表現されています。人類の未来を問う力作でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「大いなる沈黙へ」

「大いなる沈黙へ」を観ました。体験しましたと言った方がいいですね。
カトリック教会の中で、最も厳しい戒律で知られるフランスのグランド・シャルトルーズ修道院に、初めてカメラが入り撮影を許された貴重なドキュメンタリー作品です。フィリップ・グレーニング監督は、6カ月間、修道者と生活を共にし、毎日49分間の撮影を繰り返して作品に編集しました。2時間49分。観客は修道者とともに時間を過ごします。

グレーニング監督(1959年生まれ)が、修道院に映画撮影を申し込んだのが、25歳の1984年。そして許可が下りたのは16年後でした。修道院側の意識の変化があったのでしょうが、監督にとっても、この16年の月日は意味があったと思います。
2002年の春夏、2003年の冬にHDCAMで撮影、1年かけて編集し『大いなる沈黙へ』として2005年にドイツで公開しました。

昔ながらの信仰の儀式、ほぼ自給的な暮らし。非常に厳格な日々のスケジュールなのですが、映像からは張りつめた生活感が伝わってきません。単調のように見えて無駄のない質素な生活が見えません。ただ、おそらくは、この見えにくさこそ本質的なのだろうと思います。淡々とした生活による心の平安は外からは見えませんから。

外に出る場面や雪遊びやペットボトル入りのミネラルウォーターや人口接着剤で運動靴を修理する場面を、もっと効果的に表現してほしかったですね。そこに、つかのまのリアルな息づかいを感じました。終わり近くの視覚障害の修道者の言葉は、分かりやす過ぎて、かえって作品を浅くしたように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「舞妓はレディ」

「舞妓はレディ」は、周防正行監督の新作。脚本も書いています。監督が、『shall we ダンス?』の前に撮る予定だったという念願の企画が実現しました。舞妓が1人しかいないのが悩みのお茶屋が舞台です。おかみを演じる富司純子の自然さが、楽しめます。京都の撮影所で育った女優さんですね。

見終わってみれば、見事にまとまったミュージカルでした。しかし最初は、違和感いっぱいで、どうなっちゃうのかと、ハラハラしました。ギャグっぽい出だしからして、かなり奇抜です。お茶屋に「舞妓になりたい」と飛び込んで来た春子が、突然歌いだす場面では、何が起こるのかとドキドキしました。しかし、次第に盛り上がり、最後はコミカルでゴージャスなステージで幕を閉じます。最高のハッピーエンドです。

主人公・春子を演じた上白石萌音(かみしらいし・もね)は、最初は地味な印象ですが、映画の中で確実に成長し、魅力的になっていきます。あか抜けない女の子がかわいい舞妓になっていく物語にぴったりでした。ラストシーンのはつらつとした踊りは絶品です。

津軽弁と鹿児島弁が混ざった春子の不思議ななまりも、面白いです。この作品は、京都弁をはじめ、さまざまな方言の魅力を楽しむ側面もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.03

「プチアート絵画2」[Kindle版]を無料キャンペーン中

9月13日「iPhoneで、もっとプチアート・絵画編」開講記念として「プチアート絵画2」[Kindle版]を無料キャンペーン中です。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00KHQUXQ8
20140902_74209


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »