« ■「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 | トップページ | 「プチアート絵画2」[Kindle版]を無料キャンペーン中 »

2014.08.23

■「ヴィオレッタ」

「ヴィオレッタ」(原題:My Little Princess)は、2011年公開のフランスの映画。母親である写真家イリナ・イオネスコの被写体として幼い頃からヌードを含むモデルとなっていた女優・エヴァ・イオネスコが、その経験を基にした母親と娘の物語を自ら監督した作品です。初の長編劇映画監督作品です。

1977年に刊行されたイリナ・イオネスコの写真集「鏡の神殿」については、シュールレアリズム的でバロック的な作風が話題となったのを覚えています。不思議な雰囲気の写真集でした。

スキャンダラスな実話を、当事者が自ら映画化したということで、カンヌ映画祭を騒然とさせました。児童ポルノにあたるかどうかが真剣に議論されました。日本では、一時上映ができないと映倫に判断されました。

話しとしては衝撃的ですが、当事者らしい慎重な配慮がなされています。妖艶で耽美的な場面もありますが、映画的には上品と言っていいでしょう。

母親役のイザベル・ユペールは、難しい役を巧みなこなしていました。さすがベテランです。娘役のアナマリア・ヴァルトロメイは、撮影当時11歳。その美しいポーズに驚かされます。とりわけ、シド・ヴィシャスとのシーンが印象的でした。この作品の後、パリでモデルとして活躍しています。映画の出演も決まっているようです。

エヴァの母親に対する気持ちは屈折しています。激しく愛と憎しみが交差しています。
2012年11月12日、エヴァは、子供の頃のヌード写真撮影およびその出版について、損害賠償と写真返却を求める裁判を起こし、勝訴します。

ラストで施設に入れられていたヴィオレッタは、面会に訪れた母親に気付くと、施設の窓を抜け出して、母の「愛している」という声を振り切り、草原を駆け抜けていきます。唐突な終わり方ですが、監督の切実さがにじんだラストシーンです。

|

« ■「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 | トップページ | 「プチアート絵画2」[Kindle版]を無料キャンペーン中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/60198537

この記事へのトラックバック一覧です: ■「ヴィオレッタ」:

« ■「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 | トップページ | 「プチアート絵画2」[Kindle版]を無料キャンペーン中 »