« ■「ノア 約束の舟」 | トップページ | スマホ絵画の電子書籍です »

2014.07.26

■「マレフィセント」

「マレフィセント」は、「アバター」などのプロダクションデザインを手掛けたロバート・ストロンバーグの長編映画監督デビュー作です。ディズニー映画の傑作「眠れる森の美女」の別バージョン。「眠れる森の美女」ではオーロラ姫に呪いをかけた悪役だった妖精マレフィセントを主人公とするダークファンタジーです。

立場を変えることで別な新しい世界を開くという姿勢は、評価できます。それほど、練られた脚本ではありませんが、十分に楽しめます。妖精の国の生き物や風景が、実に魅力的です。

マレフィセントを演じているのはアンジェリーナ・ジョリー。小さなオーロラ姫を実の娘のビビアンちゃんが演じています。マレフィセントは「子供なんか嫌い」とつぶやきます。実子も養子も熱心に育てているアンジーを知っているので、ユーモアに満ちた場面です。にくい演出ですね。

最近のディズニー映画は、「アナと雪の女王」など従来のディズニー映画のセオリーを裏切る作品が目立ちます。「マレフィセント」は、「アナと雪の女王」との相乗効果も期待できるストーリー。頭脳的な企画でもあります

|

« ■「ノア 約束の舟」 | トップページ | スマホ絵画の電子書籍です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/60046141

この記事へのトラックバック一覧です: ■「マレフィセント」:

« ■「ノア 約束の舟」 | トップページ | スマホ絵画の電子書籍です »