« ★「グランド・ブダペスト・ホテル」 | トップページ | ■映画「トランセンデンス」 »

2014.06.28

★映画「私の男」

「私の男」は、2014年を代表する日本映画といえそうです。作品を象徴するような流氷がきしむ場面、荒れ狂う波の場面が印象的です。桜庭一樹の直木賞受賞小説を熊切和嘉が監督しました。

奥尻島を襲った北海道南西沖地震の惨状がリアルに描き出されます。家族を亡くした主人公の花は、親戚の腐野淳悟と紋別で一緒に暮らし始めます。心に深い傷を持つ二人は、禁断の関係を持ちます。

小説は、時間をさかのぼる構成ですが、映画は分かりやすく時系列に沿って進みます。時代にあったフィルム、デジタルの使い分けが効果的です。

腐野淳悟を演じた浅野忠信は、文芸作品に向いている俳優だと思います。大味のハリウッド大作の出演よりも何倍も魅力的です。

花を演じた二階堂ふみの演技は圧倒的です。まだ十代ですが、独自の存在感と巧みな演技が高く評価されてきました。今回は、これまでにも増して熱演しています。

しかし、子供時代の幼い花を演じた2004年生まれの山田望叶の演技力には、舌を巻きました。うまい子役はたくさんいますが、彼女の演技力はちょっと信じられないレベルです。これから、どんな俳優に育っていくのでしょうか。

久々に激しい情念の映画を見ました。熊切和嘉監督の今後の活躍も楽しみです。

|

« ★「グランド・ブダペスト・ホテル」 | トップページ | ■映画「トランセンデンス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/59891869

この記事へのトラックバック一覧です: ★映画「私の男」:

« ★「グランド・ブダペスト・ホテル」 | トップページ | ■映画「トランセンデンス」 »