« ■「それでも夜は明ける」 | トップページ | アニメ「極黒のブリュンヒルデ」 »

2014.05.24

「クレヨンしんちゃん 逆襲のロボとうちゃん」

「クレヨンしんちゃん」劇場版シリーズ第22作目の「クレヨンしんちゃん 逆襲のロボとうちゃん」を観ました。ロボットアニメです。「野原しんのすけの父親・ひろしがロボットにされてしまう」という奇想天外な事件から、ストーリーは始まります。シリーズ初のしんのすけの父・ひろしをメインにしたストーリーです。父と子とロボットをめぐる映画はたくさんありますが、父親が突然ロボットにされる映画は珍しいです。

「健全ロボ ダイミダラー」にはかないませんが、かなり危ないギャグも出てきます。高橋渉(たかはし・わたる)が当映画シリーズの初監督をつとめています。湯浅政明監督が作画だけでなく、絵コンテとしても参加しています。湯浅色がかなり出ています。

何と言っても中島かずきの脚本が出色です。中島かずきは、双葉社の社員として原作者の臼井儀人(うすい・よしと)の編集担当の経験を持っています。2007年から2010年まで「映画クレヨンしんちゃん」のチーフプロデューサーも務めていました。その彼が、満を持して放ったストーリー。中島かずき節全開の強引な展開に翻弄されます。

中島かずきの紡ぎだす物語は、「天元突破グレンラガン」「キルラキル」のファンなら周知のことですが、泣かせどころを心得た展開です。驚かせて、熱くさせ、泣かせるという技はピカイチです。今回も、その技が遺憾なく発揮されています。

ギャグに包み込まれるとはいえ、かなり重たいメッセージも込められています。強権的な頑固親父の復権を目指す流れに対して、自分のふがいなさや弱さを知っているひろしが立ち向かいます。


大人が、特にお父さんが、感情移入して激しく感動する内容です。2001年に公開された劇場版シリーズの9作目「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」、2002年公開のシリーズ第10作目『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦』と並ぶ傑作と言えます。

「オトナ帝国」「戦国大合戦」と、アニメ史に刻まれる傑作が続き、これ以上の作品は困難と思われていましたが、22作目にして再び感動巨編が生まれました。中島かずきと「クレヨンしんちゃん」は、驚くほど相性が良かったです。

|

« ■「それでも夜は明ける」 | トップページ | アニメ「極黒のブリュンヒルデ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/59699578

この記事へのトラックバック一覧です: 「クレヨンしんちゃん 逆襲のロボとうちゃん」:

« ■「それでも夜は明ける」 | トップページ | アニメ「極黒のブリュンヒルデ」 »