« 「新しき世界」 | トップページ | ■「アデル、ブルーは熱い色」 »

2014.03.21

「ハンナ・アーレント」

マルガレーテ・フォン・トロッタ監督の「ハンナ・アーレント」。時間がゆっくりと流れ、見ている一人一人がじっくりと考えることができる映画作品です。ドイツで生まれ第2次世界大戦中にナチスの収容所から逃れてアメリカに亡命した哲学者ハンナ・アーレント。彼女の強靭な思考と柔らかな人間関係をバランス良く描いた佳作です。

1960年、ナチス親衛隊でユダヤ人強制収容所移送の最高責任者だったアドルフ・アイヒマンが、イスラエルの諜報機関によって逮捕されます。そしてイスラエルでアイヒマン裁判が開かれます。アーレントは裁判を傍聴し、アイヒマンが冷酷な怪物ではなく、命令を忠実に実行した平凡な役人にすぎないと「ザ・ニューヨーカー」誌に発表します。さらに、一部ユダヤ人指導層がナチスに協力したと指摘したために非難中傷され、大学を追われます。

アーレントが「悪の陳腐さ」と名付けた考え方は、あらゆる官僚組織を視野に入れています。自分たちとは異質な悪としてのナチスの戦犯ではなく、そこに共通した構造があるとした彼女の指摘は、鋭い主張ですが、猛反発を受けます。私たちが目を背けたいと思っていることだからです。

硬直化した官僚組織といかに対峙していくかは、現代の重要なテーマです。私が、組織ではなく、個人と個人が共感と信頼で直接つながるソーシャルメディアに大きな可能性を感じているのは、そのためです。

|

« 「新しき世界」 | トップページ | ■「アデル、ブルーは熱い色」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/59331619

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハンナ・アーレント」:

« 「新しき世界」 | トップページ | ■「アデル、ブルーは熱い色」 »