« 「銀幕銀河」第四巻 [Kindle版]の無料キャンペーン中 | トップページ | ■3月15日の講座は2年間の総集編でもあります »

2014.03.09

「ラッシュ/プライドと友情」

ロン・ハワード監督の「ラッシュ/プライドと友情」。F1レーサーのニキ・ラウダとジェームス・ハントが激しいタイトル争いを繰り広げた実話を映画化しました。直感型で陽気なジェームス・ハント、隙のない冷静沈着なニキ・ラウダと性格もドライビングスタイルも対照的です。

1976年、ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故に遭い、大やけどし重傷を負います。しかし、わずか6週間でレースに復帰し、日本の富士スピードウェイでのシリーズ最後のレースに臨みます。

二人をくっきりと浮かび上がらせる脚本もすばらしいですが、レースシーンの映像の迫力に打ちのめされます。あの音と映像の編集力は、高く評価されるべきです。

「アクションドラマであるのと同時に心理ドラマ」とロン・ハワード監督が話していましたが、まさに心理的な闘いとつながりが描かれています。ロン・ハワード監督は1970年代を「懐かしさと悲しさを感じさせる時代」と表現しています。私にとっては、うらやましくて、まぶしい時代です。

|

« 「銀幕銀河」第四巻 [Kindle版]の無料キャンペーン中 | トップページ | ■3月15日の講座は2年間の総集編でもあります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/59264111

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラッシュ/プライドと友情」:

« 「銀幕銀河」第四巻 [Kindle版]の無料キャンペーン中 | トップページ | ■3月15日の講座は2年間の総集編でもあります »