« 「進撃の巨人」最新12巻限定版のオリジナルアニメーションDVD | トップページ | 電子書籍・希望のかたち-「進撃の巨人」と「まどか☆マギカ」Kindle版。貸し出しもしています »

2013.12.18

■「鑑定士と顔のない依頼人」予想を遥かに上回る本格的なミステリー

ジュゼッペ・トルナトーレ監督の新作「鑑定士と顔のない依頼人」は、予告編の出来がすばらしく、公開を待ちに待っていました。豪華な美術品の数々と、それを包み込む叙情あふれるエンニオ・モリコーネの音楽。ジェフリー・ラッシュの熱演。予想を遥かに上回る本格的なミステリーでした。イタリアのアカデミー賞と言われるダビッド・ディ・ドナテッロ賞で、作品賞、監督賞、音楽賞をはじめ6部門を受賞しています。

ジェフリー・ラッシュが演じる鑑定士バージル・オドマンは、天才的な鑑識眼を持っています。早くに両親を亡くし、結婚せず、仕事関係以外では親しい者もいません。自分が仕切るオークションで、相棒ビリーによって格安で手に入れた膨大な女性肖像画だけに囲まれて孤独な生活を送っています。

膨大な女性肖像画が飾られた部屋は圧巻です。バージル・オドマンは、潔癖性の一流の美術鑑定士というだけでなく、自分の趣味のためにオークションで不正を働いているという点がポイントです。その相棒ビリーは、オドマンによって才能がないと決めつけられた元画家という点が、重要な伏線になっています。

彼の誕生日に若い女性・クレア・イベットソンから鑑定依頼の電話が入ります。しかし彼女は鑑定に立会わず、契約にも姿を現しません。広場恐怖症のため、隠し部屋の壁越しでの会話が続きます。オドマンは、姿を見せない彼女にひかれていきます。そして、その美しい姿を見て、初めて恋におちます。

天涯孤独だった初老の男が、不思議なきっかけで若く美しい広場恐怖症の女性と出会い、二人の新しい世界が広がっていきます。しかし、そんな甘いラブストーリーでは終わりません。まさに驚愕の展開が用意されています。オドマンに感情移入していると、立ち直れないほどの衝撃を受けます。

トルナトーレ監督は、「ニュー・シネマ・パラダイス」に代表されるような感動的なノスタルジーの監督であるとともに、「マレーナ」「題名のない子守唄」など、顔を背けたくなるような残酷な場面も描いてきました。真偽、美醜は表裏一体。今回も、かなりサディスティックです。底意地が悪いです。

|

« 「進撃の巨人」最新12巻限定版のオリジナルアニメーションDVD | トップページ | 電子書籍・希望のかたち-「進撃の巨人」と「まどか☆マギカ」Kindle版。貸し出しもしています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/58778082

この記事へのトラックバック一覧です: ■「鑑定士と顔のない依頼人」予想を遥かに上回る本格的なミステリー:

« 「進撃の巨人」最新12巻限定版のオリジナルアニメーションDVD | トップページ | 電子書籍・希望のかたち-「進撃の巨人」と「まどか☆マギカ」Kindle版。貸し出しもしています »