« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013.10.20

あなたのプログを電子書籍に

あなたのプログを電子書籍に。今注目のKindleストアで個人出版するための最新データを追加し、電子書籍「登ろう! Kindleストア」増補版を刊行しました。価格設定の仕方など実践に裏打ちされた分かりやすい解説です。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DSPPM20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.16

電子書籍99円キャンペーン実施中!

期間限定で電子書籍99円キャンペーンを行っています。 劇場版「魔法少女まどか☆マギカ・叛逆の物語」の劇場公開記念です。電子書籍「希望のかたち-『進撃の巨人』と『まどか☆マギカ』」http://t.co/iuVia8VRja

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.15

劇場版「魔法少女まどか☆マギカ・叛逆の物語」の劇場公開を記念し電子書籍99円キャンペーン

電子書籍「希望のかたち-『進撃の巨人』と『まどか☆マギカ』」(250円)を、劇場版「魔法少女まどか☆マギカ・叛逆の物語」の劇場公開を記念し99円キャンペーンを行っています。期間限定です。
http://t.co/iuVia8VRja

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.10.13

■私たちの新しい表現力をみがく

■私たちの新しい表現力をみがく

10月12日に、さっぽろ自由学校「遊」の公開講座「水溜真由美さん出版記念 『サークル村』―分断・格差とたたかう文化運動  「『サークル村』と森崎和江~交流と連帯のビジョン~」を語る」に参加しました。サークル誌「サークル村」が、各地の民衆の表現活動であるサークル運動をネットワーク化する目的で創刊されたこと。サークル運動のネットワーク化が進んでいた筑豊の中間市が拠点に選ばれたことを知りました。

「労働者と農民の、知識人と民衆の、古い世代と新しい世代の、中央と地方の、男と女の、一つの分野と他の分野の間に横たわるはげしい断層、亀裂は波瀾と飛躍をふくむ衝突、対立による統一、そのための大規模な交流によってのみ越えられるのであろう。共通の場を堅く保ちながら、矛盾を恐れもなく深めること、それ以外に道はありえない」(『サークル村』創刊宣言「さらに深く集団の意味を」から)

10月13日に、三角山放送局主催の穂別の田んぼdeミュージカル10周年・4部作品一挙上映に参加しました。町民自らが制作し出演した画期的な映画の歴史をたどることができました。穂別炭鉱などでの民衆の表現活動の歴史があってこそ、高齢者たちが生き生きと歌い踊り演じているのだと思います。

期せずして、民衆の表現活動の歴史をたどる機会に恵まれました。これは、インターネット・モバイル・ソーシャルメディア環境下での、私たちの新しい表現力をみがこうという、10月19日開講の社会力講座の目的と、ぴったりと一致します。

http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=371

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■私の2013-14年のテーマは、新しい時代の社会力です

私の2013-14年のテーマは、19日開講の講座の名前でもある社会力です。情報収集、交流、そして自己表現まで含めた新しい時代のコミュニケーションの可能性を広く伝えたいと思います。2015年からのテーマは、私も仲間入りをする高齢者の方々にモバイル機器を便利に豊かに使っていただくお手伝いをしたいと考えています。そして、合わせて若い世代と高齢者の方々をソーシャルメディアなどをつかって、出会い、つなげていくことができればと思っています。
http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=371

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.10.12

■エレンとまどかは、新しい希望のかたち Madoka and Ellen, a new form of hope.

「進撃の巨人」のエレンと「魔法少女まどか☆マギカ」のまどかは、対照的な性格だ。エレンは激情型、まどかは内気。しかし、二人は従来の自分を書き換えて状況を一変させる。エレンとまどかは、新しい希望のかたちだ。希望が不可能になった時に生まれた「希望」。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00FKP9DPS

의 마도카 "타이탄 공격"의 "Puella 마기 마도카 ☆ Magica의"엘렌은 대조 문자입니다. 엘렌 열정 타입 마도카 부끄러워. 그러나 두 사람이 유산을 다시하는 상황을 변환합니다. 마도카와 엘렌, 희망의 새로운 형태. 희망 불가능 "희망"가 될 때 태어났다.

“魔法少女小圓☆小圓☆魔力”和埃倫土衛六上的“攻擊”是一個對比鮮明的性格。艾倫激情型,:阿圓害羞。然而,兩個人改造情況改寫傳統。阿圓和埃倫,一個充滿希望的新形式。希望變得不可能“希望”出生時。

Madoka of "Puella Magi Madoka ☆ Magica" and Ellen of "Attack on Titan" is a contrasting character. Ellen passion type, Madoka shy. However, two people to transform the situation to rewrite legacy. Madoka and Ellen, a new form of hope. Was born when hope becomes impossible "hope".

Madoka de "Puella Magi Madoka Magica ☆" et Ellen de "Attaque sur Titan" est un personnage contrasté. Ellen type de passion, Madoka timide. Toutefois, deux personnes de transformer la situation de réécrire héritage. Madoka et Ellen, une nouvelle forme d'espoir. Est né quand l'espoir devient impossible "espoir".

Madoka de "Puella Magi Madoka Magica ☆" y Ellen de "Ataque en Titán" es un personaje de contraste. Ellen Tipo de pasión, Madoka tímido. Sin embargo, dos personas a transformar la situación de reescribir legado. Madoka y Ellen, una nueva forma de la esperanza. Nació cuando la esperanza se vuelve imposible "esperanza".

Madoka von "Puella Magi Madoka Magica ☆" und Ellen von "Angriff auf Titan" ist ein kontrastierenden Charakter. Ellen Leidenschaft Typ, Madoka schüchtern. Allerdings, um zwei Menschen zu verwandeln, um die Situation Vermächtnis umzuschreiben. Madoka und Ellen, eine neue Form der Hoffnung. Wurde geboren, als Hoffnung unmöglich "Hoffnung".

के Madoka "टाइटन पर हमला" का "Puella Magi Madoka ☆ Magica" और एलेन एक विषम चरित्र है. एलेन जुनून प्रकार, Madoka शर्म. हालांकि, दो लोग विरासत को फिर से लिखना करने के लिए स्थिति को बदलने के लिए. Madoka और एलेन, आशा का एक नया रूप है. आशा असंभव 'आशा' हो जाता है जब पैदा हुआ था.
http://www.amazon.co.jp/dp/B00FKP9DPS

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2013.10.10

■Kindleオーナー ライブラリーについて新しく分かったこと

Kindleオーナー ライブラリーについて、新しく分かったことを書きます。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DSPPM20
Kindleオーナー ライブラリーの毎月の分配金は、翌月の15日に判明するようです。
2013年8月の分配金は1冊221.80円だったようです。予想よりも高額でした。
オーナー ライブラリーで借りられた冊数は、ランキングにも反映されると、アマゾンからのメールにありました。
「Amazon KDPをご利用いただき、ありがとうございます。
お客様の本がオーナー ライブラリーから貸し出された場合、その貸出記録は通常の販売記録と同じように本のランキングに反映されます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかなか思いは届きませんが...

なかなか思いは届きませんが、電子書籍「希望のかたち-『進撃の巨人』と『まどか☆マギカ』」は、アニメを愛する人、希望を捨てない人への不器用な恋文です。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00FKP9DPS

はじめに
 「進撃の巨人」のエレンと「魔法少女まどか☆マギカ」のまどかは、対照的な性格だ。エレンは激情型、まどかは内気で引っ込み思案。しかし、二人は従来の自分を書き換えて状況を一変される。

 エレンとまどかは、新しい希望のかたちだ。希望が不可能になった時に、生まれた「希望」。エレンは、人類と巨人という絶対的に思えた対立構造そのものを、身をもって変革した。敵対するものが、相互に変換する可能性を開いた。まどかは、キュゥべえのシステムを利用して「希望が絶望しか生まない」宇宙の基本システムを変えた。システムを使いながら、システムそのものを刷新した。

 アニメ「進撃の巨人」と「魔法少女まどか☆マギカ」が、なぜこんなにも激しく心を揺さぶるのか。熱血アニメ「天元突破グレンラガン」を観たときの感動とは、全く違う質の感動だ。「進撃の巨人」と「魔法少女まどか☆マギカ」の作品世界に踏み入り、感動の意味、希望の可能性を見つけたい。


【目次】
はじめに
「進撃の巨人」と「ベルセルク」
「進撃の巨人」と「GANTZ」
「進撃の巨人」と「惡の華」
「進撃の巨人」と「寄生獣」
アニメ「進撃の巨人」
三角山放送局で「まどか☆マギカ」紹介
「まどか☆マギカ」と「フラクタル」
「まどか☆マギカ」と「涼宮ハルヒの憂鬱」
「リリカルなのは」と「まどか☆ マギカ」
「コゼットの肖像」と「まどか☆ マギカ」
「まどか☆マギカ」スタッフ・各話
まどかが救うのは、世界ではなく魔法少女
「まどか☆マギカ」とコラ― ジュ
「まどか☆マギカ」とゾンビ
「まどか☆マギカ」と「ガルガンティア」
世界が一気に反転する驚き
あとがき


■世界が一気に反転する驚き

 「天元突破グレンラガン」「進撃の巨人」「魔法少女まどか☆マギカ」「翠星のガルガンティア」は、どの作品も、世界が一気に反転する驚きに満ちている。オリジナルアニメだからこそ、その展開は本当に衝撃的だった。

 今石洋之監督作品のオリジナルアニメ「天元突破グレンラガン」は、いわゆる深夜アニメではない。2007年4月1日から同年9月30日まで、テレビ東京系列局で毎週日曜8時30分から9時に放送した。少年の成長の物語と壮大な宇宙の進化を描いたロボットアニメだ。全27話。

 遥か未来。人間は何百年も地下で生活していた。地上の獣人たちは人間が地上に出てこないように監視している。シモンたちは、獣人と戦いながら地上を旅する。獣人を支配する螺旋王を倒し人類は地上での生活を満喫し始める。

 100万人目の人類が生まれたとき、アンチ=スパイラルと名乗る謎の敵からの攻撃を受ける。螺旋王は、アンチ=スパイラルの人類への攻撃を未然に防ぐために、人類の地下生活を維持しようとしていたのだった。シモンたちは、圧倒的な力の差を知りながらアンチ=スパイラルに戦いを挑む。

 熱血アニメという名にふさわしい圧倒的なパワーで、毎回ストーリー展開に釘付けになった。しかし、地上に出るために戦っていた獣人は、人類をアンチ=スパイラルから守っていたという真相には、頭を殴られたような衝撃を受けた。倒した敵は味方だったのだ。

 「進撃の巨人」では、エレンたちが壁の中だけで暮らしていることに耐えきれず、壁の外に出ることを夢見る。しかし、人類の敵であるはずの巨人の正体は複雑で、壁の中と外も単純には語れないという事実に直面する。エレンは駆逐してやると激しく憎んでいた巨人に自ら変身する。

 「魔法少女まどか☆マギカ」では、人類を苦しめている魔女と戦っている正義の存在であるはずの魔法少女が、やがて魔女に変わるという真実が明らかになる。魔法少女が絶望して魔女に変わるときに発生する膨大なエネルギーが宇宙を救っているという事実も。

 「翠星のガルガンティア」では、人類の敵として戦っていた宇宙生命体「ヒディアーズ」が、実は人類の遺伝子操作によって誕生した新しい人類であることが判明する。「ヒディアーズ」の末裔であるクジライカを大量虐殺した後に、主人公のレドがその真実を知る。

 驚愕の事実を知り、世界が単純でないことを知りながら、極限状況の中でも、主人公たちは前に進むことをやめない。

 主人公とは対照的に、現状維持、現状肯定を主張する登場人物がいる。アンチ=スパイラル、チェインバー、ニック司祭、キュゥべえだ。

 アンチ=スパイラルは、進化を否定する。前に進むことを否定する。それが宇宙の崩壊につながると確信している。
「自分達の螺旋の力の進化が宇宙の崩壊に繋がる事に気づき、螺旋の力を持つものを滅ぼし、残ったわずかな生命も宇宙の片隅に押し込めた。そして進化を止め、この隔絶宇宙に我が身を閉じ込めたのだ。お前達にその覚悟があるか」

 ロボットのチェインバーは、「ヒディアーズ」が人類だと分かっても、共存不可能として戦争を正当化し続ける。人類の生存を守る壁を神格化するウォール教のニック司祭は壁の外に出ることを否定し、エレンの即時処分を主張する。

 キュゥべえは、まどかの批判に同意せず、宇宙を維持するためにまどかに契約を迫り続ける...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.09

■電子書籍の無料キャンペーン

 2013年5月に初めてKindleストアで電子書籍を出版して以降、なんどか無料キャンペーンを行ってきました。Kindleストアの電子書籍は無料での出版はできませんが、KDPセレクトに登録した本は、90日間に5日だけ無料での出版が可能になります。日にちは1日単位で任意に設定できます。KDPセレクトに登録した本は、ほかでの販売ができないKindleストア独占販売の契約も結ぶことになります。
 多くの人に読んでもらうことが目的の人は、無料で出版することで、たくさんの人にダウンロードしてもらえます。有料の電子書籍は、99円でもなかなかダウンロードしてもらえません。有料の電子書籍への抵抗感が、現在はかなりの割合でひろがっています。無料キャンペーンをこのように利用する人は、ストレスなく無料キャンペーンを利用できます。
 しかし、有料の電子書籍の販売促進に利用しようとすると、思うようには効果を発揮しないというのが、これまでの私の経験です。電子書籍の先輩たちのブログなどを読むと、無料キャンペーンで注目を集めることで、有料に戻っても販売促進になる、無料の本に関連する有料本が売れるきっかけになる、などと書かれています。
 私が初めて無料キャンペーンを実施した時には、あっという間に何百冊もダウンロードされました。その本の存在や無料キャンペーンのことを知ってもらっていたことに感激しました。有料販売の促進につながると思いました。でも、無料キャンペーンが終わった後、その本は全く売れていません。
 無料キャンペーンの本に関連する有料本が売れるきっかけになるという指摘も、なかなか実感できませんでした。しかし、1度だけ無料キャンペーン期間中にシリーズの有料本が1冊ずつ売れました。でも、その後、同じ傾向は見られませんでした。
 有料の電子書籍が売れないと、注目を集めるために無料キャンペーンをしたくなります。なんとか、活性化してほしいと思います。しかし、無料キャンペーンの効果は少ないというのが実感です。
 無料キャンペーンを繰り返していると、新しい出した有料本も待っていれば無料キャンペーンが行われると、買い控えにつながる可能性もあります。
10月末に発行する「登ろう! Kindleストア」の増補版には、このような実体験をもとにした傾向分析を盛り込みます。すでにダウンロードしていただいている方にも、無料で増補版をお届けできるはずです。
https://www.facebook.com/TozanKindlestore
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DSPPM20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■Kindle オーナー ライブラリーで「希望のかたち-『進撃の巨人』と『まどか☆マギカ』」が、借りられました

 日本で2013年8月21日から始まったKindle オーナー ライブラリーで、「希望のかたち-『進撃の巨人』と『まどか☆マギカ』」が、借りられました。
 オーナー ライブラリーは、Amazonプライム会員でKindle端末を持っている人限定で、毎月1冊だけ電子書籍を無料で借りることが出来るサービスです。有名な著者の高い本しか借りられないだろうと思っていました。
 しかし、ラッキーなことに、現在2冊借りていただいています。著名な高額な作品がたくさんある中で、なぜ無名作家の250円の書籍を借りたのでしょう。借りた方の心理が理解しにくいです。
オーナー ライブラリーには、分配金があります。2013年10月分の分配金のための基金は合計1億500万円です。この額をダウンロード回数の比率で割った金額が分配されると説明されています。つまり、2万円の本も100円の本も、1冊の分配額は同じです。
 全世界での10月のオーナー ライブラリーのダウンロード回数が、どのくらいなのか、よく分かりません。100万回なら、1冊の分配額は105円になります。
 10月の分配額が、何時頃明らかになるかは分かりませんが、分かり次第、報告します。
■「希望のかたち-『進撃の巨人』と『まどか☆マギカ』」
http://www.amazon.co.jp/dp/B00FKP9DPS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不器用な恋文のようなものです

「希望のかたち-『進撃の巨人』と『まどか☆マギカ』」は、アニメの解説本ではありません。アニメを愛する人、希望を捨てない人への不器用な恋文のようなものです。
http://youtu.be/heS4ooUdMlA
http://www.amazon.co.jp/dp/B00FKP9DPS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.08

興奮は、伝わりましたか

興奮は、伝わりましたか。
「希望のかたち-『進撃の巨人』と『まどか☆マギカ』」
http://www.amazon.co.jp/dp/B00FKP9DPS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ネット時代の社会力講座~情報力・交流力・表現力をみがく~

ネット時代の社会力講座~情報力・交流力・表現力をみがく~(6回)
俵屋年彦(ソーシャルパワーSAPPORO創設者)
http://bit.ly/1b79OMS
ソーシャル・モバイル時代の新たな「社会力」を高めるための連続講座です。なによりも、楽しさ、面白さ、可能性を実感していただくための講座です。
情報の集め方、セキュリティに配慮した効果的な交流の仕方、アプリなどを活用したさまざまな表現方法などについて、丁寧に説明します。
少人数の気さくな雰囲気の講座です。初心者の方をはじめ一人一人の要望に応えます。変化の激しい分野なので、毎回ホットな内容も盛り込みます。
講座参加者の電子書籍個人出版を、個別サポートします。

■2013年10月19日(土)
ネット時代の社会力(序論) 、モバイル最前線(OS) 、電子書籍(序論)
 これまでの時代の流れを概括し、講座全体の内容を説明します。モバイルOSの歴史も解説。

■2013年11月16日(土)
ソーシャルメディアの現状1、モバイル最前線(音楽・絵画)、 電子書籍(キンドル)
 ソーシャルメディアの変遷、音楽・絵画などのアプリ解説、キンドルストアの実践解説。

■2013年12月21日(土)
ソーシャルメディアの現状2、モバイル最前線(動画・3D)、 電子書籍(iBook)
 ソーシャルメディアの方向性、動画・3Dなどのアプリ解説、iBookストアの実践解説。

■2014年1月18日(土)
新しいソーシャルメディア1、モバイル最前線(健康管理)、 電子書籍(Google)
 マイクロボランティアなどの動き、健康管理のアプリ解説、Googleplayの実践解説。

■2014年2月22日(土)
新しいソーシャルメディア2、モバイル最前線(プログラミング) 、電子書籍(国内)
 クラウドファンディングなどの動き、プログラミング入門、国内電子書店の実践解説。

■2014年3月15日(土)
社会力を高める(総論) 、電子書籍の未来(総論)
 これから求められる新たな「社会力」を解説。電子書籍の可能性を踏まえた個人出版の実践解説。


講座の進め方
・基本スタイルは、「講座」ではなく「講・座」=つながり
・月1回の講座というリアルな場・時間の共有を核としますが、あわせてホームページ、ブログ、メール、Facebookページ、Facebookの非公開グループを活用します。
・解説のほかに、質疑の時間を持ちます。個人電子出版などの個別対応も行います。

これからの時代は、同時に複数の異なるつながりを持ちながら、柔軟で多様な生き方をしていくことができます。この講座もそのつながりのひとつになりたいと思います。リアルで会って、ソーシャルでつながっているというのが最強のつながり方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.03

希望のかたち-「進撃の巨人」と「まどか☆マギカ」を出版!

電子書籍・希望のかたち-「進撃の巨人」と「まどか☆マギカ」が出版されました。貸し出しもしています。 http://www.amazon.co.jp/dp/B00FKP9DPS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は登山の日

今日は登山の日ということで、あらためて「登ろう Kindleストア」をよろしくお願いします。
日本の出版を、もっともっと自由に楽しく豊かに!。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DSPPM20
https://www.facebook.com/TozanKindlestore

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »