« 10月から、「ネット時代の社会力講座」がスタートします | トップページ | ■SAPPOROショートフェスト2013(第8回札幌国際短編映画祭)初日・9月11日 »

2013.09.08

■「ワールド・ウォー Z」

ブラッド・ピットが主演した、マーク・フォースター監督の「ワールド・ウォー Z」は、スピード感あふれるゾンビ映画です。「Z」はzombieのZです。謎のウィルスがあっという間に世界中へと広がり、人類は絶滅の危機に直面します。パニックのスケール感やゾンビの見せ方が新鮮です。

ゾンビは、B級スプラッターから生まれてきましたが、ハリウッドのパニック映画になると、従来のゆっくりした動きからアスリートのような素早い動きに変化します。ゾンビの動きが速くなるのは、近年の傾向ですが、それにしても早過ぎます。しかも集団で高い壁も乗り越えます。

ブラッド・ピットは、引退した元国連職員ジェリー・レインを演じています。国際間紛争の解決や危機回避を専門としてきた彼は、アクション・ヒーローではないはずですが、結果的には無敵のような強さを発揮します。飛行機が墜落し機体の一部が身体を貫通しても死にません。

ストーリーは、メリハリが利いていて、意表をついてくるので、飽きさせません。冒頭から家族をパニックを襲います。感染の原因を探るためにジェリー・レインが護衛した学者は、あっけなく死んでしまいます。ジェリーは、長年培った経験を生かしながら、対策を探ります。

最後まで人が急速にゾンビ化するウィルスの原因はつかめません。世界的に大ヒットしたので、続編がつくられるはずです。素早い動くタイプのゾンビが、あっという間に映画世界に定着してしまい、長く続いてきたゾンビのイメージを急速に塗り替えていくのかもしれません。

|

« 10月から、「ネット時代の社会力講座」がスタートします | トップページ | ■SAPPOROショートフェスト2013(第8回札幌国際短編映画祭)初日・9月11日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/58154377

この記事へのトラックバック一覧です: ■「ワールド・ウォー Z」:

« 10月から、「ネット時代の社会力講座」がスタートします | トップページ | ■SAPPOROショートフェスト2013(第8回札幌国際短編映画祭)初日・9月11日 »