« ■電子書籍「登ろう Kindleストア」の価格設定250円には、大きな意味があります | トップページ | 「登ろう Kindleストア」は、電子個人出版の広場です »

2013.08.10

■アニメ・オムニバス「SHORT PEACE」

アニメ「SHORT PEACE」は、大友克洋はじめ4人の監督による日本をテーマにしたオムニバス映画です。全部で68分という短さですが、濃縮された映像に圧倒されて、短いとは感じません。多彩な表現を駆使したショートフィルムの醍醐味がたっぷりと味わえます。

森本晃司監督のオープニングを観ただけで、元が取れてしまう素晴らしさです。変幻自在な森本ワールド炸裂。森本監督は、製作発表会で「新しい扉を開いたら次の新しい発見があるという思いも込めて、自分が好きな『不思議の国のアリス』的なものを作ってみた」と話していました。

森田修平監督による「九十九(つくも)」は、江戸時代を舞台に、山中で道に迷った男が雨宿りした祠で体験する世界を描いています。捨てられた傘や着物、道具などの怨念から生まれた物の怪に遭遇。男は傘や着物を修繕し、怨念を鎮めます。その表現は繊細にして大胆です。

大友克洋監督の「火要鎮(ひのようじん)」(12分43秒)。映像の魅力が、ずば抜けています。「戯作活動錦絵」というタイトルからして、わくわくします。一巻の絵巻物がひも解かれ、浮世絵の世界が動き始めます。振り袖や火消したちの入れ墨のきめ細やかな表現に驚かされます。

前半の端正で静かな表現から、後半の江戸の町を焼き尽くす大火事の場面への転換の妙。江戸町火消したちの躍動感あふれる動き、火事の炎の暴力的な迫力を堪能しました。9年ぶりの劇場作品には、大友克洋の天才的な才能をあらためて再確認させられました。

凶暴な赤鬼と人の言葉を理解する白熊の闘いを描いた「GAMBO」は、「鉄コン筋クリート」を演出した安藤裕章監督。「新世紀エヴァンゲリオン」の貞本義行がキャラクターデザインを、石井克人監督が原案・脚本を担当しています。すごい組み合わせでユニークな世界が生まれました。

ガンダムシリーズのメカデザインで有名なカトキハジメの初監督作「武器よさらば」。大友克洋監督の有名なコミックのアニメ化。緊迫した戦闘シーンの見せ方がうまいです。大友ワールドの精密さとギャグが、再現されています。なかなか、手慣れた感じがします。

|

« ■電子書籍「登ろう Kindleストア」の価格設定250円には、大きな意味があります | トップページ | 「登ろう Kindleストア」は、電子個人出版の広場です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/57966468

この記事へのトラックバック一覧です: ■アニメ・オムニバス「SHORT PEACE」 :

« ■電子書籍「登ろう Kindleストア」の価格設定250円には、大きな意味があります | トップページ | 「登ろう Kindleストア」は、電子個人出版の広場です »