« 「登ろう Kindleストア」の価格設定250円には、大きな意味があります | トップページ | ■「ペーパーボーイ 真夏の引力」 »

2013.08.18

■Kindleストア配信コストのひかれ方

Kindleストアで電子書籍を出版する場合、印税率が選択できます。印税70%を選択した場合、配信ごと(購入されたとき)にデータ量に合わせてコストがかかります。
電子書籍「登ろう Kindleストア」は、1冊271KBです。Kindleストアの説明では日本の場合は1MBごとに1円の配信コストとかかれていました。
しかし、実際には10冊までは、配信コストはひかれませんでした。印税は1冊175円でした。11冊目に初めて1円ひかれ、印税174円になりました。その後も1冊ごとに1円ずつひかれています。たぶん、この後も1冊ごとに1円ずつひかれていくと思います。
Kindleストアの説明とは、微妙に違う仕組みでした。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DSPPM20

|

« 「登ろう Kindleストア」の価格設定250円には、大きな意味があります | トップページ | ■「ペーパーボーイ 真夏の引力」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/58017788

この記事へのトラックバック一覧です: ■Kindleストア配信コストのひかれ方:

« 「登ろう Kindleストア」の価格設定250円には、大きな意味があります | トップページ | ■「ペーパーボーイ 真夏の引力」 »