« 「銀幕銀河」第ニ巻は、30作品の映画評です | トップページ | ■映画「じんじん」 »

2013.05.19

■電子書籍の可能性と表現の融合、多言語共存

表現のデジタル化で、これまでの新聞、雑誌、書籍、テレビ、映画、音楽、写真、絵画、コミック、アニメ、ゲーム、Webという縦割りの壁は取り払われていくと思います。もしかすると、音声と文字という言語形態も、デジタル化によって変化するかもしれません。

表現・情報のデジタル化とインターネットによるソーシャル化が、この世界・社会をどれほどまでに変えていくことになるのでしょうか。その途方もない可能性を探り、実現していくのは専門家ではなく、私たち一人一人の日々の営みです。

これまで、多くの言語がその文化とともに消滅していきました。19世紀初めに1万以上があった言語が、今は5000です。生物の多様性と同じく言語とその文化は尊重されなければなりません。新しいデジタル環境での多言語共存の可能性を考えます。

エスペラントは、言語の多様性を尊重し多言語共存の橋渡し役を目指しましたが、デジタル映像や音楽、絵画が、音声や文字と融合しながら、多言語共存の橋渡し役を担うことになるのかもしれません。「絵文字」もその流れの一つでしょう。

私は、さまざまな表現を取り込んだ「電子書籍」の可能性を、言語の多様性を尊重し多言語共存の橋渡し役としてもみています。それを、個人レベルでも試行錯誤し公開できる環境が整ってきたということです。昨日の講座では、そんなことも話しました。

|

« 「銀幕銀河」第ニ巻は、30作品の映画評です | トップページ | ■映画「じんじん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/57418909

この記事へのトラックバック一覧です: ■電子書籍の可能性と表現の融合、多言語共存:

« 「銀幕銀河」第ニ巻は、30作品の映画評です | トップページ | ■映画「じんじん」 »