« ■「ドラゴンボールZ 神と神」 | トップページ | ■TVアニメ「惡の華」が始まりました。 »

2013.04.05

■「野蛮なやつら/SAVAGES」


オリヴァー・ストーン監督の「野蛮なやつら/SAVAGES」は、ドン・ウィンズロウ原作のベストセラー小説の映画化です。圧倒的な力に立ち向かう若者たち。国際化時代の「ナチュラル・ボーン・キラーズ」と呼べそうな作品ですが、監督が楽しそうに製作している雰囲気が伝わってきます。

平和主義者のベンと元傭兵のチョンは、高品質の大麻栽培のベンチャー起業で大成功し2人の共通の恋人オフィーリアと3人で暮らしています。しかし、高品質の大麻に目を付けたメキシコの巨大麻薬組織バハ・カルテルがオフィーリアを拉致し、血みどろの闘いが始まります。

主人公の3人よりも、麻薬組織の殺し屋を演じたベニチオ・デル・トロの存在感が圧倒的です。狂暴で残忍。憎たらしさ百倍です。悪徳麻薬捜査官役のジョン・トラボルタも良い味を出していました。麻薬組織のボスを演じたサルマ・ハエックも貫禄十分でした。

基本テーマはかなり重たいもので、グロテスクな場面もありますが、巧みな編集で全体的に軽妙さが印象的でした。音楽の使い方もうまいです。原作と違ったラストシーンは賛否が分かれると思いますが、ストーン監督の前向きな遊び心の表れだと思います。

ストーン監督は「我々の人生には、明るい面と暗い面が必ずあり、映画では、明るい面と暗い面、その両面を描きたいと、常に考えている。今回の作品では、その両面をとてもクリアに描くことができた」と話しています。

|

« ■「ドラゴンボールZ 神と神」 | トップページ | ■TVアニメ「惡の華」が始まりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/57112151

この記事へのトラックバック一覧です: ■「野蛮なやつら/SAVAGES」:

« ■「ドラゴンボールZ 神と神」 | トップページ | ■TVアニメ「惡の華」が始まりました。 »