« ■「舟を編む」 | トップページ | ■「リンカーン」憲法改正の意味するもの »

2013.04.29

■「藁の楯」

三池崇史監督の新作「藁の楯(わらのたて)」は、スケールが大きく熱量の高いアクション映画です。娯楽作ですが、心の深いところに刺さってくる迫力があります。5月開催の 第66回カンヌ映画祭のコンペティション部門に選出されました。カンヌ映画祭というところがすごいですね。

木内一裕氏の同名小説を映画化。政財界の大物・蜷川は、自分の愛する孫娘を殺した犯人・清丸の殺害に10億円の懸賞金をかけます。その清丸の命を守り、福岡から東京の警視庁まで移送する5人の警察官の苦悩と葛藤、命懸けの闘いを描いています。

設定自体は、荒唐無稽とも言えるものです。ともすると大味になりますが、巧みな構成で緊迫感を盛り上げていきます。殺害未遂者にも1億円を贈るという巧妙な仕組みで、警察を含め1億2000万人がすべて敵になり得る状況がつくり出されていきます。

5人の警察官と清丸。演技のぶつかり合いが見物です。伊武雅刀(いぶ・まさとう)が飄々とした味のある演技を見せます。SP役の松嶋菜々子は凛々しさの中に母親の側面を表現します。清丸役の藤原竜也
の無邪気でつかみ所のない底なしの怖さも見事です。

しかし、SP役大沢たかおの熱演にはかないません。過去の悲劇を乗り越え、苦悩の中でSPの仕事を続けている葛藤を演じ切ります。脱帽です。後半、清丸と向き合う激しい演技は、本当にすごいシーンです。間違いなく今年の主演男優賞の価値があります。

「デビュー当時の初日に現場に立ったときの緊張感」を大切にしている大沢たかお。「トライし続けることが僕らの仕事。僕らが守りに入ると終わり。お客さんは面白くもなんともない。高いお金を払って見に来てくれるわけですから。だから僕は、全エネルギーを使って挑戦するんです」。かっこいい。


2006年2月26日、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2006で、「子ぎつねヘレン」上映後に行った大沢たかおさんたちのトーク・ショーの記録です。その後、俳優としてブレイクします。
http://cybar.cocolog-nifty.com/ginga/files/yuba06kitune.mp4

|

« ■「舟を編む」 | トップページ | ■「リンカーン」憲法改正の意味するもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/57273865

この記事へのトラックバック一覧です: ■「藁の楯」:

« ■「舟を編む」 | トップページ | ■「リンカーン」憲法改正の意味するもの »