« ■映画「脳男」人間は変わり得るのかというテーマをキリキリと深めています | トップページ | ■「クラウド・アトラス」は、あらゆる映画的なジャンルを横断する不思議な作品 »

2013.02.22

■「ジャンゴ 繋がれざる者」

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013のオープニング作品「ジャンゴ 繋がれざる者」は、タランティーノ監督らしい奔放さと同時に堂々とした風格を感じさせる165分の大作でした。震えるほどカッコいい作品です。「繋がれざる者」は「Unchained」。奴隷ではなく、自由人という意味です。

南北戦争直前の1858年を舞台に、元歯科医で賞金稼ぎのドイツ人シュルツが黒人奴隷ジャンゴに自由を与え、二人で賞金稼ぎをしていくというストーリー。ジャンゴは妻ブルームヒルダの行方を追い居場所を見つけると、取り戻すための作戦を実行します。

タランティーノ監督は、「アメリカのウエスタン作品は、極端に奴隷問題を避けて描いてきた作品が多かった。誰もしっかりと、この問題を見つめていないと思う」と映画化の意図を説明しています。ウエスタンという娯楽作品に奴隷問題を持ち込んだ挑戦的な作品です。

黒人と白人を単純に分けるのではなく、複雑な人間関係を描きながら、すっきりと仕上がっています。脚本のうまさです。血みどろの銃撃シーン、派手な爆発シーンだけでなく、陰影を生かした端正な美しさに満ちた場面も描かれ、監督としての幅の広がりを感じます。

批評家は、「ニガー」という差別単語を多く使っていることを非難しました。スパイク・リー監督は「この映画は私の先祖に対して失礼だ。アメリカの奴隷制はセルジオ・レオーネのマカロニ・ウエスタンではない。ホロコーストだ」と批判しています。

差別を嫌う元歯科医の賞金稼ぎシュルツを軽妙に演じているのは、クリストフ・ワルツ。「イングロリアス・バスターズ」に続いてのアカデミー賞助演男優賞受賞が期待されています。たしかにうまいです。あっという間に、その場の雰囲気をつかんでしまいます。

残忍な領主カルビン・キャンディを演じているのは、レオナルド・ディカプリオ。脚本を読んで、ディカプリオ自ら希望した役です。初めての悪役。タランティーノ監督とも初タッグ。これまでに観てきたディカプリオの中で一番うまさを感じました。

クリストフ・ワルツやディカプリオの熱演の陰にかくれてしまいましたが、キャンディに雇われている、こうかつで陰険な黒人役を演じたサミュエル・L・ジャクソンが、なかなかいい味を出していました。タランティーノ監督自身も重要な役で出ています。

|

« ■映画「脳男」人間は変わり得るのかというテーマをキリキリと深めています | トップページ | ■「クラウド・アトラス」は、あらゆる映画的なジャンルを横断する不思議な作品 »

コメント

Hello! bbdkefc interesting bbdkefc site! I'm really like it! Very, very bbdkefc good!

投稿: Pharmf824 | 2013.03.01 06:07

Hello! akegfcb interesting akegfcb site! I'm really like it! Very, very akegfcb good!

投稿: Pharmc190 | 2013.02.28 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/56819284

この記事へのトラックバック一覧です: ■「ジャンゴ 繋がれざる者」:

« ■映画「脳男」人間は変わり得るのかというテーマをキリキリと深めています | トップページ | ■「クラウド・アトラス」は、あらゆる映画的なジャンルを横断する不思議な作品 »