« ■「東京家族」 | トップページ | ■「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」 »

2013.01.27

■ローランド・エメリッヒ監督「もうひとりのシェイクスピア」

「もうひとりのシェイクスピア」は、「インデペンデンス・デイ」「2012」などパニック映画で名高いのローランド・エメリッヒ監督が、シェイクスピア別人説と16世紀エリザベス王朝時代の恋愛劇、政治劇を絡ませた大作です。その絡み具合は、タブーに挑戦というくらい大胆です。

映画は、ニューヨークの現代から始まります。そして、シェイクスピア劇の俳優でもある名優デレク・ジャコビが登場します。物語は舞台公演の演目として劇中劇のスタイルで始まります。この辺は、ちょっと凝り過ぎな感じもしますが、たぶん劇中劇をやってみたかったんでしょう。

16世紀末ロンドンを再現する壮大なSFXは、さすがエメリッヒという感じですが、エリザベス王朝の衣装や美術、オックスフォード伯の乱雑な書斎の様子など、細かな部分にも力が入っていました。ただ、時間軸が頻繁に入れ替わり、構成が複雑すぎて分かりにくくなってしまいました。

ケネス・ブラナー監督のシェイクスピア映画のような型にはまった作品ではなく、「シェイクスピアは誰か」と想像を膨らませる試みは評価しますが、「ヘンリー五世」をデビュー作にするなど不必要な改変が目立ちます。シェイクスピアを庶民から切り離す方向性は、ちょっと違和感があります。

私は、優秀な貴族が書いたというシェイクスピア別人説よりも、伝承されてきた物語を含め、いろいろな人によって改変され磨き上げられたという協働説の方が共感できます。16世紀は、個人の作家性という発想が乏しかったのですから。だから作家の資料もあまり残りません。

人間ドラマを前面に打ち出した歴史作品ということで、これまでのエメリッヒ映画とは大きく違います。ネットの映画感想に「もうひとりのエメリッヒがいたりして」という表現があって、「うまい」と思いましたが、大げさで、いかがわしいところは今回も変わらず、やはりエメリッヒ映画なのでした。

脚本家のジョン・オーロフ氏は、長年本作の企画を温めていたが、アカデミー賞受賞作「恋におちたシェイクスピア」(1998年)が製作されたことで一度は断念しますが、「私は常に論争の的になるような題材に興味がある」というエメリッヒ監督によって映画化が実現しました。

|

« ■「東京家族」 | トップページ | ■「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/56640776

この記事へのトラックバック一覧です: ■ローランド・エメリッヒ監督「もうひとりのシェイクスピア」:

« ■「東京家族」 | トップページ | ■「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」 »