« ■「危険なメソッド」端正で気品のある映像美につつまれながら、心の奥底の闇へ | トップページ | ■映画「悪の教典」 »

2012.11.24

■「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の上映前に『巨神兵東京に現わる 劇場版』(10分7秒)が上映されました。「風の谷のナウシカ」に登場する巨神兵が蘇ります。庵野秀明脚本、樋口真嗣監督。ウルトラマンの特撮の雰囲気を生かした懐かしさがあふれる作品です。

さて、「Q」の感想です。何を書いても「ネタばれ」と怒られそうですが、予想を完全に裏切られました。ポジティヴさが感じられた「破」とは全く違います。3.11が大きく影響しているのかもしれません。エヴァは、時代とともに歩んできましたから。

この『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズは、『新世紀エヴァンゲリオン』のリビルド(再構築)作品という位置づけです。全4作を予定。第1作『序』が2007年に、第2作『破』が2009年に、第3作『Q』が2012年に公開されました。完結編は2013年公開とされていましたが、HPから、その予定が消えています。

もともとは、前編2007年9月公開の後、中編の公開時期を2008年陽春、後編+完結編は2008年初夏としていたので、大幅に遅れています。企画段階の構想に近い、大団円となるエンターテイメント志向の作品になると話されていました。完結編は、そうなるのでしょうか。
次回作、完結編のタイトルが「シン・エヴァンゲリオン劇場版:ll 」。「:ll 」は、反復終了記号です。これまでの「序」「破」が「ヱヴァンゲリヲン」と表記してきたことを考えると、答えはループでしょうか。
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破」DVD版のQ予告編を見返しました。予告編に登場するシーンは、今回公開されたQとは、まったく別のストーリーだと思います。エヴァは、パラレルワールドで物語が進んでいるのかもしれません。

宇多田ヒカルの2年ぶりの新曲「桜流し」は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のテーマソング。「Q」のシンジのように、どうしようもなく切ない曲です。公開されたPVは河瀨直美監督が担当していました。

2007年公開の「序」は、「新世紀エヴァンゲリオン」を、高い技術で再構築しました。手づくり感を生かしつつ、精緻で圧倒的に美しく、すごみがありました。冒頭の使徒戦は、何度観ても、どきどきします。宇多田ヒカルのテーマソング「Beautiful World」が、ぴったりとマッチしていました。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」では、エヴァ・ストーリーが、ここまで破壊されるとは思いませんでした。「序」からは、想像もつかない展開。ストーリーがTVとは大幅に変わりました。戦闘シーンの迫力も、使徒の動きも独創的。中でもエヴァが使徒に食われるシーンは衝撃的でした。
 全体的に熱量が高かったです。シンジのアスカや綾波レイへの熱い思いが、ほとばしり、奇跡を起こします。 クライマックスシーンで、赤い鳥の名曲「翼をください」が流れ、鳥肌が立ちました。歌っていたのは、綾波レイ役の声優・林原(はやしばら)めぐみでした。

「エヴァQ」を観た後、ファクトリーで開催しているエヴァンゲリオン展に直行しました。日本中の電力を集めるヤシマ作戦などエヴァワールドが楽しめました。ファクトリーにあるユナイテッドシネマでは「エヴァQ」上映していないのが、残念ですね。相乗効果があったのに。

|

« ■「危険なメソッド」端正で気品のある映像美につつまれながら、心の奥底の闇へ | トップページ | ■映画「悪の教典」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/56179793

この記事へのトラックバック一覧です: ■「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」:

« ■「危険なメソッド」端正で気品のある映像美につつまれながら、心の奥底の闇へ | トップページ | ■映画「悪の教典」 »