« ■フランス映画「最強のふたり」、笑いと感動の波状攻撃があります | トップページ | ★初音ミク5周年記念 CGMアワード』入選の上映作品 »

2012.09.13

■第7回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト2012)ナショナル・プログラムA

第7回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト2012)。初日12日は、
ナショナル・プログラムAが、とても充実していました。
★「桜の温度」(Sakura no ondo)
平尾 隆之(Takayuki HIRAO)監督のアニメですが、ufotableが制作しています。小さな大作。微妙ですが、新しい息吹、可能性を感じます。
http://otanews.livedoor.biz/archives/51807940.html

★「Matou」
着替えながら若返っていく一人の女性を描きます。平林勇監督ならではの、毒の利いた作品。

★「救命士」(Paramedic)
20分の本格ドラマです。救急隊員が現場に急行しますが若い妊婦と恋人らしき男が病院に受け入れを断られます。救急隊員たちの苦労が伝わってきます。完山京洪(Keihiro Kanyama)監督。

★「How do you get in "Outside"?」
山川晃(Hikaru Yamakawa)監督。不条理とユーモアを含んだCGでの独創的な映像です。

★「SIOSAI」
甲斐 さやか(Sayaka Kai)監督。映像詩ですね。こういう作品が私は好きです。

★「グレートラビット」(The Great Rabbit)
相変わらず、不条理でユーモラスで毒のある和田淳(Atsushi Wada)監督作品。シャープペンの魔術。

★「転校生」(Transferring)
金井純一(Junichi Kanai)監督。クラスで居場所のなくなった容子のもとに転校生がやってきます。揺れ動く心を見事にとらえています。

|

« ■フランス映画「最強のふたり」、笑いと感動の波状攻撃があります | トップページ | ★初音ミク5周年記念 CGMアワード』入選の上映作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/55644127

この記事へのトラックバック一覧です: ■第7回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト2012)ナショナル・プログラムA:

« ■フランス映画「最強のふたり」、笑いと感動の波状攻撃があります | トップページ | ★初音ミク5周年記念 CGMアワード』入選の上映作品 »