« ■「ダークナイトライジング」面白いのですが、いろいろ気に障りました | トップページ | ■「遊星からの物体X ファーストコンタクト」前作への深い愛を感じます »

2012.08.19

■「トータル・リコール」は、リコールされるレベル

1990年公開の「トータル・リコール」は、ポール・バーホーベン監督のB級映画的な、作りもの感、際もの感たっぷりで、印象に残るシーンがてんこ盛りでした。アーノルド・シュワルツェネッガーも熱演していました。あの「傑作」をリメークしたのが、本作です。

今回のリメークには愛が感じられません。「トータル・リコール」という名前が欲しかっただけなのかもしれません。映像的にも、過去のSF作品のアイデアをつなぎあわせたちぐはぐな印象です。特に「ブレードランナー」の下手な真似は腹立たしいです。

フィリップ・K・ディックの原作『追憶売ります』そして1990年版「トータル・リコール」は、火星が舞台でしたが、今回は、どういうわけか地球が舞台です。富裕層はヨーロッパに住み、貧困層はオーストラリアすんでいます。移動には巨大なエレベーターを使います。

映画の冒頭のとんでもない説明で、気がつくべきでした。地球の核を貫通して移動するエレベーター。しかも、1基しかないのです。こんな荒唐無稽な設定からして、現実的ではないのです。夢の中の作りごと、妄想だったのです。

今回は、「リコール社が提供した夢」という1990年版の「夢オチ」ではなく、映画全体が夢の寄せ集めだったのです。目くじらを立てても始まりませんね。アクションシーンが冴えたケイト・ベッキンセイルだけは、良かったです。

|

« ■「ダークナイトライジング」面白いのですが、いろいろ気に障りました | トップページ | ■「遊星からの物体X ファーストコンタクト」前作への深い愛を感じます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/55458250

この記事へのトラックバック一覧です: ■「トータル・リコール」は、リコールされるレベル:

» 高校野球だけじゃない甲子園の楽しみ!女子高生の素晴らしさ [【甲子園】高校野球が盗撮でチアガールとシビレて万歳【盗撮】]
甲子園 全国高校野球選手権大会 チアガール 女子高生 盗撮魔 [続きを読む]

受信: 2012.08.19 15:07

» かわいいパンツ丸出し!なでしこジャパン川澄奈穂美 [なでしこ川澄奈穂美パンツ丸出しで大奮闘!ロンドン五輪銀メダル]
なでしこジャパン川澄奈穂美パンツ丸出しでもおかまいなし!プレーに集中しすぎ [続きを読む]

受信: 2012.08.19 16:48

« ■「ダークナイトライジング」面白いのですが、いろいろ気に障りました | トップページ | ■「遊星からの物体X ファーストコンタクト」前作への深い愛を感じます »