« ■映画「少年は残酷な弓を射る」この邦題について書くだけで、ネタバレと怒られてしまいそうです | トップページ | ■「ダークナイトライジング」面白いのですが、いろいろ気に障りました »

2012.07.27

■「ブラック・ブレッド」スペイン内戦後の悲劇をリアルに描く

映画「ブラック・ブレッド」。黒パン。貧しさの象徴です。スペイン内戦後の貧富の差が生み出した悲劇を、子供の視線で描いています。監督は、スペインのデヴィッド・リンチと称されるアグスティー・ビジャロンガ。しかし、リンチ的なタッチは少なく、冷たいリアリティが前面に押し出されています。

「ブラック・ブレッド」は、父が何者かに殺され殺され、子供とともに馬車が谷底に落とされるショッキングな場面から始まります。このシーンの異様な迫力で、まがまがしいダークファンタジーが始まるのかと期待が膨らみましたが、閉塞的な大人社会のやり切れなさばかりが目立ちました。

11歳の少年アンドレウが、過酷な現実の中で成長していく物語ですが、鈍いのか、鋭いのかつかみ所のない少年で、なかなか共感できません。むしろ、アンドレウに対して大人びた態度をとる、手の指を爆弾で失ったヌリアという少女の抱える深い闇の方が、胸に迫りました。

こういう徹底的に救いのないストーリーにリアリティを感じていた時期もありましたが、今では、同じくスペイン内戦の悲劇を描いた「パンズ・ラビリンス」のように、深い絶望の果てに、きらびやかな幻想が広がる作品が好きになりました。それは、楽観的になったというわけではなく、逆なのでしょう。

|

« ■映画「少年は残酷な弓を射る」この邦題について書くだけで、ネタバレと怒られてしまいそうです | トップページ | ■「ダークナイトライジング」面白いのですが、いろいろ気に障りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/55293610

この記事へのトラックバック一覧です: ■「ブラック・ブレッド」スペイン内戦後の悲劇をリアルに描く:

« ■映画「少年は残酷な弓を射る」この邦題について書くだけで、ネタバレと怒られてしまいそうです | トップページ | ■「ダークナイトライジング」面白いのですが、いろいろ気に障りました »