« ■「ダーク・シャドウ」あまりにも素晴らしく、感激に打ち震えています | トップページ | ■12012年6月映画評 »

2012.05.20

■「テルマエ・ロマエ」、阿部寛がローマ人ルシウスそっくり!

「テルマエ・ロマエ」。イタリア人の夫を持つ漫画家ヤマザキマリのコミックの実写映画化。古代ローマ人の風呂設計技師ルシウスが、現代にタイムスリップし、 日本の風呂文化に深い感銘を受けて古代ローマに持ち帰り有名になっていく物語です。実写化に当たり脚本がうまく工夫されています。

監督は「のだめカンタービレ 最終楽章」シリーズの武内英樹。クラシックのオペラを巧みに取り入れています。「のだめカンタービレ」のように、またクラシックのCDが売れるでしょう。そして、温泉や銭湯文化も見直されるでしょう。波及効果の大きな作品です。

冒頭から登場する古代ローマの建造物、群衆の見事さに圧倒されます。そして、歴史大作を思わせる重厚なサウンドトラック。荒唐無稽な物語に、リアル感を与えるために、相当な費用を投入していますが、その成果は十分生かされて見応えがあります。

物語の舞台で、映画の撮影も 行ったイタリアで開催された第14回ウディネ・ファーイースト映画祭では、インターネット 投票1位の作品が選ばれる「マイムービーズ賞」を受賞しています。ルシウスと同じように、日本とイタリアをつなぐ働きをしたわけです。

阿部寛が、ローマ人ルシウス役を熱演しています。日本の風呂文化の一つ一つに驚く姿は、コミックそのものです。やや大げさですが、程よい誇張によって、笑いを醸し出しています。漫画家志望のヒロインを演じた上戸彩も、コミカルな演技が板についていました。

現在のヨーロッパには家風呂も銭湯もありませんが、古代ローマ時代には多くの浴場がありました。一つにはヴェスヴィオ火山の影響が大きいと思います。温泉の存在。ローマと火山国日本との共通性。「テルマエ・ロマエ」は、文明論的な深さをも持っています。

「テルマエ・ロマエ」は、典型的なお風呂、温泉映画ですが、昔から温泉を舞台に、多くの映画作品がつくられてきました。「伊豆の踊り子」「浮雲」「ひとひらの雪」「秋津温泉」「駅前温泉」「卓球温泉」などなど。銭湯では「水の女」「おくりびと」が思い出されます。

|

« ■「ダーク・シャドウ」あまりにも素晴らしく、感激に打ち震えています | トップページ | ■12012年6月映画評 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/54755831

この記事へのトラックバック一覧です: ■「テルマエ・ロマエ」、阿部寛がローマ人ルシウスそっくり!:

« ■「ダーク・シャドウ」あまりにも素晴らしく、感激に打ち震えています | トップページ | ■12012年6月映画評 »