« ★「エンディングノート」、お勧めです。2012年1月の映画評です | トップページ | ■「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を2Dで »

2012.02.05

出だし好調。劇場版「ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵」

劇場版「ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵」は、三浦建太郎原作の漫画『ベルセルク』すべてを映像化する“ベルセルク・サーガプロジェクト“第1弾です。コミックの4巻から6巻の途中までを、とても丁寧に描いています。重厚にして軽やか、大胆にして繊細。作画的な統一性に難がある場面もありますが、全体的には作品の雰囲気を良く表現しています。

 ガッツのバズーソ戦から始め、グリフィスとの出会いにつなげる導入は正解です。ただ、細かな原作改変については、意見が分かれるでしょう。バズーソ戦の後、平沢進の主題曲 「Aria」とともにオープニングタイトルが流れます。これが、なかなかのセンス。一気に「ベルセルク」の世界に引き込みます。 鷺巣詩郎のサントラも壮大でスケール感を増しています。

 映像表現の妥協のなさは、予想以上でした。戦争シーンでは、血なまぐさい表現が続きます。不死のゾッドとの戦闘シーンは、一番見応えがありました。容赦ない残酷な場面と、自然の穏やかな描写は、対照的です。作画の丁寧さが印象的です。グリフィスの美しさ、優雅さ、聡明さ、無邪気さが、とてもよく描かれていました。キャスカも好印象。ガッツの作画は、少し不安定な気がしました。

|

« ★「エンディングノート」、お勧めです。2012年1月の映画評です | トップページ | ■「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を2Dで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/53913072

この記事へのトラックバック一覧です: 出だし好調。劇場版「ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵」:

« ★「エンディングノート」、お勧めです。2012年1月の映画評です | トップページ | ■「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を2Dで »