« ■「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を2Dで | トップページ | ■ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012 »

2012.02.19

■「ミラノ、愛に生きる」は1970年代イタリア映画のパロディ

 映画「ミラノ、愛に生きる」。プロデュースも担ったティルダ・スウィントンがルカ・グァダニーノ監督と11年にわたって企画を練り続け、全編イタリア語で主演しています。一見古めかしく見えるこの作品、すごいくせ者なんです。その魅力は、一筋縄では味わいきれません。舞台も物語も古くさいです。雪のミラノで開かれる晩餐会から、静かに始まります。繊維業で成功を収めたレッキ一族の後継者タンクレディと結婚したロシア人のエンマは、息子の友人でシェフのアントニオと出会い、激しい恋に落ちます。この確信犯的な唐突感。

 フィルムの質感、ストーリー展開のテンポ、おおげさなBGMの使い方、まさに1970年代のイタリア映画のパロディです。イタリア・ミラノといえば、ルキノ・ヴィスコンティ。ビスコンティを彷彿とさせる風格のある映像を撮るかと思えば、わざと稚拙に見える演出を選んだりします。

 ティルダ・スウィントンが、見事に着こなす様々な衣装が眼を引きます。主人公の内面を鮮明に映し出します。ファッションブランド「ジル・サンダー」のラフ・シモンズと組ました。そして、アカデミー賞衣装デザイン賞候補にもなりました。

 ティルダ・スウィントンとは、デレク・ジャーマン監督の映像詩「ラスト・オブ・イングランド」(1987年)で出会いました。大英帝国の終焉をテーマに暗く破壊的なイメージが幾重にも交錯します。映画というよりは映像アート。そこに登場するティルダ・スウィントンの硬質な美しさに驚きました。

 ティルダ・スウィントンはサリー・ポッター監督「オルランド」(1992年)に主演します。オルランドの肉体は、深い眠りの後に男性から女性に代わります。スウィントンは、その中性的な魅力を開花させていました。「ミラノ、愛に生きる」は、「オルランド」以来のスウィントン主演作品です。

 「ミラノ、愛に生きる」に登場する料理は、美しく、そして重要な役割を果たします。 エンマがエビ料理を食べて官能を取り戻すシーンは必見です。料理を手がけたのはミラノ料理界の奇才カルロ・クラッコです。
http://www.ristorantecracco.it/en.ricette.asp

|

« ■「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を2Dで | トップページ | ■ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/54024752

この記事へのトラックバック一覧です: ■「ミラノ、愛に生きる」は1970年代イタリア映画のパロディ:

« ■「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を2Dで | トップページ | ■ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012 »