« 札幌国際短編映画祭2011の報告します | トップページ | 2011年10月映画評シネマキックス版 »

2011.11.09

札幌国際短編映画祭 SAPPOROショートフェスト2011報告

札幌国際短編映画祭 SAPPOROショートフェスト2011報告

★インターナショナル部門
★I―Aプログラム=なかなか粒ぞろいでしたが、「アー・ユー・リービング?」のスタイリッシュさが印象的でした。「ジョゼフィーヌという名前の女の子」は、「アメリ」を連想させる可愛いフランス映画です。

★I―Bプログラム=さまざまな人間模様を描いています。韓国の学生作品「ブロークン・ナイト」は、よくできた脚本で結構怖かったです。みごと、最優秀監督賞と作品部門のグランプリを獲得しました。「エッセンス」はもう少しで傑作になったのに残念でした。実写よりもアニメ「ラ・デタント」のスピード感が心地よかったです。

★I―Cプログラム=「シュガー」のスピーディでブラックなユーモアに笑って、アニメ「パス・オブ・ヘイト」のめくるめく映像表現に痺れるました。そしてSF「惑星アルファ46」の不思議なリアル感と皮肉なユーモアにニヤリとしました。映画監督の苦悩を描いた「カタルシス」は、映像は面白いのですが、結末がありきたりでした。

★I―Dプログラム=結構重い作品が多かったです。しかも、結末が予想通りの作品ばかりでした。その中でディビッド・オレイリー監督の過激な実験CGアニメ「エクスターナル・ワールド」の、突き抜けた表現が独創的でした。

★I―Eプログラム=重力以上の世界を描いたアニメ「ルビカ」の小気味良い表現が好きです。鳥たちの糞を肥料として利用するために働くペルーの男たちを描いた「グアナペ・サー島の男達」は、見事なドキュメンタリーでした。

★I―Fプログラム=「重力と僕」は、他の人たちと違う方向に重力が働く男を描いています。こちらの重力以上。細野晴臣(はるおみ)審査委員が、授賞式のスピーチで、何かの予兆かと心配していましたけれど。なかなか粋な展開です。エンドロールが右から流れてきて笑いました。「テロの時代」は、アイデアは面白いですが笑えませんでした。


★ナショナルプログラム
★N―Aプログラム=まず、アニメ「レインタウン」の端正な絵が印象に残りました。「ナリタ・フィールド・トリップ」は、三里塚問題を取り上げた作品。 三里塚映画 に出会えるとは思いませんでした。学校のいじめを鋭く描いた「フォーギブ」は、全作品の中で一番心に刺さりました。私的には、この作品がグランプリです。
「美雪の風鈴」は、不発弾が登場するストーリー展開がやや作為過ぎでした。

★N―Bプログラム=心理実験「スクリプト」は、本当に見事な脚本です。幻想的なアニメ「土踏まずは夏を知らない」は、未完成ながら将来の可能性を感じさせました。


★フイルムメーカー部門
★F―Aプログラム=ハロルド・チャップマン監督に出会えて幸せでした。センスが合いました。スタイリッシュで幅のある映像表現は、魅力的でした。

 平林勇(ひらばやし・いさむ)監督の「ヘルムート」は再会ですが、やはり面白いです。急遽上映が決まった「663114」は、福島原発事故の影響を蝉の立場で描いた佳作です。題名は「戦後 66 年の 3 月 11 日に起こった4基の原子力発電の事故」を意味しています。
 ことしも札幌に来られた岩井俊二(いわい・しゅんじ)監督も、震災と福島原発事故のドキュメンタリー作品「friends after 3.11」を公開していますね。

★F―Bプログラム=和田淳(わだ・あつし)監督の不条理アニメ。不思議な世界に引き込まれ、思わず笑ってしまいます。「そういう眼鏡」「春のしくみ」が好きです。和田監督の作品は、続けて観ると面白さが増していきますね。
 ダスティン・フェネリ監督の作品は、不思議なな味わいとふくらみを持っています。結末の分かってしまう「Snow」よりも「エスキモー・キス」が好きです。フェネリ監督が、フイルムメーカー部門のグランプリを獲得しました。

★北海道セレクション=道内作品ですが、ほかのプログラムと比べても、遜色のない力作ぞろいでした。片岡翔監督「ゆきだるまとチョコレート」の柔らかな子供目線と演出力、島田英二監督「零下15度の手紙」の編集力と映像のリリシズムは、さすがです。

★キッズアニメーション=毎回、質の高いアニメがそろっています。こどもだけでなく、大人も十分に楽しめます。フンコロガシとハエのバトルを描いた「プネェテラとペロテロ」が痛快でした。そのほか、「アレキサンダー」の糸の質感、「へザルフェン」のスピード感が、良かったです。

★アジアンタイフーンプログラム=ことしは韓国特集。ミン・ヨングン監督「a Fever」の映画的な展開のうまさに、舌をまきました。軍隊のブラスバンドをコミカルに描いた「ブラスクインテット」も力作でした。韓国映画、勢いがありますね。


★アイルランドショート=本当に多彩でした。ケン・ワードロップ監督の温かさに癒され、シリアスな戦争映画「クロッシング・サルウィン」にふるえ、インド映画のパロディ「ムーア・ストリート・マサラ」に笑いました。

|

« 札幌国際短編映画祭2011の報告します | トップページ | 2011年10月映画評シネマキックス版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/53199384

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌国際短編映画祭 SAPPOROショートフェスト2011報告:

« 札幌国際短編映画祭2011の報告します | トップページ | 2011年10月映画評シネマキックス版 »