« ■「ジュリエットからの手紙」は、本当に愛すべき映画です | トップページ | ■2011年9月の映画評 »

2011.08.21

■「未来を生きる君たちへ」暴力と赦しという普遍的なテーマをリアルに

 スサンネ・ビア監督の「未来を生きる君たちへ」は、暴力と赦しという普遍的な問題を、紋切り型でなく、具体的に、そしてリアルに描いています。ひりひり感がすごいです。「アフター・ウェディング」のストーリーや人物造形は、やや人工的な感じがしましたが、「未来を生きる君たちへ」は、とても生々しいものでした。

  アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の最優秀外国語映画賞をダブル受賞しています。この作品は、子供の諍い、夫婦の諍い、デンマークとスウェーデンの諍い、アフリカの諍いが描かれ、そのらが連鎖して人々を苦しめます。心が揺さぶられます。


   「未来を生きる君たちへ」は、デンマーク映画。1980年代後半の「バベットの晩餐会」「ペレ」のテーマの深さに驚き、ラース・フォン・トリアー監督の辛辣さに感動しました。そして、スサンネ・ビア監督が登場します。生々しい人間表現と繊細な映像美。独特の感性を持つ監督です。


  「未来を生きる君たちへ」は、抑制された演技に込められた大人たちの屈折した思いが、激しく胸をうちますが、エリアスとクリスチャンという2人の少年の演技のリアルさも、この作品を支えています。ふたりは、演技経験が全くなかったというから驚きです。


  原題は「復讐」です。とてもストレート。映画の中で「復讐は復讐を生むだけ」と大人は子供に話します。しかし子供は、いじめの経験から「やり返さなかったら、いじめられ続ける」と大人の言葉を信じません。大人も偽善かもと感じています。北欧というと、穏やかなイメージで考えてしまいますが、深刻ないじめがあり、デンマーク人とスウェーデン人の仲が悪くて「スウェーデンに帰れ」などという言葉が出てくると、昨今の日本の雰囲気を思い、どきりとします。

 スサンネ・ビア監督は「ある愛の風景」でアフガニスタンの戦乱、「アフター・ウェディング」ではインドのスラムとデンマークをつなぎました。今回はアフリカの過酷な難民キャンプとデンマークがつながっています。監督は「複雑になってきている世界の一部なんだと感じることが大切」と話しています。

|

« ■「ジュリエットからの手紙」は、本当に愛すべき映画です | トップページ | ■2011年9月の映画評 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/52533648

この記事へのトラックバック一覧です: ■「未来を生きる君たちへ」暴力と赦しという普遍的なテーマをリアルに:

« ■「ジュリエットからの手紙」は、本当に愛すべき映画です | トップページ | ■2011年9月の映画評 »