« ■2011年6月の映画評 | トップページ | ■「クロエ」新しい表現に挑戦したアトム・エゴヤン監督 »

2011.06.26

■「スーパーエイト」、人を食った作品です

「スーパーエイト」(J・J・エイブラムス監督・脚本)は、題名が8ミリカメラを示す通り、エンドロールに流れる8ミリで撮影されたゾンビ映画が本編です。その前の100分は、作品制作の背景を記録したメーキングビデオです。思春期の子どもたちが、どのようにして映画をつくったかが、分かります。恋愛もあります。

このメーキングビデオが、なかなか良くできています。1970年代後半の雰囲気が、よく出ています。「スタンド・バイ・ミー」的に始まり、「E.T.」「グーニーズ」「未知との遭遇」のネタが満載で、スピルバーグへのオマージュにあふれています。でも、エイブラムス監督の個性も出ています。異星人が人間を食べたりします。

そうした懐かしいストーリー、色調に、CGを生かしたド派手なシーンが盛り込まれます。列車の脱線シーンの凄まじさは、爆撃されたようでした。町に次々と異変が起こる中、異星人の姿を、なかなか見せないのもエイブラムス監督お得意の演出です。

エンドロールが始まると多くの人が帰り始めました。本編を観ないて帰るなんて、とても残念なことです。この映画評は、「スーパーエイト」に対する皮肉です。独断と偏見に基づくもので、事実に基づくものではありません。あしからず。

|

« ■2011年6月の映画評 | トップページ | ■「クロエ」新しい表現に挑戦したアトム・エゴヤン監督 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/52050143

この記事へのトラックバック一覧です: ■「スーパーエイト」、人を食った作品です:

« ■2011年6月の映画評 | トップページ | ■「クロエ」新しい表現に挑戦したアトム・エゴヤン監督 »