« ■劇場版「銀幕ヘタリア」は、ファンへの感謝祭 | トップページ | ■「鉄男 THE BULLET MAN」鉄男を封印した塚本晋也監督の決意 »

2010.06.23

■2010年5-6月・訃報など

★デニス・ホッパー、74歳で死去
 俳優・デニス・ホッパーが2010年5月29日午前8時、カリフォルニアの自宅で死去した。74歳。
 2009年10月に前立腺がんと公表。12月にシダース・シナイ・メディカル・センターに入院したが、年が明けて今年の1月にがんが骨に転移し、余命わずかであることを友人にもらしていた。その後、現在の妻で結婚して14年になるヴィクトリアさんとの離婚を申請。しかし、離婚協議はスムーズに進展せず死の淵で妻との泥沼の離婚劇が繰り広げられた。デニスさんは生涯で5回結婚しており、ヴィクトリアさんは5人目の妻。
2010年の3月にハリウッドの星を受賞。1969年の映画「イージー・ライダー」で共演した盟友ジャック・ニコルソンや友人のデヴィッド・リンチ監督も駆け付け栄誉を祝った。デニス・ホッパーは「ハリウッドは家であり、学校であった」とコメント。「人生のすべてを皆さんから学んだ。これは僕にとって大変重要なことだ。皆さん本当にありがとう、そしてハリウッドにも感謝します」と語っていた。
デニス・ホッパーが監督・脚本・出演した「イージー・ライダー」は、アメリカン・ニューシネマの代表作として映画史に残る作品。「理由なき反抗」で共演したのをきっかけに、若くして亡くなったジェームス・ディーンと友人になり、深い影響を受けたといわれている。

★ドイツ現代画家、ジグマー・ポルケ氏死去
ドイツを代表する現代画家、ジグマー・ポルケ氏が2010年6月10日、がんのため同国西部ケルンで死去した。69歳だった。1953年、旧東独から旧西独に移住。デュッセルドルフの美術学校に学び、63年デビュー。ゲルハルト・リヒターらとともに「資本主義リアリズム」を標榜
ひょうぼう
し、プリント布地や新聞紙などあらゆる素材を作品に取り入れたポップで皮肉な作風で知られた。86年、ベネチア・ビエンナーレで金獅子賞を受賞。2002年、高松宮殿下記念世界文化賞(絵画部門)を受賞した。代表作は「不思議の国のアリス」など。

★ルイーズ・ブルジョワ、死去
 ルイーズ・ブルジョワ(米彫刻家)が、2010年5月31日、ニューヨーク市内の病院で死去した。98歳。
 仏パリ生まれ。38年に米国に移住。82年にニューヨーク近代美術館で開いた個展をきっかけに作品が世界的に知られるようになり、97年にはクリントン大統領から全米芸術勲章を授与された。代表作の巨大なクモのオブジェ「ママン」は世界の主要都市で展示されており、日本では東京都港区の六本木ヒルズに設置されている。
「親愛なるルイーズ 」というアート・ドキュメンタリーで観た彼女の凛とした姿が強く印象に残っている。

★「キカイダー01」の池田駿介(いけだ しゅんすけ)さん、胃がんのため逝く
< 2010年6月14日 11:47 >
俳優の池田駿介さん(本名=池田紀生)が11日午前3時10分、胃がんのため死去した。69歳だった。東映ニューフェイス10期生。71年に放送された「帰ってきたウルトラマン」で南猛隊員、73年「キカイダー01」で主人公のイチローを演じた。家族によると、2009年の正月ごろから胃の痛みを訴え、検査したところ胃がんが見つかり同年2月に手術。一時は回復し、同年4月に行われたパチンコ新機種「CRキカイダー01」の発表会に出席しファンに元気な姿を見せていた。だが、同年10月に再発。抗がん剤の治療を続け、闘病中も「早く仕事に戻りたい」と話していたという。葬儀・告別式は16日に神奈川県川崎市の登戸やすらぎ会館で。喪主は妻の敏江さん。

★実写版『AKIRA』実現へ
何度も企画に上がってはお蔵入りになってきた『AKIRA』『ザ・ウォーカー』のアルバート・ヒューズ監督が次回作に関しての質問で、「次は『AKIRA』だよ。今ちょうど、ストーリーボードとプロットを書いていて忙しいんだよ」と語り、『AKIRA』プロジェクトに着手していることを認めた。監督は「1994年、レーザーディスクで大友克洋の傑作アニメ『AKIRA』を見て以来、その虜になった」という。

★人気ドラマ『JIN-仁-』続編決定 キャスト変わらず2011年4月クールに登場
昨年の10月クール放送で高視聴率を記録し、数々のテレビ賞を獲得した連続ドラマ『JIN-仁-』(TBS系、日曜後9:00)の続編制作が決定した。2011年4月クールの連続ドラマ日曜劇場枠で完結編として放送される。一時は、劇場映画化されるという情報が流れていた。

★宝生舞 芸能界引退、公式ウェブサイトで報告
女優・宝生舞(ほうしょう・まい)が5月31日付で芸能界を引退していた。
宝生舞は自身のHPで、「私のわがままな決断を御理解頂ければ幸いです」と引退を報告した。最後の作品は、2010年5月22日に公開された市原隼人主演の映画『ボックス!』。
●出演映画
あした(1995年) - 朝倉恵 役
人造人間ハカイダー(1995年) - カオル 役
大失恋。(1995年)
釣りバカ日誌10(1998年) - 岩下みどり 役
富江replay(2000年) - 川上富江 役
陰陽師(2001年) - 瓜の女 役
自殺サークル(2002年)
なごり雪(2002年)
三浦和義事件 もう一つのロス疑惑の真実(2004年)
理由(2004年) - 資産家の若妻 役
Soeur(2007年)
子猫の涙(2008年) - 森岡治子(大人時代) 役
その日のまえに(2008年) - 浜風町内のケーキ店のウエイトレス役
ボックス!(2010年) - 鏑矢こと美 役

|

« ■劇場版「銀幕ヘタリア」は、ファンへの感謝祭 | トップページ | ■「鉄男 THE BULLET MAN」鉄男を封印した塚本晋也監督の決意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/48704330

この記事へのトラックバック一覧です: ■2010年5-6月・訃報など:

« ■劇場版「銀幕ヘタリア」は、ファンへの感謝祭 | トップページ | ■「鉄男 THE BULLET MAN」鉄男を封印した塚本晋也監督の決意 »