« ■「らき☆すた」埼玉新聞で月1連載スタート | トップページ | ■企業でもインターネット「部活動」広がる »

2010.04.26

■作家・アラン・シリトー、死去

 英国の作家アラン・シリトーが2010年4月25日、ロンドンの病院で死去した。82歳。家族が明らかにした。死因は明らかになっていない。
 1928年3月、英ノッティンガム生まれ。14歳で学業を離れ、工場で働いた後、英空軍で勤務。50年代の「怒れる若者たち」の一人と称され、若者たちのやり場のない怒りや反抗などを描いた「土曜の夜と日曜の朝」(58年)と「長距離走者の孤独」(59年)はいずれも映画化された。

★映画「土曜の夜と日曜の朝」は、チェコスロバキア出身の監督カレル・ライスの長編映画デビュー作。やり場のない怒りを抱える反抗的な若い労働者アーサーが主人公。イングランド中部の工業都市ノッティンガムを舞台にした辛口の社会派ドラマ。
★映画「長距離走者の孤独」 トニー・リチャードソン監督。貧しい家庭で育ったコリンは、パン屋に強盗に入って捕まり、感化院に送られる。そこで足の速さを見込まれたコリンは、長距離ランナー選手として院を代表して走ることになり、院長から厳しいトレーニングを受ける。

|

« ■「らき☆すた」埼玉新聞で月1連載スタート | トップページ | ■企業でもインターネット「部活動」広がる »

コメント

2ヶ月で貯金100万超えた!
http://pizapizahiza.net/fox/ug1d6fr
乳揉んだり、ま×こジュポジュポしただけなのに(笑)

投稿: まさみつ | 2010.04.26 04:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/48184381

この記事へのトラックバック一覧です: ■作家・アラン・シリトー、死去:

« ■「らき☆すた」埼玉新聞で月1連載スタート | トップページ | ■企業でもインターネット「部活動」広がる »