« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.31

■嬉しいニュース!ゴジラ、3D映画でカムバック

 ゴジラが、ついに3D映画としてスクリーンに蘇ることが正式に決定した。
レジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザーズが再タッグを組んで製作。タイトルは未定だが、「ゴジラ対ヘドラ」(1971)の坂野義光監督や奥平謙二プロデューサーも総製作指揮を兼ね、東宝が日本の配給を担当する。2012年公開に向けて製作を開始する。
 1954年に東宝が生み出した『ゴジラ』は幾度となくリメイクされており、アメリカ公開の最新作としてはローランド・エメリッヒ監督作『GODZILLA』(98)が、全世界で約4億ドル(約360億円)のヒット。その後も、映画のみならずビデオや本などゴジラ人気は健在で、3D映画で新たなファンを取り込めると判断。また、モンスターを主人公にした『クローバーフィールド/HAKAISHA』(08) が、製作費わずか2500万ドル(22億5000万円)で約2億ドル(約180億円)も稼ぎ出したことで、モンスター映画のニーズがあると踏んだようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■UstreamとJRC音楽著作権の包括契約!

ニュースを読んで、目が覚めた!。これは、凄まじく大きな変化の第1歩ではないか。「UstreamとJRC音楽著作権の包括契約」http://ow.ly/1sEP7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.30

■ココログにツイッターへのクロスポスト機能

 やっとココログに、ツイッターへのクロスポスト機能が付きました。ブログとTwitterをどう使い分けるのか、しばらく、いろいろ試してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.27

■Apple、富士通から「iPad」商標権を買収

 Appleが、富士通から「iPad」商標権を買収した。米国特許商標庁の記録によると、3月17日に、富士通からAppleへ「iPad」商標が譲渡されている。これにより「iPad」商標は完全にAppleに帰属した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ナム・ジュン・パイクが生きていたら、モーション・ダイ部の取り組みをとても喜んだと思う

 ビデオ・アート先駆者のナム・ジュン・パイクは、「VENICE-TURTLESHIP-A TRIAL OF MR. PICASSO」(1993年)の中で、こう書いている。「私の強い気持は、衛星放送で全世界にビデオアートを放映することにあり、この控えめなアートプログラムは少なくとも2010年から2050年までの間、継続するべきである。毎週金曜日夜8時に」。今、まさにそういう時代を迎えようとしている。しかも、恊働で。ナム・ジュン・パイクが生きていたら、モーション・ダイ部(MD5s)の取り組みを、とても喜んだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■3月27日午前10時からの「シマネキックス」

 3月27日午前10時からの「シマネキックス」では、SAPPOROショートフェスト受賞作品ナショナルツアー上映のオープニングを特集します。また、劇場公開している「ハート・ロッカー」、「しあわせの隠れ場所」、「NINE」、「ニューヨーク、アイラブユー」、アニメ「東のエデン」劇場版2「Paradise Lost」を紹介します。番組でかけるアニソンは、「ヘタリア」のオープニング、エンディング曲、「のだめカンタービレ フィナーレ」のエンディング曲です。

★インターネットでライブ放送します。 午後10時からの再放送もあります。
http://www.sankakuyama.co.jp/
★生放送中にツイッターでささやきます。
http://twitter.com/tawarayat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.26

■iPhoneで全国のコミュニティFMが聴ける「i-コミュラジ」登場

 コミュニティFMラジオのインターネット配信(サイマルラジオ)を行っている団体「コミュニティ・サイマルラジオ・アライアンス(CSRA)」とフライトシステムコンサルティングは2010年3月25日、iPhone/iPod touchでコミュニティFMラジオ放送を聴くことができるアプリケーション「コミュニティFM for iPhone(i-コミュラジ)」を発表した。App Storeにて、350円で販売する。同日から、三角山放送局など9局のコミュニティFMラジオの配信をスタートした。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100325/346221/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■アニメ「のだめカンタービレ フィナーレ」11話は、見事にまとまった

 アニメ「のだめカンタービレ フィナーレ」11話。本当のフィナーレ。原作コミックに沿いながら、よりテーマをくっきりと浮かび上がらせた見事なまとめだった。シリーズ構成中島かずきの力だろう。歴史を重ねてきたクラシックの魅力と現代における堅苦しさの指摘。のだめは、18世紀における音楽の楽しさ、自由を象徴する存在でもあった。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2010.03.24

■モーションダイ部の部活、楽しいよ

 Ustreamをつかったモーションダイ部(MD5s)の部活、楽しい。4月3日に正式な部員募集があります。
http://www.ustream.tv/channel/digitalstage-jp
Md52010324


| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010.03.23

■「しあわせの隠れ場所」サクセスストーリーをさらりと映画化

Theblindside2010 原題は「ブラインド・サイド」、邦題の「しあわせの隠れ場所」よりも意味が分かる。邦題は、意味不明だ。 2009年ボルティモア・レイブンズに1巡目指名されたマイケル・オアーの実話を映画化した。
 黒人少年のマイケルは、2歳で父を殺害され、母はコカイン中毒。家もなく、学力も最低レベルで、冬の寒い夜も半そで短パンという格好で外を歩いていた。偶然通りかかった白人のリー・アン・テューイが家に泊まるように誘い、。家族同然の生活を始める。そして、テューイ一家は正式に彼を家族に迎え入れる。リー・アンはマイケルの保護本能の高さを知ってアメフトを勧める。彼はその才能を開花させた。
 実話ということが信じられないような見事なサクセスストーリー。それを、さらりと映画化している。差別の取り上げ方など、物足りなさは残るが、全体に好感が持てるつくりだ。
 リー・アン・テューイを演じたのが、サンドラ・ブロック。ことしのアカデミー賞主演女優賞を受賞した。それほど飛び抜けた演技をしていないが、清々しさと、ベテランらしい貫禄があった。
 「オール・アバウト・スティーブ」で、ゴールデンラズベリー賞のワースト主演女優賞も受賞し、授賞式に出席した。同じ年にアカデミー賞とゴールデンラズベリー賞をダブル受賞したのは史上初めて。ブロックは3月7日のオスカー受賞後、授賞式会場で報道陣に「昨日の夜のラジー賞も最高に楽しかった。ラジー賞は最低女優賞だけど、今度はまったく反対の汚名挽回。両方をいっぺんにもらうなんて、こんなに感激したことはない」と語り、「いいほうも悪いほうも、2つのトロフィーは並べて飾るわ」と宣言した。さすがだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■アニメ「東のエデン」劇場版2「Paradise Lost」の映画評にアクセス集中

 昨日書いたアニメ「東のエデン」劇場版2「Paradise Lost」の映画評に、アクセスが集中している。酷評しているからだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.03.22

■アニメ「東のエデン」劇場版2「Paradise Lost」

Eden201003 劇場版1「The King of Eden」の続編。全体の完結編にあたる。物語は、さらに意外な展開となる。森美 咲(もりみ さき)と大杉 智(おおすぎ さとし)による滝沢 朗(たきざわ あきら)の母探し、平澤 一臣(ひらさわ かずおみ)のミスター・アウトサイダー探しという、全く新しいストーリーが付け加えられる。さらに、日本を救う方法をめぐる滝沢と物部 大樹(もののべ だいじゅ)の会話は、この作品の核心部分を言葉で説明してしまって、かなり残念。全体に、生なかたちでの説明が多くなっている。大きなテーマを抱えているので、2部3時間でも、時間が足りなかったのだろう。
 テレビ版のラストが、ミサイル60発を追撃して日本を救うという派手な終わり方だったので、さらに大きな結末が用意されているのかと思っていたが、意外にお行儀の良い結末に収まった。携帯電話を使い、団塊の世代に奮起を呼びかけ、ニートに働く場所を提供するというオチ。テレビ版の後から、物語をつくったためだろう。
 携帯電話をうまく活用したアニメとして評価できると思うが、たぶん時代はすぐにその先に進んでいくだろう。インターネット環境は、ニートに限らず、さまざまな人たちを出会わせると思う。一人一人の力を発揮するメディアになるだろう。
 100億円を使った日本救済計画、日本へのミサイル攻撃など、かなりショッキングな設定で、日本の置かれている問題を鋭く問い返すスリリングなアニメとして評価したい。映画的なカメラワークも魅力的だった。ただし、結末はすっきりしなかった。物語のすわりが悪い。しかし、神山健治(かみやま けんじ)監督が世代を超えて人々がつながることの大切を訴えたかったのはよく分かった。そして、暴力を否定する滝沢が第9のセレソンである意味も。
あと、オープニングアニメは、 ミュージックビデオのようなかっこ良かったテレビ版以上に力が入っていた。意気込みは認めるが、センスはテレビ版の方が良かったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「ニューヨーク、アイラブユー」多彩な人々の愛すべきアンサンブル

Newyorkiloveyou2010
 ニューヨークを舞台に「愛」をテーマにした群像劇。チアン・ウェン 、ミーラー・ナーイル 、岩井俊二 、イヴァン・アタル 、ブレット・ラトナー 、アレン・ヒューズ 、シェカール・カプール 、ナタリー・ポートマン 、ファティ・アキン 、ジョシュア・マーストン 、ランディ・バルスマイヤーの11人が監督した。監督がそれぞれの切り口で短編映画を製作したが、オムニバス映画ではない。アンサンブル作品だ。
 どの作品も、小粋で楽しめる。それぞれ独立しているようで、わずかに重なっている。ニューヨークという街の多面性が浮かび上がってくる仕掛けだ。最初に置かれた、スリの青年が恋した女性の心を盗もうとするチアン・ウェン監督の作品はテンポがよくてアイデアも活きている。岩井俊二監督は、オーランド・ブルームとクリスティーナ・リッチの魅力をうまく引き出していた。イヴァン・アタル監督の作品は、マギー・Qとイーサン・ホークの会話劇が楽しい。ミーラー・ナーイル監督作品に出演しているナタリー・ポートマンは、監督としても参加し手慣れた小品にまとめていた。シェカール・カプール監督のシャイア・ラブーフ、ジョン・ハート、ジュリー・クリスティの共演も見逃せない。このほか、たくさんの個性派俳優たちが出演している。見方によっては、「NINE」よりも、「ニューヨーク、アイラブユー」の方が贅沢なのかもしれない。
  この作品も、アンソニー・ミンゲラ監督に捧げられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■映画「NINE」苦悩するマザコン監督の華麗なる妄想

Nine2010 予告編を観たときの期待の高さと、本編を見終わった後の落胆の深さ。久しぶりに大きな落差を味わった。
 「NINE」はフェデリコ・フェリーニ監督の名作「8 1/2」(はっか にぶんのいち)に着想を得たブロードウェイ・ミュージカル。ロブ・マーシャル監督は、その映画版を目指した。
イタリアの有名な監督グイド・コンティー二は、「イタリア」というタイトルが決まり、主演女優が決まり、セットも準備されているが、9作目の脚本を一行も書けず苦しんでいた。撮影開始日が迫る中、監督は新作の記者会見から逃げ出し、海辺のホテルに隠れる。そして優柔不断のまま、三角関係に悩み、華麗な妄想の世界に浸る。映画監督の創作の苦悩というよりも、マザコン監督のだめさ加減が強調されている。だから、主人公にもストーリーにも魅力はない。
 ただし、監督を取り巻く女性たちが、信じられないほど豪華。マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ニコール・キッドマン、ケイト・ハドソン、ジュディ・デンチ、ソフィア・ローレンら豪華女優が次々に歌い、踊る。その華やかさは、ため息が出るほど。これだけで満足する人たちがいても納得できる。ただ、妄想シーンが華やかであればあるほど、物語のむなしさが浮き彫りになる。
 この作品は、脚本を手がけたアンソニー・ミンゲラ監督に捧げられている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■アニメ「のだめカンタービレフィナーレ」第10話

 アニメ「のだめカンタービレフィナーレ」9話は、ストーリー全体のクライマックス。しかし、本当にアニメ「のだめ」シリーズの面白さが味わえるのは、10話かもしれない。インターネット時代をうまく使った展開。あっという間に、情報が駆け巡る時代。
 唐突な「風の谷のナウシカ」の巨神兵のパロディは笑えるなあ。どろどろにとけて、抜け殻の「たこ娘」って。
 そして、相変わらずドジな「のだめ」。ベルギーでの涙には、思わずもらい泣き。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.03.21

劇場版「東のエデン」2完結編

現代の日本が抱えている問題に切り込んだ「東のエデン」。劇場版「東のエデン」2完結編は、驚くような結末ではなかった。お行儀の良い収め方だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.20

SAPPOROショートフェストDVD、破格の特別販売

 札幌東宝プラザで20日から始まったSAPPOROショートフェスト受賞作品のナショナルツアー上映会。 SAPPOROショートフェストDVDVOL.1(2500円)とVOL.2(1900円)が、セットでなんと1500円という破格の特別販売が、驚きでした。66%のデイスカウント。内容は、とても充実しています。すごいお買い得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ショート作品を定期的に上映する新しい試み

 SAPPOROショートフェスト受賞作品のナショナルツアー上映会に行ってきました。映画祭期間だけでなく定期的に作品を上映する新しい試み。札幌東宝プラザでは「ヴァーミンツ」などアニメ5作品をセレクト。どの作品も個性的で水準が高く、何度観ても発見がある。まだあまり知られていない取り組みだが、この試みが軌道に乗ってほしいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■SAPPOROショートフェスト受賞作品のナショナルツアー上映

 札幌東宝プラザで午後9時から行われるSAPPOROショートフェスト受賞作品ナショナルツアー上映に行ってきます。「ヴァーミンツ」(作品部門グランプリ/最優秀作曲賞)、「ラウンド」(SSF 環境賞) 「まいごのペンギン」(最優秀チルドレンショート/子供審査員賞/観客賞)、「THE CONTROL MASTER」(クリプトン・ベスト・サウンド賞)などを上映します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画監督の妄想に満ちた後ろ向きで哀しい作品

「NINE」は、華やかに見えて、映画監督の創作の苦悩を神話化しようともがく、映画監督の妄想に満ちた後ろ向きで哀しい作品。フェリー二を懐かしがっても駄目だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.03.19

■ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第10話「ワルプルギスの夜」

 アニメ「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」第10話「ワルプルギスの夜」。やっと、ミナ姫をめぐる、さまざまな謎が明らかになり始めたが、それでも全体像は見えない。このまま終わってしまうのだろうか。
 「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」のオープニングは、ミュージックビデオのようにかっこいい。ミナ姫の華麗なダンスも素敵。そして、挿入される映像エフェクトをかけた花々が印象的。ちゃんとストーリーに沿った花言葉になっているとか。すごい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.03.17

■ココログも、やっとTwitter対応に本腰

 ココログも、やっとTwitter対応に本腰を入れ始めた。ある意味、ブログの危機だから。Twitter連携して生き残りをかける方針だ。それぞれの良さを生かしていければいいと思う。iPhoneにも対応したし、しばらくは連携しながら使ってみる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.03.15

■「アバター2」実現化

 米アカデミー賞で3冠に輝いたSF大作「アバター」(ジェームズ・キャメロン監督)製作者のジョン・ランドー氏は14日、イスラエルで開かれた映像技術関連の会合で、同作品の続編実現に意欲を示した。
 キャメロン監督と二人三脚でヒット作を送り出してきたランドー氏は記者団に「われわれはアバターが成功すれば『アバター2』を作るといつも言ってきた」とした上で、続編にふさわしい筋書きが不可欠との認識を示した。
 また、同氏はキャメロン監督との間で日本のSFアクション漫画「銃夢」(ガンム)を原作にした映画構想を含む計3作の協議が進行中と明かした。次回作はアバター同様、3D方式が確実といい、「どれを最優先するか、今後半年以内に結論を出したい」と述べた。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■俳優ピーター・グレーブス、死去

 俳優ピーター・グレーブスが14日、ロサンゼルスの自宅で死去した。83歳。広報担当者によると、外出先から家族と食事を終えて戻った後に倒れた。死因は心臓発作とみられる。
 ミネソタ州生まれ。日本でも放映され人気を呼んだ66年開始のテレビドラマ「スパイ大作戦」シリーズで、特殊工作機関のリーダー、ジム・フェルプス役を好演。71年にゴールデングローブ賞を獲得し、その後もコメディー映画「フライング・ハイ」(80年)など生涯を通して数多くのテレビ、映画作品に出演した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.03.14

■UstreamでのMotion Dive5シリーズの発表

  デジタル・ステージが、2010年3月13日、UstreamとTwitterを使い、アクセス者とのチャットを行いながら進めたMotion Dive5シリーズの発表は、先駆的なプロジェクトの幕開けとして、歴史に残ると思います。まだ、興奮しています。
http://www.digitalstage.jp/mail_magazine/ds_news/20100311/tmail.html

20100313md5s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.12

■■アニメ「のだめカンタービレフィナーレ」第9話、最大の山場

 アニメ「のだめカンタービレフィナーレ」第9話。シュトレーゼマン指揮、ロンドンフィル、のだめのデビューコンサートで、ショパンのピアノ協奏曲第1番を、のだめが独創的に演奏し、大反響を得る。「のだめカンタービレ」全体での最大のクライマックスだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.03.11

■アニメ「荒川アンダー ザ ブリッジ」2010年4月放送開始

新房昭之監督の新作アニメ「荒川アンダー ザ ブリッジ」が、2010年4月放送開始。しかし、私は「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」の方が気になってしようがない。

「荒川アンダー ザ ブリッジ」
★監督:新房昭之
アニメーション制作:シャフト
[キャスト]
ニノ CV:坂本真綾 市ノ宮 行(リク) CV:神谷浩史 村長 CV:藤原啓治 星 CV:杉田智和
シスター CV:子安武人 マリア CV:沢城みゆき ステラ CV:斎藤千和 シロ CV:大塚芳忠
P子 CV:小見川千明 鉄人兄弟 鉄雄:三瓶由希子 鉄人兄弟 鉄郎:新谷良子
市ノ宮積:小山力也 高井:チョー 島崎:田中理恵

・テレビ東京:4/4(日)より 毎週日曜 深夜1:35~
・テレビ大阪:4/6(火)より 毎週火曜 深夜2:05~
・テレビ愛知:4/7(水)より 毎週水曜 深夜1:28~
・テレビせとうち:4/8(木)より 毎週木曜 深夜1:58~
・テレビ北海道 :4/9(金)より 毎週金曜 深夜2:00~
・TVQ九州放送 :4/5(月)より 毎週月曜 深夜2:23~
・AT-X:放送決定!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.09

■サンドラ・ブロックが最高と最低の女優賞史上初ダブル受賞

Sandra2010
 その年最高の作品や俳優に贈られるアカデミー賞(Academy Awards)と、最低の作品や俳優に贈られるゴールデン・ラズベリー賞(通称:ラジー賞、Golden Raspberry Awards、Razzies)。この2つを史上初めてダブル受賞したのが2010年3月7日、第82回アカデミー賞の主演女優賞に選ばれたサンドラ・ブロック(Sandra Bullock、45)だ。
 ブロックがラジー賞を受賞した作品は恋愛コメディーの『オール・アバウト・スティーブ(All About Steve)』。、アカデミー賞の受賞作品は『しあわせの隠れ場所(The Blind Side)』。
 ラジー賞の授賞式は毎年、アカデミー賞授賞式の前夜に行われるが、ブロックは「最低の女優」に選ばれた受賞者としては珍しく自分で式に出席し、ラジー賞関係者らを喜ばせた。
 ブロックは7日のオスカー受賞後、授賞式会場で報道陣に「昨日の夜のラジー賞も最高に楽しかった。ラジー賞は最低女優賞だけど、今度はまったく反対の汚名挽回。両方をいっぺんにもらうなんて、こんなに感激したことはない」と語り、「いいほうも悪いほうも、2つのトロフィーは並べて飾るわ」と宣言した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.03.08

■キャスリン・ビグローが女性初の米アカデミー賞監督賞受賞

 第82回アカデミー賞の授賞式が3月7日(日本時間8日)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのハリウッド・コダックシアターで行われ、「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグローが監督賞を受賞した。今年で82回目を迎えるアカデミー賞の歴史のなかで、女性の監督が同賞を受賞するのは史上初の快挙となる。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.03.07

■28歳の美少女漫画家・夏達に驚く

今日の初びっくり!。28歳の美少女漫画家・夏達には、驚いたなあ。0b9f18d7

6d499d84


W9fm2mc8tld5ji_sfiw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.06

■戦争映画「ハート・ロッカー」の罠「映画は麻薬である」

Hurt_locker
 キャスリン・ビグロー監督の冷徹な戦争映画「ハート・ロッカー」。このハートは、痛むという意味なので「痛んだ場所」という意味だ。
 映画の冒頭で戦争の高揚感は癖になる「戦争は麻薬である」とテロップが流れる。そうか、反戦映画か、と思って観ていると、戦争の生々しさは伝わってくるが、アメリカ兵の視点からしかイラクが描かれていない。敵はおろか、イラクの人たちさえ、人間として描いていない。すべてのイラク人が卑劣な敵であるかのような印象を受ける。そもそも、アメリカがイラク戦争を起こしたことが、アメリカ兵の苦悩の原因であるはずなのだが。
 作品は、終始バランス良く緊迫している。ドキュメンタリーのような緊張感が続く。天才的なカメラワークでキレのある映像は見事というしかない。観ているうちに、その場にいるように錯覚する。米軍爆発物処理班のメンバーに感情移入する。しかし、それこそが「映画は麻薬である」ということなのだ。この映画は、戦争を批判しているように見せて、その非日常的な高揚を肯定している。
 3月7日に行われたアカデミー賞で監督賞を受賞。るアカデミー賞の歴史のなかで、女性の監督が同賞を受賞するのは史上初の快挙。アメリカのメディフアがイラク戦争の現地映像をほとんど流さなかったという現実に抗議するかのように、グロー監督は一見リアルなイラク戦争映画を作った。しかし、それは、ニュースではなくあくまでも映画なのだ。戦争の緊迫感は伝わるが、本当の惨さは伝えていない。アメリカ兵は犠牲になるが、アメリカによって殺された何万人と言う民家人のことは、まったく触れられていない。この作品は偽善的なのだ。繰り返すが、監督賞を競った「アバター」とともに、結局は戦争を肯定しているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■Apple、「iPad」Wi-Fi版を4月3日に発売

 Appleが3月5日、タブレット型端末「iPad」のWi-Fi版を4月3日に発売すると発表した。3月12日から予約を受け付ける。3Gに対応したモデルは4月下旬から販売する。日本ではWi-Fi版とWi-Fi+3G版のどちらも4月下旬に発売する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.05

■アニメ「のだめカンタービレフィナーレ」第8話

 安定した展開のアニメ「のだめカンタービレフィナーレ」も第8話を迎えた。いつもは、軽めの展開だが、今回はやや濃厚。のだめの苦悩が伝わってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■アニメ「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 」08話

 どこまで、驚かせてくれるのだろう。アニメ「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 」08話。映画的で斬新な表現で魅了した7話までは、しかし序章に過ぎなかった。8話はストーリー展開の面白さで堪能させられた。思わず涙してしまう場面も。このアニメは、さらに高みへと上っていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.02

ゆうばり映画祭の余韻

ゆうばり国際映画祭の余韻に浸っています。A651407B-A385-4D62-AB45-D45E60186CC1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Iphoneアプリで投稿

待望のiphoneアプリ「ココログエディタ」で投稿しています。対応が遅すぎますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »