« ■UstreamとJRC音楽著作権の包括契約! | トップページ | コミック「テルマエ・ロマエ」を読む »

2010.03.31

■嬉しいニュース!ゴジラ、3D映画でカムバック

 ゴジラが、ついに3D映画としてスクリーンに蘇ることが正式に決定した。
レジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザーズが再タッグを組んで製作。タイトルは未定だが、「ゴジラ対ヘドラ」(1971)の坂野義光監督や奥平謙二プロデューサーも総製作指揮を兼ね、東宝が日本の配給を担当する。2012年公開に向けて製作を開始する。
 1954年に東宝が生み出した『ゴジラ』は幾度となくリメイクされており、アメリカ公開の最新作としてはローランド・エメリッヒ監督作『GODZILLA』(98)が、全世界で約4億ドル(約360億円)のヒット。その後も、映画のみならずビデオや本などゴジラ人気は健在で、3D映画で新たなファンを取り込めると判断。また、モンスターを主人公にした『クローバーフィールド/HAKAISHA』(08) が、製作費わずか2500万ドル(22億5000万円)で約2億ドル(約180億円)も稼ぎ出したことで、モンスター映画のニーズがあると踏んだようだ。

|

« ■UstreamとJRC音楽著作権の包括契約! | トップページ | コミック「テルマエ・ロマエ」を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/47958952

この記事へのトラックバック一覧です: ■嬉しいニュース!ゴジラ、3D映画でカムバック:

« ■UstreamとJRC音楽著作権の包括契約! | トップページ | コミック「テルマエ・ロマエ」を読む »