« ■渡辺夏菜の趣味は モダンバレエ | トップページ | ■夏菜「この作品だったら喜んで脱ぎたい」 »

2010.02.03

■米アカデミー賞候補発表、「アバター」「ハート・ロッカー」が最多9部門に

 第82回米アカデミー賞の候補が2日発表され、ジェームズ・キャメロン監督のSF大作「アバター」と、キャスリン・ビグロー監督のイラク戦争を舞台にした映画「ハート・ロッカー」が、それぞれ作品賞と監督賞を含む最多9部門でノミネートされた。両監督は元夫婦でもあり、2作品の対決に注目が集まっている。
 また、女性監督が米アカデミー賞監督賞を受賞した例は過去になく、ノミネートされたのも「ロスト・イン・トランスレーション」(2003年)のソフィア・コッポラ監督など3人のみ。ビグロー監督が受賞すれば女性初の快挙となる。
 そのほか、クエンティン・タランティーノ監督の「イングロリアス・バスターズ」が作品賞と監督賞を含む8部門でノミネート。ジョージ・クルーニー主演の「マイレージ・マイライフ」とニューヨークのハーレムを舞台にしたドラマ作品「プレシャス」が、それぞれ6部門で候補に選ばれている。
 今年の米アカデミー賞では、作品賞のノミネートがこれまでの5作品から10作品に増え、作品賞にノミネートされたことが少ないアニメーション映画やSF映画も候補入り。ディズニーの「カールじいさんの空飛ぶ家」と、南アフリカを舞台にした「第9地区」がノミネートされた。
 授賞式は、3月7日にロサンゼルスで開催される。

|

« ■渡辺夏菜の趣味は モダンバレエ | トップページ | ■夏菜「この作品だったら喜んで脱ぎたい」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/47466070

この記事へのトラックバック一覧です: ■米アカデミー賞候補発表、「アバター」「ハート・ロッカー」が最多9部門に:

« ■渡辺夏菜の趣味は モダンバレエ | トップページ | ■夏菜「この作品だったら喜んで脱ぎたい」 »