« ■井上雄彦氏『バガボンド』の2010年内完結を宣言 | トップページ | ■マリリン・マンソン、『レスラー』のエヴァン・レイチェル・ウッドと婚約 »

2010.01.08

■「やせ形で糖尿病」リスク遺伝子発見

 太っていない人が糖尿病を発症しやすくなる遺伝子変異を、徳永勝士・東京大教授らのグループが発見した。
 患者と健康な人あわせて計3268人の遺伝子を分析した結果、この変異を持つ人は変異のない人に比べ、糖尿病になる危険性が1・75倍に上昇。特に肥満でない人に限ると、危険性が2・51倍に跳ね上がっていた。糖尿病につながる遺伝子は数多く見つかっているが、非肥満型のリスク遺伝子は初めて。米人類遺伝学会誌に8日、発表する。
 この遺伝子はKCNJ15と呼ばれ、膵臓(すいぞう)の細胞でインスリンの分泌を抑えるたんぱく質を作り出す。インスリンの分泌が減ると、筋肉や脂肪の細胞が血液中の糖分を取り込まなくなるので、太りにくい反面、糖尿病になりやすくなる。新たに見つかった変異は、この遺伝子の働きを過剰に高めるため、インスリンが不足し、やせ形で発症する危険を高めるとみられている。
 欧州の糖尿病患者には肥満が多いのに対して、日本を含むアジア各国では、肥満でない人の発症が多い。

|

« ■井上雄彦氏『バガボンド』の2010年内完結を宣言 | トップページ | ■マリリン・マンソン、『レスラー』のエヴァン・レイチェル・ウッドと婚約 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/47234582

この記事へのトラックバック一覧です: ■「やせ形で糖尿病」リスク遺伝子発見:

« ■井上雄彦氏『バガボンド』の2010年内完結を宣言 | トップページ | ■マリリン・マンソン、『レスラー』のエヴァン・レイチェル・ウッドと婚約 »