« ■初代iPhone3Gでビデオ撮影、ネット公開 | トップページ | ■作家・上西晴治、死去 »

2010.01.12

■エリック・ロメール監督、死去

 「クレールの膝」「緑の光線」などで知られ、「ヌーベルバーグ(新しい波)」の中心的人物の一人だったフランスの映画監督、エリック・ロメール(本名ジャンマリー・モーリス・シュレール)が2010年1月11日、死去した。89歳。死因は明らかにされていないが、1週間ほど前から入院していた。
 フランス生まれ。教師をへて、映画評論誌「カイエ・デュ・シネマ」編集長を務め、59年「獅子座」を初監督。ジャンリュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォー両監督らとともに、即興演出などの手法を駆使したヌーベルバーグの中心的存在として作品を撮り続けた。
 60~70年代に「モード家の一夜」(69年)、「クレールの膝」(70年)など、「六つの教訓話」シリーズを発表。76年の文芸映画「O侯爵夫人」でカンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した。
 80年代に入ると、「飛行士の妻」(81年)、「海辺のポーリーヌ」(83年)などを含む「喜劇と格言劇」シリーズを監督。この中の「緑の光線」(86年)でベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した。
 開放的なエロチシズムとユーモアに満ちた軽快で繊細なタッチで、男女の愛を描き出した。07年の「我が至上の愛 アストラとセラドン」が最後の長編作品となった。

|

« ■初代iPhone3Gでビデオ撮影、ネット公開 | トップページ | ■作家・上西晴治、死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/47272801

この記事へのトラックバック一覧です: ■エリック・ロメール監督、死去:

« ■初代iPhone3Gでビデオ撮影、ネット公開 | トップページ | ■作家・上西晴治、死去 »