« ■「キャピタリズム〜マネーは踊る〜」マイケル・ムーア監督の限界 | トップページ | ■モニカ・ベルッチ、第2子を妊娠 »

2010.01.17

■投手・小林繁さん57歳で急逝

 1970-80年代に巨人、阪神でエース格の投手として活躍した現日本ハム1軍投手コーチの小林繁さんが17日、57歳で急逝した。重心が低い独特の右サイドスローのフォームと、気迫あふれる投球でファンを魅了した「背番号19」が、突然、この世を去った。
 小林さんは、全大丸から72年オフに巨人に入団。スリムな体から投げ込むキレの良い変化球が川上哲治監督(当時)の目を引き、74年には8勝を挙げて頭角を現した。
 長嶋茂雄監督の就任2年目となる76年には、チーム最多の18勝(8敗)を挙げて、リーグ優勝に貢献。胴上げ投手にもなった。77年にも18勝7セーブ(8敗)と活躍し、最初の沢村賞を獲得した。
 小林さんの野球人生に大きな転機が訪れたのは、79年1月31日。いわゆる「空白の一日」騒動で、江川卓投手の交渉権を得た阪神は、トレードの交換相手として小林さんを指名し、小林さんは春季キャンプに出発直前に、羽田空港から球団に連れ戻され、トレード通告を受けた。小林さんは「野球が好きだから阪神に行く」と話し、「同情はされたくない」と言い切った。潔い姿は野球ファンの大きな共感を呼び、人気は高まった。
 移籍1年目の79年シーズンは自己最多となる22勝(9敗)を挙げて、初の最多勝利投手となるとともに2度目の沢村賞を獲得。特に因縁の巨人に対しては無傷の8勝と圧倒的な強さを見せた。当時、同僚だった阪神・真弓明信監督は「(巨人戦は)ムキになっていた。後ろから見ていても『絶対勝つ』という気で投げていると感じた」と振り返る。
 その後も毎年2けた勝利を続けたが、13勝14敗1セーブに終わった83年10月、突如として現役引退を表明。「気力がなくなった。引き際を大切にしたい」と31歳の若さでユニホームを脱いだ。通算成績139勝95敗17セーブ、実働11年の短さだったが、記録以上にファンの記憶に残った。
 引退後は野球評論家を経て、97年〜2001年には近鉄(現オリックス)で投手コーチを務めて01年のリーグ優勝に貢献。梨田昌孝監督(現日本ハム監督)、当時の打撃コーチ・真弓監督とともに「男前三人衆」としても話題になった。01年に近鉄のユニホームを脱いだ後は、事業に失敗して自己破産も経験したが、昨年、盟友の梨田監督のもと日本ハムの2軍投手コーチに就任。今季は1軍投手コーチとなったばかりだった。また07年には日本酒のテレビCMで江川さんと共演し、話題を呼んだ。

|

« ■「キャピタリズム〜マネーは踊る〜」マイケル・ムーア監督の限界 | トップページ | ■モニカ・ベルッチ、第2子を妊娠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/47323360

この記事へのトラックバック一覧です: ■投手・小林繁さん57歳で急逝:

» きゃ〜♪  見つけたっ♪  こんなの探してたんです [自由人への道で独立開業]
スタートは、『月に少しでも稼げればっ!』って感じだったんです。まさか、こぉ〜んな ≪月収≫ になるなんて! \(☆^〇^☆)/ [続きを読む]

受信: 2010.01.25 14:20

» 交渉 テクニック [交渉 テクニック]
交渉 テクニックについての情報です。 [続きを読む]

受信: 2010.01.28 00:35

« ■「キャピタリズム〜マネーは踊る〜」マイケル・ムーア監督の限界 | トップページ | ■モニカ・ベルッチ、第2子を妊娠 »