« ■アニメ「けいおん!」 第14話 「ライブハウス!」新しいドアを開く | トップページ | ■山田洋次監督「おとうと」がベルリン国際映画祭で大トリ »

2010.01.19

■ 3D映画についての勉強不足を反省!

 3D映画の上映方式は、4つあることを、今頃になって知った。とほほ。札幌のシネマフロンティアは、XpanD方式。大きなスクリーンで観ることができるものの、画面が暗くて、眼鏡が重い。たしかに、そうだった。なんと、「アバター」は、画面が明るいIMAX3D上映を前提に撮影されていたのだ。くやしいなあ。IMAX3D方式で、「アバター」みたいなあ。

このサイトで、目からウロコが落ちました。
http://itsa.blog.so-net.ne.jp/2010-01-15#

|

« ■アニメ「けいおん!」 第14話 「ライブハウス!」新しいドアを開く | トップページ | ■山田洋次監督「おとうと」がベルリン国際映画祭で大トリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/47338586

この記事へのトラックバック一覧です: ■ 3D映画についての勉強不足を反省!:

« ■アニメ「けいおん!」 第14話 「ライブハウス!」新しいドアを開く | トップページ | ■山田洋次監督「おとうと」がベルリン国際映画祭で大トリ »