« ■キングラン アニソン紅白2009 | トップページ | ■「千夜千幕」再開、251は「ブルー」 »

2010.01.03

■3D劇場映画・初体験記

 2010年1月3日、初めて3D劇場映画を観た。夕張映画祭などで例の赤青眼鏡の立体映画は観ているが、本格的な3D眼鏡は、初体験。最初は、眼鏡の存在がいやに気になる。
 確かに、遠近感がはっきりして臨場感がある。目の前に、ものがやってくる感覚も驚き。ただし、大きなスクリーンか前の方の席でないと、スクリーン以外が気になって、映画に入り込めないかもしれない。
 3時間、3D眼鏡をかけて観ていたが、普段よりも目が疲れたことは間違いない。予想ほどではなかったが、やはり目には負担なのだろう。
 レンズに色がついているのには驚いた。ほかで読んだ記憶がない。色付きサングラス状態なので、肝心の色がくすんで見える。映像の美しさが売りの映画にとって、これはマイナスではないか。
 初体験だったので、3D表現に、ははあーっ!!と感嘆してしまい、肝心の作品の世界に夢中になれなかった。

|

« ■キングラン アニソン紅白2009 | トップページ | ■「千夜千幕」再開、251は「ブルー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/47194849

この記事へのトラックバック一覧です: ■3D劇場映画・初体験記:

« ■キングラン アニソン紅白2009 | トップページ | ■「千夜千幕」再開、251は「ブルー」 »