« ■火星の隕石やはり生命痕 | トップページ | ■ダマー映画祭 in ヒロシマ、11日開催 »

2009.12.02

■日本画の第一人者、平山郁夫氏死去

 シルクロードを描き続けた日本画家で、国際的な文化財保護に尽力した文化勲章受章者、平山郁夫(ひらやま・いくお)氏が2日、亡くなった。79歳。
 広島県の生口島に生まれ、勤労動員先で原爆に遭った。1947年、東京美術学校(現東京芸大)日本画科予科に入学。卒業時に同科の副手に選ばれ、前田青邨(せいそん)に師事した。
 53年、院展初入選。原爆の後遺症に苦しみながら、仏典をインドから中国に持ち帰った唐僧・玄奘を描いた59年の「仏教伝来」が高く評価され、シルクロードを舞台にした「仏伝シリーズ」で着実に評価を高めた。
 砂漠や高地を旅し、平和への祈りを叙情的な画面に託した作品群は、70年代のシルクロードブームもあって幅広い人気を獲得した。
 北朝鮮、アフガニスタンのバーミヤンなど、仏教遺跡をはじめとする保護運動にも取り組み、保存修復のための「国際文化財赤十字運動」を提唱。88年にユネスコ親善大使に任命されたほか、国際会議や学術調査に私財を投じて奔走した。

|

« ■火星の隕石やはり生命痕 | トップページ | ■ダマー映画祭 in ヒロシマ、11日開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/46917365

この記事へのトラックバック一覧です: ■日本画の第一人者、平山郁夫氏死去:

« ■火星の隕石やはり生命痕 | トップページ | ■ダマー映画祭 in ヒロシマ、11日開催 »