« ■筒井康隆の「七瀬ふたたび」が芦名星主演で初映画化決定 | トップページ | ■宇宙の「暗黒物質」検出か »

2009.12.11

■「バクマン。」2010年秋アニメ化

 「デスノート」の大場つぐみさん原作、小畑健さん画で、プロのマンガ家を目指す少年たちを描いたマンガ「バクマン。」(集英社)が10年秋、NHK教育でテレビアニメ化されることが明らかになった。全25話での予定。 
 「バクマン。」は、大場さんと小畑さんが「週刊少年ジャンプ」で連載、コミックス1~5巻が発売されている。尊敬するマンガ家の叔父が、不遇のうちに急死した中学生の真城最高が、クラスメートの高木秋人から「一緒にマンガを描こう」と声をかけれる。その後、あこがれの美少女・亜豆美保が声優を目指していることを知り、最高は自分のマンガをアニメ化して、亜豆を主演させることを目標にし、亜豆にプロポーズしてしまい、秋人とともにマンガ家を目指すことになる……というストーリー。
 監督は「ハチミツとクローバー」などのカサヰケンイチさんと、秋田谷典昭さん、シリーズ構成は「けいおん!」の吉田玲子さん、アニメ制作は「J.C.スタッフ」。

|

« ■筒井康隆の「七瀬ふたたび」が芦名星主演で初映画化決定 | トップページ | ■宇宙の「暗黒物質」検出か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/46994369

この記事へのトラックバック一覧です: ■「バクマン。」2010年秋アニメ化:

« ■筒井康隆の「七瀬ふたたび」が芦名星主演で初映画化決定 | トップページ | ■宇宙の「暗黒物質」検出か »