« ■コミック「銀魂」がついに劇場映画化 | トップページ | ■源氏物語、幻の続編「巣守帖」か »

2009.11.02

■『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』上映延長決定

 6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の日本での上映延長が決まった。
 本作は当初2週間の期間限定上映が前提だった。しかし、10月28日(水)19時より全国324館で公開をスタートし、10月31日(土)までの4日間で、全国興行収入6億4663万6400円、動員50万9251人を記録する大ヒットとなった。
 これを受け配給元のソニー・ピクチャーズ エンタテインメントと本作品の主興行社である松竹株式会社との間で緊急の話し合いが持たれ、2週間を限定としていた上映期間を見直して、延長可能な劇場においては、さらに追加2週間の上映期間延長を行なうことを決定。現在公開中の全国324館のうち、およそ7割の劇場が上映期間を11月27日(金)まで延長する。
 全米では1日で744万ドル(6億6千9百万円)を稼ぎ出し、28日のボックスオフィス1位の座を獲得した『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』は日本も例外ではなく、前売券の販売枚数も最終的に24万枚に迫る異例の売れ行きを示した。
 さらにこの土日にもその興行を延ばし、上映映画館はどの回も軒並みチケットは売り切れ。配給元ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの発表によると、東京・新宿ピカデリーでは10月31日(土)に同館の動員記録である『崖の上のポニョ』を500名近く上回る4,023名を記録した。
 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント映画部門日本代表・佐野哲章氏は、「『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』は、おかげさまで幅広いお客様から高い支持を得ております。この偉大なスーパースターの素晴らしさを封じ込めたような傑作を一人でも多くの方々にご覧いただくには、やはり期間延長が必要であると、米国本社と交渉した結果、2週間の上映延長が許可され、松竹の合意を得て実現できました」とコメントしている。
 映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』は評論家だけでなく実際に鑑賞した人たちからも賞賛の声が上がっており、マイケルのエンターテインメントに対する厳しい姿勢や、逆にスタッフに対する思いやりのあるやさしい人柄が、観る人の胸に深く刻み込まれると同時に全編を通してマイケルのヒットナンバーがテンポよく挟み込まれ映像作品としても傑作となっている。

|

« ■コミック「銀魂」がついに劇場映画化 | トップページ | ■源氏物語、幻の続編「巣守帖」か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/46652365

この記事へのトラックバック一覧です: ■『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』上映延長決定:

« ■コミック「銀魂」がついに劇場映画化 | トップページ | ■源氏物語、幻の続編「巣守帖」か »