« ■アップル、App Storeの登録アプリケーション数が10万本を突破 | トップページ | ■松井秀、Wシリーズタイ記録の6打点記録 »

2009.11.05

■「痛風」の原因遺伝子発見

 痛風の主要な原因遺伝子を、防衛医大や東大など11大学・機関の共同研究チームが世界で初めて突き止めた。
 この遺伝子の変異によって最大で26倍発症しやすくなるという。5日付の米科学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディスン」電子版に発表する。
 松尾洋孝・防衛医大助教と高田龍平・東大病院助教らは、腎臓や小腸で体外へ毒物を排出するポンプとして働く「ABCG2」というたんぱく質に着目。患者と健康な人計1093人について、ABCG2を作る遺伝子の配列を比較した。
 その結果、ポンプをつくれない遺伝子変異や、ポンプの数が半分にしかならない遺伝子変異が、患者の8割で見つかった。変異遺伝子を両親から受け継いだ場合は最大26倍、どちらか一方だけを受け継いだ場合は3~4倍、痛風を発症しやすくなることもわかった。松尾助教は「効果的な予防や治療に役立つだろう」と話している。

|

« ■アップル、App Storeの登録アプリケーション数が10万本を突破 | トップページ | ■松井秀、Wシリーズタイ記録の6打点記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/46680060

この記事へのトラックバック一覧です: ■「痛風」の原因遺伝子発見:

« ■アップル、App Storeの登録アプリケーション数が10万本を突破 | トップページ | ■松井秀、Wシリーズタイ記録の6打点記録 »