« ■「逆回り」の太陽系外惑星発見 | トップページ | ■「痛風」の原因遺伝子発見 »

2009.11.05

■アップル、App Storeの登録アプリケーション数が10万本を突破

 Appleの「App Store」の登録アプリケーション数が10万本を超え、いまや同社は世界最大のアプリケーションの小売業者として成長を遂げるに至った。
 App Storeは2008年7月に立ち上げられ、リリース当初の登録アプリケーション数は500本に過ぎなかった。現在、App Storeは世界77カ国で提供されており、Appleは米国時間11月4日、累積ダウンロード件数が優に20億を超えていることを明らかにした。
 App Storeで提供されているアプリケーションは、「iPhone」および「iPod touch」で動作する。
 Appleは、9月にiPod touchの最新モデルを発表した時、ソニーの「PSP」や任天堂の「ニンテンドーDS」よりも優れたゲームプラットフォームに位置づけていた。Appleは、対抗プラットフォームのゲームはあまりにも高額で、満足できるセレクションをそろえていないと述べた。その当時、AppleはApp Store上に2万1000を超えるゲームタイトルをそろえていたのに対して、任天堂は3600タイトル、ソニーは600タイトルとなっていた。

|

« ■「逆回り」の太陽系外惑星発見 | トップページ | ■「痛風」の原因遺伝子発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/46679788

この記事へのトラックバック一覧です: ■アップル、App Storeの登録アプリケーション数が10万本を突破:

« ■「逆回り」の太陽系外惑星発見 | トップページ | ■「痛風」の原因遺伝子発見 »