« ■松田優作がハードボイルドカップめんに | トップページ | ■SAPPORO ショートフェスト2009スタート »

2009.10.16

■ヨーグルト摂取でインフルエンザに効果

 乳酸菌「1073R-1」を使ったヨーグルトを摂取すると、ウイルス感染した細胞を攻撃するナチュラルキラー(NK)細胞の働きを活発にし、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることが15日、東京都内で開かれたセミナーで報告された。北里大などによるマウス実験の結果で、このヨーグルトを食べると風邪をひく危険性も半減したという。
 研究チームは、1073R-1のヨーグルトをマウスに4週間与えたところ、NK細胞の働きがより活発になった。この乳酸菌が作る多糖体(EPS)を3週間与えても同様だった。ヨーグルトやEPSを食べさせたマウスにインフルエンザウイルスを感染させたところ、感染力のある肺の中のウイルス量が減った。さらに山形と佐賀県内の60歳以上の72人に、このヨーグルトを8週間と12週間食べてもらい、食べなかった70人と比べたところ食べた人は風邪をひく危険性が半減した。北里大の山田陽城教授は「乳酸菌も粘膜免疫系などの活性化に働くなどして健康維持にかかわると推定される」と指摘した。

|

« ■松田優作がハードボイルドカップめんに | トップページ | ■SAPPORO ショートフェスト2009スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/46498649

この記事へのトラックバック一覧です: ■ヨーグルト摂取でインフルエンザに効果:

» 「ヨーグルト」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「ヨーグルト」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「ヨーグルト」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2009.10.16 21:04

« ■松田優作がハードボイルドカップめんに | トップページ | ■SAPPORO ショートフェスト2009スタート »