« ■南田 洋子の映画出演 | トップページ | ■オタマジャクシ 尾は免疫拒絶で消える »

2009.10.21

■アスベスト吸入、肺にラジウム蓄積がん化

 アスベスト(石綿)吸入による中皮腫や喫煙などによる肺がんが起こる仕組みを、岡山大の中村栄三・地球物質科学研究センター長らの研究チームが解明した。石綿やたばこ、粉じんに含まれる鉄が肺に入ると、鉄を含む「フェリチン」というたんぱく質が形成される。フェリチンは大気中などにある放射性物質ラジウムを集めて蓄積させ、がんを引き起こすという。28日付の日本学士院発行の自然科学系英文学術誌に論文が掲載される。
 これまで石綿を吸入すると肺にフェリチンが形成されることが知られていた。研究チームは形成過程を突き止めるため、中皮腫や肺がん患者の手術後の肺切片を詳しく調べた。
 すると、6人の中皮腫患者のフェリチンからバリウム、鉛、カドミウムなどの重金属が検出された。中でもラジウムは海水中の100万~1000万倍に相当する高濃度だった。肺がん患者6人でも同様の傾向がみられた。
 研究チームは、高濃度のラジウムが出す放射線で強力な内部被ばくが起き、肺組織の遺伝子を損傷させてがんを発生させると結論付けた。研究チームの岡部和倫(かずのり)・国立病院機構山口宇部医療センター呼吸器外科医長は「肺のラジウム蓄積量を調べる技術や、肺のフェリチンを溶かす薬剤を開発できれば、早期診断や治療につながる」と話している。

|

« ■南田 洋子の映画出演 | トップページ | ■オタマジャクシ 尾は免疫拒絶で消える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/46544141

この記事へのトラックバック一覧です: ■アスベスト吸入、肺にラジウム蓄積がん化:

» 肺がんの豆知識 [肺がんの豆知識]
肺がんについての情報サイトです。 よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2009.10.22 11:09

« ■南田 洋子の映画出演 | トップページ | ■オタマジャクシ 尾は免疫拒絶で消える »