« ■男性向けグラビア誌『sabra』、2010年1月25日発売号で休刊 | トップページ | ■楳図かずお、初のドキュメンタリー »

2009.10.19

■実験室で模擬ブラックホール

 高出力のレーザーを使い、ブラックホール周辺で観測されている現象を実験室で発生させることに、大阪大と中国、韓国の国際共同研究チームが成功した。天文学の新たな研究手段として活用できるという。英科学誌ネイチャー・フィジックスの電子版で19日、発表した。
 阪大レーザーエネルギー学研究センターの藤岡慎介助教は「ブラックホール周辺の環境を地上につくり出すことができた。高出力レーザーを使うことで、将来はブラックホールそのものをつくれる可能性が出てきた」と話している。
 実験は阪大の大型レーザー「激光XII号」で実施。直径約2メートルの真空状態の容器の中で、直径0.5ミリのプラスチックに高出力のレーザーを照射し圧縮、ブラックホール周辺で観測される「光電離プラズマ」を発生させた。ここから放射されたX線は、天体観測で得たデータに近いという。

|

« ■男性向けグラビア誌『sabra』、2010年1月25日発売号で休刊 | トップページ | ■楳図かずお、初のドキュメンタリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/46527651

この記事へのトラックバック一覧です: ■実験室で模擬ブラックホール:

« ■男性向けグラビア誌『sabra』、2010年1月25日発売号で休刊 | トップページ | ■楳図かずお、初のドキュメンタリー »