« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.30

■感謝!!PCからのアクセス100万突破

 PCからの「銀河ブログ」アクセスが、30日午後4時40分に100万を突破しました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三遊亭円楽、死去

 演芸番組「笑点」の司会などで知られた落語家の三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名・吉河寛海=よしかわ・ひろうみ)さんが、29日午前8時15分、肺がんで亡くなった。76歳だった。
 東京都台東区の寺に生まれ、1955年に六代目三遊亭円生に入門。全生を名乗り、58年に二つ目、62年の真打ち昇進と共に五代目三遊亭円楽を襲名した。
 端正な顔立ちと博識で人気を得、60年代の演芸ブームでは立川談志、古今亭志ん朝、橘家円蔵と「寄席四天王」と呼ばれた。78年に円生とともに落語協会を脱退、翌年の円生の死後も一門を率い、円楽一門会の名で活動を続けた。
 テレビ番組に積極的に出演し、「笑点」は初回から参加。いったん落語に専念するが、82年に司会者となり、2006年5月に勇退するまで、老舗番組の看板として活躍した。
 晩年は、腎不全、脳こうそく、胃がんなどの病気と戦い、07年には落語家を引退。その後も一門会の座談に出演するなど、ときおり公の場に姿を見せていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■南田洋子さん通夜

200910291
 21日に亡くなった女優・南田洋子さんの通夜が29日、東京・芝公園の増上寺で営まれ、多くの弔問客が南田さんとの別れを惜しんだ。夫で俳優の長門裕之は出演舞台を終えてから駆けつけ、久しぶりに愛妻と対面、南田さんへ優しく言葉を語りかけたという。また長門の実弟で俳優の津川雅彦が報道陣のインタビューに応じ「洋子姉さんは有終の美を飾ったと思う。兄嫁として感動しました。心からいってらっしゃい」と偲び、長門に対して「慰めてあげないとね。女性が先に死ぬと男性も早いっていうから。兄貴にも逝かれちゃあね」と神妙な面持ちで語った。
 津川は「僕は南田さんの代わりはできない。所詮、弟だから」と唇をかみしめ、「4年間介護、といっても本人は認知症だったからね。でも、認知症になると自然体になってかわいいんだよね。夫婦っていつかは下降線に入るものだけど、介護になると手塩になる。(長門が)一緒に死にたいと思うくらい気が入ってたと思う」と天を見上げた。
 くも膜下出血で倒れ、入院間もなく息を引き取った南田さん。津川は「ある意味、兄貴への愛情だったと思う。世話掛けずスッと逝ってあげたいという洋子さんの想い」と目を細め「うちの親父の面倒もみてくれたし、兄嫁としてしっかり務めてくれた。死んで良かったと思わせない。75歳にして妻を悲しむ兄貴を見てると、いい夫婦だったんだなと思う」とうなずきながら南田さんへの感謝を口にした。
 その一方、長門の現在の様子について聞かれると「兄貴が心配です」と急に厳しい顔つきに。睡眠薬を服用している状態だと明かし「役者夫婦が支えあって、介護して、そして片一方を失った。けど、役者って明日はない。今日の成果が明日につながる。役者としてもう一花咲かせたいというのが、僕の目標です」と憔悴しきった兄のサポートを約束。長門本人はこの日、取材に応じることはなかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.10.28

■新『時をかける少女』は仲里依紗がヒロインに

 筒井康隆の小説で、発表から45年の間、さまざまなアレンジをされて、いく度となく映像化されていた「時をかける少女」が仲里依紗を主演に迎え、新たな物語として映画化されたことがわかった。
 本作のヒロインは、原作の主人公・芳山和子の一人娘、芳山あかり。2010年に生きる彼女が、入院中の母に代わって、1970年代にタイム・リープし、昏睡状態に陥った母の初恋の人・深町一夫に出会う。そして、次第に若き日の母と、幼いころに別れたきりの父との意外な青春時代も明かされていく中で、深町探しに協力する大学生・涼太との微妙な関係にも変化が訪れはじめる。
 この芳山あかりを演じるのは、『純喫茶磯辺』『パンドラの匣』などで注目を浴び、『サマーウォーズ』で声優を務めた仲里依紗。アニメ『時をかける少女』でも主人公の声を務めた仲が実写でも主人公を演じることになった。また、気になる存在の大学生・涼太には『ROOKIES』の中尾明慶が、そして安田成美が母・芳山和子を演じている。監督は本編が長編映画初監督作となる谷口正晃。本編はすでに完成しており、その内容からは最新VFX技術によりタイム・リープや70年代の街並みが再現され、繊細かつ確かな演出力を発揮していることがうかがい知れる。
 あかりを等身大で演じることになった仲は「アニメ版『時をかける少女』の主人公の声を演じ、素晴らしい作品に出会うことができたとうれしく思っていました。今度は、声だけでなく、自分自身がスクリーンに映ることができることになり、『時をかける少女』というブランドを背負うことができるのか、すごく不安でした」と当初はその歴史ある看板を背負うことにプレッシャーを感じていたことを明かした。しかし、そのプレッシャーは原動力にもなったらしく、「一生懸命、時をかけました。歴代の『時をかける少女』のファンの方もまた新たに楽しめる作品になったと思います。ぜひたくさんの方に観ていただきたいです」と完成品は満足のいくできになっていることを明かした。
 また、長編初挑戦になる谷口監督も同様に重いプレッシャーを感じつつも、「世代を超えたたくさんのファンに愛し続けられている作品なので、恐れ多い仕事に取り組む責任を感じていました。そしてタイム・リープが題材という、リアリズムだけでは押せない物語とどのように向き合っていくか、という不安もありました。でも、作品の核として大切なのは、芳山あかりが18歳の春に体験した、かけがえのない数日間をどれだけ瑞々しく描ききるかにあるとわかった瞬間、体当たりでぶつかっていこうと思いました」と製作の途中で開眼したことを明かした。
 映画『時をかける少女』は、2010年3月ヒューマントラストシネマ渋谷、シネカノン有楽町1丁目ほか全国公開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■社会評論家・室伏哲郎さん、死去

 政治、社会、美術など幅広い分野で言論活動を展開した社会評論家の室伏哲郎(むろぶし・てつろう)さんが26日午前1時半、急性肺炎のため神奈川県藤沢市片瀬山5の5の4の自宅で死去した。78歳。葬儀は近親者で済ませた。後日お別れの会を開く。喪主は妻くるみさん。
 神奈川県生まれ。東京大学を中退後、雑誌記者・編集者に。1960年代に「構造汚職」という言葉を作り、政官が癒着して利権を生み出すシステムを批判。80年代には「一票一揆」という言葉を掲げ、選挙権を行使して政治的変革を実現しようと呼びかけた。
 また、若者向けの美術雑誌を発行したり、カジノ合法化を訴える「日本カジノ学会」の理事長を務めたりした。「汚職の構造」など、多数の著書がある。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■酒井法子、通信制で介護の専門学校に入学へ

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された女優酒井法子被告(38)の初公判から一夜明けた27日、酒井被告が介護福祉士の資格取得に向けて年内にも通信制の専門学校に入学する準備に入ったことが分かった。法廷で「介護を学びたい」と述べていた。ただ、「情状酌量を得るための法廷対策」との指摘もある。
 26日の初公判に情状証人として出廷した前所属事務所「サンミュージック」の相澤正久副社長(60)は一夜明け、酒井被告について「数校候補が挙がっている。近く願書を出すみたいです」と明かした。学費は酒井被告自身が出すという。
 介護福祉士の国家資格を取得するには、(1)厚生労働省が指定した専門学校などの養成施設を卒業するか、(2)介護実務を3年以上経験した上で国家試験に合格するか――のいずれか。酒井被告は双方とも視野に入れ、まずは在宅で介護福祉法など必要な知識を学ぶ予定。
 法改正により、2012年からは国家試験に合格しないと資格を取得できなくなる上、資格を得るには一般的に3年以上かかるとされる。このため、酒井被告は法改正前に「本気で学ぶ」と近い関係者に話しているという。先月末に肺がんの手術を受けて療養中とされる継母(62)のケアが目的のようだが「必死に取り組む姿を子供に見せたいようだ。“息子に胸を張って生きていきたい”と言っていた」(同関係者)。
 前日26日の初公判でも「介護を自分の仕事にしていきたい」と述べた。ただ、更生を含めた今後の青写真を「介護」という形で具体的に示したことには、「裁判官への心証を良くするための法廷戦略では?」との見方もある。先に開かれた初公判で「今後はサーフィンをやりたい」と述べた高相被告とは、明らかに違っていた。
 反応はさまざまで、日本介護福祉士会(東京都港区)は「両親が体を悪くされて介護(の資格)を取ろうとされるケースは多々あります。介護は人材確保が困難な状況ですし、介護をしっかり頑張りたいという言葉は励みになります」と歓迎ムード。酒井被告の本気度次第では“広告塔”にもなりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.27

■中山美穂、映画『サヨナライツカ』完成報告

091027miho
 女優・中山美穂が27日、都内で12年ぶりに主演した映画『サヨナライツカ』の完成報告会見に出席した。同作が本格的な女優業への復帰作となる中山は24日に帰国。ここ数年は表舞台に姿を見せていなかったこともあり、報道陣も多数集結。11時過ぎに始まった会見場に中山が立ち入るやいなや、シャッター音が鳴り響き「今、カメラのフラッシュを浴びるのがすごく久しぶりに思いました」とまぶしさに目を細めながら笑顔をみせた。
 中山の第一声は「こんにちは、『サヨナライツカ』で真中沓子を演じた中山美穂です。今回はたくさんの想いを込めて演じました。こうやって完成を発表できることを嬉しく思っています」。12年前の映画『東京日和』以来となる公式記者会見に「とても緊張しています」という中山の声は、少し震えていているようにも聞こえた。
 2002年6月に今回の映画の原作者で小説・音楽・映画と幅広く活動する辻仁成と結婚した中山は、同年の10月クールのドラマ『ホーム&アウェイ』(フジテレビ系)の出演を最後に芸能活動を一旦休止し、フランス・パリへ移住。2004年1月に長男を出産した。
 中山は「子供を授かってから多少、世界との関わり方が変わって来たように感じています。生きていること自体が世界と関わっていると思えるようになった」と母親の顔ものぞかせ「この映画を通して、男女に限らず、大切な人、家族を愛する、愛というものをとても大きく感じることができました」と作品に対する想いを話した。
 パリに移住してから7年間、表舞台から遠ざかっていたブランクにも臆することなく同作に挑んだのは「沓子のような自由奔放な役をやりたいと思いました」と、役柄に対する強い「憧れ」を強調。沓子を演じるにあたり「演じることはわかりやすく伝える役割もありますが、ミステリアスな役をそのまま演じるのはつまらない。本番中のリアルな感情をうまく生かせてもらえたらいいなと思いました」と話した。
 同作は夫・辻による同名小説を原作に、韓国映画『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督が脚本も手がけた。互いに魅かれ合いながらも、結婚という形では成就しなかった恋。それでも、女は“愛すること”こそが本当の“愛”だと信じて、男を愛し続ける。そんな男女が25年の時を経て、運命の再会を果たすという、“一生もの”の愛を描いた切なさあふれるラブストーリー。
 会見にはイ・ジェハン監督、共演の西島秀俊、石田ゆり子も出席。西島は「13キロも体重を増やしたのに、そのシーンは使われなかった」など、注文の多いジェハン監督との撮影が肉体的にも精神的にもハードだったことを明かすと、中山は「私には大きな注文はなかったので、ちょっと嫉妬しました」などと笑顔でジェハン監督の仕事ぶりを称え、「スケール間のある壮大なラブストーリーになりました。恋人、家族、大切な人と愛について語れるきっかけになるんじゃないかな」と作品の出来栄えに自信をのぞかせた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.10.26

■酒井法子被告、初公判で起訴内容認める

20091026
 「高相法子です。無職です」。覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された女優、酒井法子被告(38)の初公判が26日午後1時半、東京地裁(村山浩昭裁判官)で始まった。
 酒井被告は上下黒のスーツ姿で入廷した。裁判長から名前を尋ねられた酒井被告は「高相法子です」と通る声で答え、職業については「無職です」と述べた。起訴内容については「間違いありません」と全面的に認めた。
 起訴状によると、酒井被告は7月30日に家族で訪れた鹿児島・奄美大島のホテル客室で覚醒剤を吸引、8月3日には東京都港区南青山の自宅マンションで、覚醒剤0・008グラムを所持したとされる。
 同法違反の罪に問われた夫の高相(たかそう)祐一被告(41)は21日の初公判で「覚醒剤を(酒井被告の)自宅に置いておくと、法子が隠れて使ってしまう。たくさん使ったら危険だと思った」と常習性を示す証言を行った。
 また、捜査関係者によると、酒井被告は捜査段階で「東京に帰る直前の7月30日に奄美大島のホテルで覚醒剤を吸った」と使用を認めており、高相被告の逮捕後に逃走した理由については「夫の逮捕4日前に自分も使っていたので、危ないと思って逃げた」と供述している。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■「伊佐坂先生」声優の岩田安生氏が死去

 俳優・岩田安生氏(いわた・やすお)が24日、肺がんのため死去、67歳。通夜は26日午後6時、葬儀・告別式は27日午前11時、東京都武蔵野市緑町1の6の7、源正寺太子堂で。喪主は妻、廸子(みちこ)さん。
 俳優のほか、アニメ「サザエさん」の伊佐坂先生役など声優としても活躍した。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009.10.25

■コミック「GANTZ」27巻 世界終了へ

 あいかわらず、すさまじい迫力のバトル。玄野たちは、からくもイタリア編の惨劇を生き残ったものの、唐突に世界は終了する。28巻から、いよいよ、最終章が始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.23

■『GANTZ』実写映画化決定!

 『GANTZ』の実写映画化が決定した。2011年全国東宝系ロードショー。前後編2部作の予定。主人公・玄野計役を演じるのはアイドルグループ「嵐」の二宮和也。そして、もうひとりの主役である加藤勝役は「デスノート」「銭ゲバ」などへの出演で知られる松山ケンイチが演じる。監督は、今年公開の映画「ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~」を手がけた佐藤信介。CGプロダクションは「アップルシード」「サマーウォーズ」などに携わるデジタル・フロンティアが担当する。

http://yj.shueisha.co.jp/gantzspecial/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■『スター・ウォーズ』新たな三部作を3Dで作る?

 ジョージ・ルーカスの『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード7、8、9が製作されるかもしれない。しかも3Dでだ。
 事の発端は、Marketsawというサイトで「信頼できる筋」が語ったとされる、スティーヴン・スピルバーグとフランシス・フォード・コッポラが『スター・ウォーズ』の新たな3部作に着手する話が持ち上がっているという内容の記事だ。
 この記事によると、理由は20世紀フォックスが配給する超大作『アバター』(12月18日公開)にルーカスが嫉妬しているというのだ。かつてフォックスのドル箱だった『スター・ウォーズ』が、『アバター』がヒットすることによってスミに追いやられてしまうのではないかとルーカスは日夜気をもんでいるとのこと。『アバター』は最新の技術で製作された3D映画。『スター・ウォーズ』が完全に過去のものにならないよう、3Dで新たなエピソードを画策中だとその「信頼できる筋」は語っているらしい。
 ルーカスは、映画『スター・ウォーズ』シリーズを当初9部作にしたいと希望していたともうわさされていたが後にこれを否定、当初から6部作にするつもりでいたと明言している。その言葉どおり2005年に公開された『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』終了後はアニメーション作品の『スター・ウォーズ クローン大戦』がルーカス公認のもと公開されてはいるが、劇場版の『スター・ウォーズ』のエピソード7、8、9ついてはその企画の話さえも持ち上がってはいない。
 しかし、ファンの中には、「9部作の構想が本当はあるはず」とあきらめきれないのか、「何度も新三部作製作か?」のうわさは持ち上がっている。『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のプロモーションで来日した際も、「考えを変えて9部作にしてくれないか?」と懇願するファンに「わたしはもう年だし、そんなに無理だよ」とかわしていたが、『インディ・ジョーンズ』の続編の話は進行中であるし、まだまだ現役監督として活躍するには十分な才能と若さだ。世界には90歳近い巨匠もいる中で、65歳のルーカスはまだまだ若い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.22

■10月24日午前10時からの三角山放送局「シネマキックス」はSAPPOROショートフェスト2009特集

 10月24日午前10時からの三角山放送局「シネマキックス」は、14-18日に開かれたSAPPOROショートフェスト2009の特集です。審査委員や受賞監督のトークもお伝えする予定です。劇場公開の「あの日、欲望の大地で」「ココ・アヴァン・シャネル」「幸せはシャンソニア劇場から」の映画評もお届けします。
★インターネットでライプ放送します。
http://www.sankakuyama.co.jp/
※午後10時から再放送しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「ココ・アヴァン・シャネル」ブランドファッション誕生の秘密

Coco2009
 ファッションブランドの創始者ココ・シャネルの、孤児院で過ごした幼少時代からファッション界で成功するまでの伝記映画。貴族の装飾の多いファッションを批判し、シンプルでエレガントなファッションが誕生していく過程が、ラブストーリーと重なって見事に描かれている。監督は『ドライ・クリーニング』のアンヌ・フォンテーヌ。ココ・シャネル役は『アメリ』のオドレイ・トトゥ。自立していく女性をとてもしっくりと演じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.21

■「幸せはシャンソニア劇場から」フランス映画の至福

Syansonia09
 懐かしい雰囲気を持ったフランス映画。「幸せはシャンソニア劇場から」は、映画らしい映画の面白さが詰まった作品だ。私は、新しい表現を模索する実験的な作品も好きだが、こういった往年の名作の味わいを持った作品に出会うと、別の幸せを感じる。といっても、古くさい作品ではない。第2次世界大戦前が舞台だが、失業者と引きこもりが活躍する現代的な構図を持った作品だ。
 1936年、パリのミュージックホール・シャンソニア劇場は、経営不振のため閉鎖される。30年以上劇場で幕引きをしてきたピゴワルは妻に逃げられ、息子のジョジョとも別れてしまう。失意の日々を送るピゴワルは、芸人仲間と一緒に、再び営業を始めようと劇場を占拠する。そこに、歌手志望の美しい娘・ドゥースがやって来る。彼女の美声がシャンソニア劇場を救う。そして、この後、あっと驚く展開が待っている。
  「コーラス」の製作者ジャック・ペランとクリストフ・バラティエ監督が再タッグを組んだ意欲作。1930年代の世界恐慌や世界大戦という歴史を巧みに生かしながら、さまざまな立場の人々を生き生きと描いている。音楽もすばらしい。ドゥース役ノラ・アルネゼデールの歌声は、幸せな気持ちにする力がある。エンドタイトルの曲も、往年の懐かしい雰囲気を醸し出している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■作家・原田康子、死去

 「挽歌(ばんか)」などで知られる作家の原田康子(はらだ・やすこ、本名佐々木康子=ささき・やすこ)さんが20日午前、札幌市の病院で死去した。81歳だった。東京都出身。自宅は札幌市中央区南8条西14の1の12。葬儀の日取りは未定。
 幼少時に北海道釧路市に移り住み、地元紙記者を経て執筆活動を開始。同人誌「北海文学」に55年から連載した「挽歌」で注目された。戦後の釧路を舞台に不倫の愛を描き、既成の価値観にとらわれないヒロインの生き方が共感を呼んだ。単行本はベストセラーになったほか、五所平之助監督、久我美子主演で映画化もされた。
 ほかの作品に「蝋涙(ろうるい)」(女流文学賞)、自身の一族をモデルにした「海霧(うみぎり)」(吉川英治文学賞)などがある。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■女優・南田洋子、死去

 映画「太陽の季節」や「幕末太陽伝」で知られ、ドラマ、舞台でも活躍した女優の南田洋子(みなみだ・ようこ、本名加藤洋子=かとう・ようこ)が10月21日午前、東京都内の病院で死去した。76歳だった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■オタマジャクシ 尾は免疫拒絶で消える

 オタマジャクシがカエルになる時、尾が縮んで消える新しい仕組みを、新潟大の井筒ゆみ助教(発生生物学)らが発見した。尾が体内で「異物」と認識され免疫反応により拒絶されて消失する。生物の免疫機構の新しい役割を示した。今月、米科学アカデミー紀要で発表した。
 研究チームはアフリカツメガエルの成体(カエル)にオタマジャクシの尾の皮膚を移植した。2匹は遺伝的に全く同一で、自分の皮膚を移植したのと同じなのに、拒絶反応が起きた。
 同様の移植を繰り返し、カエルの体内にオタマジャクシの皮膚に対する「抗体」を作らせ、それをもとに拒絶反応を起こす「抗原」の遺伝子2種を特定。いずれもオタマジャクシの皮膚にある未知のたんぱく質だった。
 2種とも、ふ化直後のオタマジャクシには存在せず、生後30日目ごろから尾だけで発現。50日目くらいに最大になり、約60日目で消えた。アフリカツメガエルは、約60日で成体になる。たんぱく質の発現期間は、オタマジャクシの尾が消える期間と一致した。
 このたんぱく質は、体内で作る自前のものなのに、免疫機能により異物と見なされるのが特徴で、これらが発現した尾は異物として破壊され縮んでいく。発現を止めると尾が残ったカエルになり、過剰発現させるとより速く尾が縮むことも確認した。
 井筒助教は「生物の体ができあがる過程に免疫機能が働いていることを実験で初めて証明できた。胎児の体にだけある組織がなくなる仕組みなどの解明に役立つだろう」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■アスベスト吸入、肺にラジウム蓄積がん化

 アスベスト(石綿)吸入による中皮腫や喫煙などによる肺がんが起こる仕組みを、岡山大の中村栄三・地球物質科学研究センター長らの研究チームが解明した。石綿やたばこ、粉じんに含まれる鉄が肺に入ると、鉄を含む「フェリチン」というたんぱく質が形成される。フェリチンは大気中などにある放射性物質ラジウムを集めて蓄積させ、がんを引き起こすという。28日付の日本学士院発行の自然科学系英文学術誌に論文が掲載される。
 これまで石綿を吸入すると肺にフェリチンが形成されることが知られていた。研究チームは形成過程を突き止めるため、中皮腫や肺がん患者の手術後の肺切片を詳しく調べた。
 すると、6人の中皮腫患者のフェリチンからバリウム、鉛、カドミウムなどの重金属が検出された。中でもラジウムは海水中の100万~1000万倍に相当する高濃度だった。肺がん患者6人でも同様の傾向がみられた。
 研究チームは、高濃度のラジウムが出す放射線で強力な内部被ばくが起き、肺組織の遺伝子を損傷させてがんを発生させると結論付けた。研究チームの岡部和倫(かずのり)・国立病院機構山口宇部医療センター呼吸器外科医長は「肺のラジウム蓄積量を調べる技術や、肺のフェリチンを溶かす薬剤を開発できれば、早期診断や治療につながる」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■南田 洋子の映画出演

 南田 洋子(みなみだ ようこ、本名;加藤 洋子、旧姓;北田、1933年3月1日 - )は、東京市芝区(現・東京都港区)三田出身の元女優。茨城県土浦第一高等女学校(現・つくば国際大学高等学校)卒業。夫は長門裕之。義弟は津川雅彦、義妹は朝丘雪路。夫の姪は真由子、従兄弟の娘は山田よう子。血液型A型、身長155cm。
★映画出演
近松物語(1954年) - お玉 役
薔薇いくたびか(1955年) - 松島光子 役
太陽の季節(1956年) - 武田英子 役
幕末太陽傳(1957年) - こはる(女郎) 役
拳銃無頼帖シリーズ(1960年) - スミ 役
豚と軍艦(1961年) ‐ 勝代 役
伊豆の踊子(1963年) - お咲 役
青い山脈(1963年) - 梅太郎 役
次郎長三国志(1963~1965年) - お園 役
続・拝啓天皇陛下様(1964年) - 美理 役
智恵子抄 Portrait of Chieko (第40回アカデミー賞外国語映画賞本選ノミネート作品、1967年) - 椿和子 役
樺太1945年夏 氷雪の門(1974年) - 安川房枝 役
ハウス(1977年) - おばちゃま(オシャレの伯母) 役
零戦燃ゆ(1984年) - 浜田イネ 役
星の牧場(1987年)
雪のコンチェルト(1991年)
極道の妻たち(1996年) - 杉岡武子 役
理由(2004年) - 石田キヌ江 役
22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語(2007年) ‐ 団地のおばさん 役
ひいろ(2007年) ※現役最後の作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■南田洋子、意識不明の重体

 女優の南田洋子さん(76)が、重度くも膜下出血で意識不明の重体となっていることが20日、分かった。夫で俳優の長門裕之さん(75)が都内で開いた会見で明らかにした。
 長門さんによると、南田さんは17日夜、自宅で嘔(おう)吐(と)。血圧が200近くまで急激に上がり、病院搬送時には一時、瞳孔が開いた状態になったという。緊急手術後は自発呼吸ができず、現在は人工呼吸器を装着、予断を許さない状態という。
 長門さんは手術前、医師から「頭に穴を開けて水を抜くが、三分の一の確率で死亡し、三分の一の確率で植物状態となり、三分の一の確率で入院前の状態になる」との説明を受けたとし、現状の南田さんについて「僕にとってはすべての人間の機能を失った元洋子の骸(むくろ)でしかない」「心臓を動かすためいろんなことを行っているけれども、ものすごい無常を感じる」などと伏し目がちに話した。
 看護婦から「こんなに心臓がもっている患者は珍しい」と言われたことを明かし、「時間の問題だが、洋子にもしものことがあれば、明日からどう生きればいいのか」などと悲痛な表情を見せた。
 19日に見舞いをした際のことを問われると、「一生分のキスをした。これはサヨナラという意味」と振り返り、「植物状態化しているので、洋子が死ぬことを見守っている状態です」などと話した。
 長門さんは現在、東京・浜町の明治座で「川中美幸特別公演」に出演中。「僕には仕事がある。仕事に傷を付けることはできない」と苦しげに語った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■SAPPORO ショートフェスト2009プレミアムショート

 SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)プレミアムショートは本当に豪華だ。2008年度フィルムメーカー部門グランプリ受賞のケン・ワードロップ監督作品。古田亘(わたる)監督の「彼女の告白」。森本晃司監督のアニメ「次元爆弾」、
マイケル・アリアス監督の「HOPE」など。なかでも、「彼女の告白」には、大笑いした。卓越したストーリーテラーだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■SAPPORO ショートフェスト2009アジアンタイフーン

 SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)アジアンタイフーン。90歳で初長編映画『夢のまにまに』を公開して、世界最高齢監督としてギネスブックに登録された木村威夫監督の監督デビュー作「夢幻彷徨」と「海をみつめて 過ごした時間」と、新進気鋭の韓国女性監督であるホン・ジェヒの「雌のライオン」という異色の組み合わせ。「雌のライオン」は、「OUT」を連想させる。そして、なんと言っても木村監督作品を大スクリーンで観る幸せに浸った。

★木村 威夫(きむら たけお、1918年4月1日 - )60年以上のキャリアを持ち、実に200本以上もの作品を手掛けた日本映画界における映画美術の重鎮。1963年、「悪太郎」をきっかけに鈴木清順監督作品の美術を担当し、「清順美学」と呼ばれるその作風の創造に大きく貢献している。2004年、85歳で自身初の監督作品となる短編映画「夢幻彷徨(さすらい)」を公開。札幌在住の藤野羽衣子が主演している。2008年には長編映画「夢のまにまに」を公開し、これが長編映画監督デビューとしては世界最高齢(90歳)として、ギネス・ワールド・レコーズに登録された。2008年8月には長編第2作目「黄金花」を撮影。プロデューサーに林海象と高橋伴明が参加。原田芳雄、松坂慶子、松原智恵子、絵沢萌子、三條美紀、長門裕之、川津祐介、野呂圭介、麿赤児らが参加。現役の映画監督として、新藤兼人に次ぐ高齢。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.20

■SAPPORO ショートフェスト2009カリフォルニアショート

SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)カリフォルニアショート。姉妹映画祭カリフォルニア・インディペンデント・フィルム・フェスティバル(CIFF)2009からセレクト。BECKの妹アリッサ・スウェード出演のミュージックビデオ「Falling From Mars」、米国TVドラマ「HEROES」のアンドウ君役ジェームズ・キーソン・リー主演の「Akira's Hip hop shop」など9作品を上映。「Akira's Hip hop shop」では、片言の日本語を話す日本人役の俳優が笑えた。わざとセレクトしたのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■SAPPORO ショートフェスト2009 文化庁メディア芸術祭

SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)文化庁メディア芸術祭プログラム。2008年度の第12回文化庁メディア芸術祭優秀作品エンターテインメント部門4作品とアニメーション部門8作品の計12作品を上映した。第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した加藤久仁生監督の「つみきのいえ」を劇場の大きなスクリーンで観ることができた。DVDでの鑑賞とは、やはりインパクトが違う。地球温暖化による海面上昇を心温まるメルヘンにしてしまう魔術に酔った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■『けいおん!』憂&和のイメージソングが10月21日に同時発売

 ポニーキャニオンは、TVアニメ『けいおん!』のキャラクターをイメージしたシングルCD2種を、10月21日に発売する。価格は各1,260円(税込)。
 今回発売されるのは、唯の妹・憂(うい)と、唯の親友・和(のどか)の2人をイメージしたCD。憂のCDには“大好きなお姉ちゃんへの思い”をたくさん詰めた『Lovely Sister LOVE』他1曲が、和のCDにはクールなイメージを持つ和のちょっと意外な一面が見える『Coolly Hotty Tension Hi!!』他1曲が収録される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■SAPPORO ショートフェスト2009 F-C

 SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)フィルムメーカーC。神風動画の若々しいアニメに力があった。アイルランド出身のテリー・オリアリー監督、ロシアのナタリー・クジミナ監督も個性的な作家性を感じさせる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■SAPPORO ショートフェスト2009 チルドレン

 SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)チルドレンショートプログラム。今年は、すべてアニメ。子供向けと侮れない佳作ぞろい。「まいごのペンギン」(フィリップ・ハント監督、イギリス)は、ていねいな作りで情感を盛り上げる。海のCGも見事。ベルギー人アニメーター・セバスチャン・ゴダールと大阪の子供たちが創り上げたユニークな「うみといのち(うらしまたろうものがたり)」 も面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■常盤貴子、俳優の長塚圭史と結婚へ

Tokiwa
 女優の常盤貴子(37)が、劇作家で俳優の長塚圭史(34)と近く結婚する。二人は、03年に映画「ゲロッパ!」(井筒和幸監督)で共演し、その後交際が報じられていた。
 常盤貴子は、93年、ドラマ「悪魔のKISS」(フジテレビ系)で注目され、95年の「愛していると言ってくれ」(TBS系)で豊川悦司さんの恋人役を演じて人気に火がついた。98年には「タブロイド」(フジテレビ系)で主演。00年「ビューティフルライフ」で木村拓哉さんと共演し、車いすのヒロインを演じ、大ブレークした。09年NHK大河ドラマ「天地人」で、直江兼続の妻・お船の方役で出演。映画は、99年香港映画「もういちど逢いたくて~星月童話~」に出演。10日から主演映画「引き出しの中のラブレター」が公開されている。
 長塚圭史は、俳優長塚京三の長男。94年早稲田大学入学後、96年に演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役をこなす。俳優としても映画「リアリズムの宿」で主演。「ピローマン」演出で第4回朝日舞台芸術賞と第55回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。08年9月から文化庁・新進芸術家海外留学制度で英国に留学中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■SAPPORO ショートフェスト2009 N-B

 SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)N-Bでは、まず「28」(片岡翔監督、札幌)にやられた。エコロジカル・ホラー・コメディという新しいジャンルを切り開いたわけではなく、1発芸的なのだが、それでも「やられた」感は強い。「KUDAN」(木村卓監督)は、ユニークな世界観を独自のキャラクターで描いたアニメ。労作だ。宇木敦哉監督が1人で製作し、一般の映画館で劇場公開された「センコロール」も力作。札幌で怪獣が暴れまわる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■SAPPORO ショートフェスト2009 N-A

 SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)N-Aでは、「赤い森の歌」(泉原昭人監督)の独自な世界を描ききったアニメが印象的。精緻な映像に引き込まれた。筧昌也(かけひ・まさや)監督の「愛の小手指」は、指たちの恋の行方を描いたコメディ。単純だが笑える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■SAPPORO ショートフェスト2009 I-F

 SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)インターナショナル I-F(驚き。)は、お気に入りのプログラム。「編集者ミナミケイジ」(ティアゴ・メンドンカ監督、ブラジル)が勉強になった。1970年代のブラジル、サンパウロで起きた「ボカ・フィルム・ムーブメント」を支えた雑誌「Cinema in Close-up」の発行・編集者ミナミケイジを描いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.19

■SAPPORO ショートフェスト2009 I-E

  SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)インターナショナル I-E(映画好きもビックリ)も、お気に入りのプログラム。「2バーズ」(ルナー・ルナーソン監督、アイスランド )の瑞々しく、切なくて、いたたまれなくなる映像に魅せられた。クロアチアのシモン・ボゴイヤビッチ・ナラス監督のアニメ「モラナ」は、非常に大きく切実な世界を描いていて胸に響いた。「テン」(ビフ監督、フランス)の幻覚も衝撃的。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■SAPPORO ショートフェスト2009 I-D

  SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)インターナショナル I-D(不思議な世界)では、「死の舞踏(Dance of Death) 」(ペドロ・ピレス監督、カナダ )の死体の荘厳な美しさに衝撃を受けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■SAPPORO ショートフェスト2009 I-C

 SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)インターナショナル I-C(クール!)は、インターナショナル部門で一番気に入ったプログラム。作品部門のグランプリを獲得したエコロジカルなアニメ「ヴァーミンツ 」(マルク・クレステ監督、イギリス )が傑出しているのは間違いないが、サイケデリックなミュージックビデオ「ノー・プレイス・ライク・ホーム」(ロスト 監督、 オランダ )のダークな雰囲気も大好き。落書きアート「ムトー」(ブルー監督、イタリア )のインパクトも、忘れがたい。60年代のイラストをコラージュしたラン・レイク監督のアニメ「コントロール・マスター 」も、毒を放っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■SAPPORO ショートフェスト2009 I-B

 SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)インターナショナルI-B(人間模様)では、黒澤明監督の名作「七人の侍」への屈折したオマージュとなっている「八人目の侍」が出色。メキシコの「パラダイスカフェ」もおもしろかった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■SAPPORO ショートフェスト2009 I-A

 SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)インターナショナルI-A(女性におすすめ)では、「ラウンド 」(カーク・ヘンドリー監督、 イギリス)がジャングルでの死と再生をテーマに手による影絵アニメの新しい地平を切り開いていた。「パッセージ」は、マリー・ジョゼ・サンピエール監督自身の出産体験をもとにした医療ドキュメンタリーアニメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■楳図かずお、初のドキュメンタリー

 “グワシ”のポーズと赤白ボーダーが強烈なイメージの漫画家、楳図かずおの素顔を追ったドキュメンタリー映画『グワシ!楳図かずおです』が公開される。
 その強烈な個性から、若い世代には、ヘンなおじさんと認識されていたりもするが、緻密なストーリー構成と繊細な絵柄で一世を風靡した天才漫画家であることは周知の事実。「まことちゃん」「漂流教室」「おろち」など多数の傑作漫画を生み出している楳図だが、その活動は漫画にとどまらず、ミュージシャンやタレントとしても精力的に活動を続けている。
 しかし、プライベートは意外に知られおらず、本作の監督を手掛けた伊藤弘二は、楳図かずお公式サイトを運営するスタッフのひとりで、「あまり知られていない楳図さんを映画に撮ってみたい!」という思いから、3年前に撮影はスタートした。
 膨大に撮られたテープには、楳図が作詞・作曲・振付を手掛けた「まことちゃんダンス」を猛練習する真剣な表情や、日課である5か国語を練習しているリラックスした姿、そしてゼロから設計した楳図ハウスに住みたい、という自分の夢のために奔走するアーティストとしての姿が写し出される。人並みはずれた好奇心と実行力は、とても73歳という年齢を感じさせない。
 現在は指関節の痛みのため現在漫画の執筆を休んでいる楳図が、イラストを仕上げてゆく貴重な映像や楳図ハウスにカメラが入り、奇想天外な設計やキャラクターのオブジェの撮影にも成功している。日本を代表する漫画家の頭の中がのぞける貴重な作品に仕上がっている。
 映画『グワシ!楳図かずおです』は11月23日(祝)よりテアトル新宿、シネカノン有楽町にて公開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■実験室で模擬ブラックホール

 高出力のレーザーを使い、ブラックホール周辺で観測されている現象を実験室で発生させることに、大阪大と中国、韓国の国際共同研究チームが成功した。天文学の新たな研究手段として活用できるという。英科学誌ネイチャー・フィジックスの電子版で19日、発表した。
 阪大レーザーエネルギー学研究センターの藤岡慎介助教は「ブラックホール周辺の環境を地上につくり出すことができた。高出力レーザーを使うことで、将来はブラックホールそのものをつくれる可能性が出てきた」と話している。
 実験は阪大の大型レーザー「激光XII号」で実施。直径約2メートルの真空状態の容器の中で、直径0.5ミリのプラスチックに高出力のレーザーを照射し圧縮、ブラックホール周辺で観測される「光電離プラズマ」を発生させた。ここから放射されたX線は、天体観測で得たデータに近いという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■男性向けグラビア誌『sabra』、2010年1月25日発売号で休刊

 小学館は19日、男性向け月刊グラビア誌『sabra』を来年1月25日発売号(2010年3月号)をもって休刊すると発表した。
 同誌は掲載される全情報をインターネットとリンクするグラビア誌として2000年5月11日に創刊。これまでの最高発行部数は20万5000部(2004年1月22号)だったが、最近は8万5000部程度で推移していた。
 同社では休刊について「雑誌およびWeb環境の大きな変化の中で、次代へ向けた展開を視野に抜本的な見直しを図ることといたしました」としており、公式サイト『sabra.net』の継続については現時点で未定という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.18

■SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)アワード

★: 作品部門グランプリ
ヴァーミンツ / マルク・クレステ (イギリス)

★:フィルムメーカー部門グランプリ
横須賀 令子

★: 最優秀監督賞
2 バーズ / ルナー・ルナーソン (アイスランド)

★: 最優秀北海道作品賞
センコロール / 宇木敦哉 (日本)

★: 最優秀国内作品賞
赤い森の歌 / 泉原昭人 (日本)

★環境賞
ラウンド / カーク・ヘンドリー (イギリス)

★子ども審査員賞
金賞:まいごのペンギン / フィリップ・ハント (イギリス)

★平和賞
秘密の学校 / サッシオ・レペイラ・ド・サントス (ブラジル)

★CRYPTON Best Sound Award
コントロール・マスター / ラン・レイク (イギリス)

1: 最優秀コンテンポラリー/エクスペリメンタル・ショート賞 
死の舞踏 / ペドロ・ピレス (カナダ)

2: 最優秀美術賞
ネクストフロア / デニス・ヴィルヌーブ (カナダ)

3: 最優秀ドキュメンタリー賞 
パッセージ / マリー・ジョゼ・サンピエール (カナダ)

4: 最優秀アニメーション賞
赤い森の歌 / 泉原昭人 (日本)

5: 最優秀ノンダイアログ賞
モラナ / シモン・ボゴイヤビッチ・ナラス (クロアチア)

6: 最優秀ベリーショート賞 (3分以内)
アトランティック / コナー・ファーガソン (アイルランド)

7: 最優秀ミニショート賞 (10分以内)
ムトー / ブルー (イタリア)

8: 最優秀チルドレン・ショート賞
まいごのペンギン / フィリップ・ハント (イギリス)

9: 最優秀子役賞
ロビン / ハン・オルダーデッセン、ルーベン・フィッシャー (ドイツ)
子役:マテオ・ワンシング・ロリオ

10: 最優秀学生監督賞
八人目の侍 / ジャスティン・アンブロシーノ (アメリカ)

11: 最優秀女優賞
早熟 / ラシャード・アーネスト・グリーン (アメリカ)
女優:ゾラ・ハワード

12: 最優秀男優賞
2 バーズ / ルナー・ルナーソン (アイスランド)
男優(少年):Atli O´skar Fjalarsson

13: 最優秀編集賞
死の舞踏 / ペドロ・ピレス (カナダ)

14: 最優秀撮影賞
消え行く光 / ティエン・ド (ベトナム)

15: 最優秀脚本賞
パラダイスカフェ / アロンソ・ルイズィパラシオス (メキシコ)

16: 最優秀作曲賞 
ヴァーミンツ / マルク・クレステ (イギリス)
作曲:ヨハン・ヨハンソン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)アワード

★: 作品部門グランプリ
ヴァーミンツ / マルク・クレステ (イギリス)

★:フィルムメーカー部門グランプリ
横須賀 令子

★: 最優秀監督賞
2 バーズ / ルナー・ルナーソン (アイスランド)

★: 最優秀北海道作品賞
センコロール / 宇木敦哉 (日本)

★: 最優秀国内作品賞
赤い森の歌 / 泉原昭人 (日本)

★環境賞
ラウンド / カーク・ヘンドリー (イギリス)

★子ども審査員賞
金賞:まいごのペンギン / フィリップ・ハント (イギリス)

★平和賞
秘密の学校 / サッシオ・レペイラ・ド・サントス (ブラジル)

★CRYPTON Best Sound Award
コントロール・マスター / ラン・レイク (イギリス)

1: 最優秀コンテンポラリー/エクスペリメンタル・ショート賞 
死の舞踏 / ペドロ・ピレス (カナダ)

2: 最優秀美術賞
ネクストフロア / デニス・ヴィルヌーブ (カナダ)

3: 最優秀ドキュメンタリー賞 
パッセージ / マリー・ジョゼ・サンピエール (カナダ)

4: 最優秀アニメーション賞
赤い森の歌 / 泉原昭人 (日本)

5: 最優秀ノンダイアログ賞
モラナ / シモン・ボゴイヤビッチ・ナラス (クロアチア)

6: 最優秀ベリーショート賞 (3分以内)
アトランティック / コナー・ファーガソン (アイルランド)

7: 最優秀ミニショート賞 (10分以内)
ムトー / ブルー (イタリア)

8: 最優秀チルドレン・ショート賞
まいごのペンギン / フィリップ・ハント (イギリス)

9: 最優秀子役賞
ロビン / ハン・オルダーデッセン、ルーベン・フィッシャー (ドイツ)
子役:マテオ・ワンシング・ロリオ

10: 最優秀学生監督賞
八人目の侍 / ジャスティン・アンブロシーノ (アメリカ)

11: 最優秀女優賞
早熟 / ラシャード・アーネスト・グリーン (アメリカ)
女優:ゾラ・ハワード

12: 最優秀男優賞
2 バーズ / ルナー・ルナーソン (アイスランド)
男優(少年):Atli O´skar Fjalarsson

13: 最優秀編集賞
死の舞踏 / ペドロ・ピレス (カナダ)

14: 最優秀撮影賞
消え行く光 / ティエン・ド (ベトナム)

15: 最優秀脚本賞
パラダイスカフェ / アロンソ・ルイズィパラシオス (メキシコ)

16: 最優秀作曲賞 
ヴァーミンツ / マルク・クレステ (イギリス)
作曲:ヨハン・ヨハンソン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.17

■加藤和彦、自殺か 

 10月17日午前9時25分ごろ、長野県軽井沢町のホテルから、県警軽井沢署に「宿泊客と連絡が取れない」と通報があった。署員と従業員が部屋に入ったところ、天井の梁(はり)から男性が首をつって死んでいるのを発見した。同署は部屋に宿泊していた歌手の加藤和彦さん(62)とみて身元の確認を急いでいる。
 同署によると、部屋には遺書のようなメモがあり、目立った外傷はないという。自殺とみて調べている。
 加藤さんは65年に結成した「ザ・フォーク・クルセダーズ」のリーダーとして活躍。「帰ってきたヨッパライ」が大ヒットする一方、朝鮮半島の南北分断に触れた「イムジン河」は発売中止となって話題を呼んだ。解散後、作曲も手がけた71年の「あの素晴しい愛をもう一度」は大ヒットした。72年に「サディスティック・ミカ・バンド」を結成した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■SAPPORO ショートフェスト2009F-A アレキサンダー・フィリップ監督の「 LEFT」に全身が震えた

 SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)フィルムメーカーA。アレキサンダー・フィリップ (Alexandre Philippe)監督の作品に出会った。おそらく、2009年最高の出会い。「LEFT」のすごみのある美しい映像に、全身が震えた。ずっと、探していた映像に出会ったという感覚。タルコフスキー監督の映像に震えた以来の体験だ。吉田舞、アナ・マッグラス両監督の作品はかわいい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009.10.16

■SSF2009F-B 強烈な個性がぶつかる

 SAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)フィルムメーカーBは、エーリック・ローゼンルンド(Erik Rosenlund)、マイケル・ウォルフ(Michael Wolf)、横須賀令子(Reiko Yokosuka)の3氏がエントリー。それぞれに強烈な個性を放つ。エーリック・ローゼンルンドは、、デフォルメした表現のブラック・コメディが持ち味。マイケル・ウォルフの作品は、異様に怖い。こんな怖い3作品を見せられるとは。
 横須賀令子は札幌市内在住。墨を使ったアニメは、軽やかでダイナミックに踊る。余白で自在に遊ぶ。28年間の一貫した墨絵アニメ創作活動もグランプリを獲得した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■フィンランド、1Mbpsネット接続の権利を国民に付与へ

 フィンランドの運輸通信省は現地時間10月14日、同国民に対して、1Mbpsのブロードバンド接続を法的権利として2010年7月より与える予定であることを発表したと、フィンランドの国営放送YLEが同日報じた。この報道によると、フィンランド政府はすでに2015年中に国民に対し100Mbpsのブロードバンド接続の法的権利を与えることを決定しており、今回の発表は途中経過であると同省は述べたという。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■SAPPORO ショートフェスト2009スタート

 10月14日からSAPPORO ショートフェスト2009(第4回札幌国際短編映画祭)が始まった。午前10時から午後11時40分まで上映しているので、映画の感想を書く暇がない。圧倒的な質と量を楽しみながら、ゆっくりと記録していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ヨーグルト摂取でインフルエンザに効果

 乳酸菌「1073R-1」を使ったヨーグルトを摂取すると、ウイルス感染した細胞を攻撃するナチュラルキラー(NK)細胞の働きを活発にし、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることが15日、東京都内で開かれたセミナーで報告された。北里大などによるマウス実験の結果で、このヨーグルトを食べると風邪をひく危険性も半減したという。
 研究チームは、1073R-1のヨーグルトをマウスに4週間与えたところ、NK細胞の働きがより活発になった。この乳酸菌が作る多糖体(EPS)を3週間与えても同様だった。ヨーグルトやEPSを食べさせたマウスにインフルエンザウイルスを感染させたところ、感染力のある肺の中のウイルス量が減った。さらに山形と佐賀県内の60歳以上の72人に、このヨーグルトを8週間と12週間食べてもらい、食べなかった70人と比べたところ食べた人は風邪をひく危険性が半減した。北里大の山田陽城教授は「乳酸菌も粘膜免疫系などの活性化に働くなどして健康維持にかかわると推定される」と指摘した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.10.15

■松田優作がハードボイルドカップめんに

20091015matuda
 2009年に生誕60年、没後20年を迎える伝説の俳優、松田優作の最初で最後の公式ドキュメンタリー映画『SOUL RED 松田優作』とエースコックが映画の世界観を盛り込んだ「ハードボイルドカップめん」を誕生させた。
 松田優作とカップめんとは、意表を突いた組み合わせだが、エースコック株式会社はこのタイアップの実現について「スパイシーで真っ赤なスープと食べ応えのあるタテロング容器で、俳優“松田優作”のハードボイルドでストイックな生きざまを表現しました」と説明。確かにパッケージにデザインされたシブイ、ハードボイルドな松田のビジュアルと、スパイシーな赤とのコントラストは映画の世界観を表現している。
 また、弾力のある角刃のめんに別添の調味油で辛さと赤さが加わることで、松田優作のハードボイルドでストイックな生きざまを表現しているというから、パッケージを変えただけの通り一遍のタイアップではなさそうだ。このハードボイルドカップめんは11月9日より全国で190円(税別)で発売される。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■桐野夏生原作の「東京島」映画化

 桐野夏生原作の「東京島」が、映画『ぐるりのこと。』で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞した木村多江主演で映画化される。
 平凡な40代主婦が特殊な環境に置かれることで、新たな自分へと変ぼうを遂げていく物語。木村が演じるのは、無人島に流された23人の中で唯一の女、清子。助けの船も来ない“東京島”を舞台に、人間の極限状態と情念を力強く活写していく。原作は2008年に谷崎潤一郎賞を受賞した話題の小説で、平凡な主婦であった清子が、苦境の中で直感を頼りに行動を起こす姿は30代以上の女性を中心に熱い支持を得た。
 撮影は10月11日にクランクイン。スタッフ・キャスト総勢120名、鹿児島県沖永良部島および徳之島にて約40日間に及ぶ合宿状態の過酷な撮影が行われている。監督は映画『忘れられぬ人々』『殺しのはらわた』などの篠崎誠。そのほか福士誠治、柄本佑、木村了、鶴見辰吾らが脇を固める。2010年公開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.14

■ジブリ新作の内容は12月発表

 アニメーション映画「崖の上のポニョ」(宮崎駿監督)の制作過程を追ったドキュメンタリーDVD「ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~」(12月8日発売)の試写会が11日、東京・汐留の日本テレビで開かれた。
 ドキュメンタリーはNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」の担当ディレクターが、構想段階から完成まで約2年にわたり宮崎監督に密着。収録した200時間以上の映像を12時間半のドキュメンタリーにまとめ上げた。
 質疑応答で「若い人たちにどんなことを求めますか?」と聞かれたスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「ものを作るということは特別なことではない。日常の些細なことを大切にしていってこそ、作品が生まれるということを知ってほしい」と答えた。また、新人監督を起用して制作中のジブリの新作について12月に発表すると話した。
 「ポニョはこうして生まれた。」のDVD(5枚組)は9240円、ブルーレイディスク(2枚組)は11340円で発売する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■未知のダビンチ作品か、肖像画の指紋酷似

20091014
 仏パリの研究機関に持ち込まれた少女の肖像画から検出された指紋が、イタリア・ルネサンス期の巨匠レオナルド・ダビンチのものと酷似していることが、13日までに判明した。ダビンチのこれまで知られていない作品とすれば、数千万ユーロ(数十億円)の価値がある可能性もあるという。
 この肖像画はカナダ出身の収集家が数年前に入手したもので、鑑定した英オックスフォード大の美術史家がダビンチの作品の可能性があると指摘。パリの研究機関が詳しく調べたところ、絵の表面に見つかった左手の指紋が、バチカンに所蔵されているダビンチ作品から検出した指紋と「極めて似通っている」という。
 美術史家は肖像画のモデルが、15世紀のミラノ公爵ルディビコ・スフォルツァの娘ビアンカの可能性があるとしている。収集家は購入した際、19世紀初頭の作品と言われたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「涼宮ハルヒの消失」が映画化決定

 10月8日深夜、サンテレビ、テレ玉で放送された『涼宮ハルヒの憂鬱』の最後に、『涼宮ハルヒの消失』が、2010年春に劇場公開予定であることを告知する映像が流れた。
 『涼宮ハルヒの消失』は、原作シリーズのなかでもファンから高い評価を受けている作品。それだけに以前から映画として観たいという声が、ファンの間でも上がっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009.10.12

■100歳、砲丸投げで世界新

 豪紙オーストラリアン(電子版)などによると、シドニーで開催された世界マスターズ競技会の陸上女子砲丸投げ100〜104歳のクラスで11日、オーストラリアのルース・フリスさん(100)が4メートル7センチを投げ、このクラスの世界新記録を樹立した。フリスさんは同大会参加の女子選手で最年長。
 豪東部ブリスベーンに住むフリスさんは、今も週5日の練習を欠かさず、ベンチプレスで35キロを持ち上げる「怪力」の持ち主。酒やたばこはたしなまないが、「子供のころから嫌いだった」ため、野菜を食べたことがないという。
 同種目では唯一の参加選手だっただけに、ロイター・テレビに「ファウルさえしなければ勝てると思っていたわ」と話すフリスさん。今のところ「引退」の予定はないといい、オーストラリア通信に対し「99歳になるとか100歳になるとか考えず、毎日を楽しめば年月が過ぎていくのよ」と語った。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「あの日、欲望の大地で」ジェニファー・ローレンスの存在感

334096_005
 「21グラム」「バベル」などの脚本家ギジェルモ・アリアガが、監督として長編デビューした。複数のストーリーが交錯する脚本を書くのがギジェルモの特徴だが、この作品は、「21グラム」「バベル」に比べ分かりやすい構成になっている。
 有能なキャリアウーマンに見える女性の自傷行為、草原の中で炎上するトレーラーハウス。最初から、衝撃的なシーンが登場し、どうなるのかと引き込まれる。いっけんあざといとも思われるが、しかしその意味は、後で十分納得できる展開につながる。刺激的だが、心に迫るドラマだ。シャーリーズ・セロンとキム・ベイシンガーが、深い傷を持つ女性を熱演している。出番は、やや少ないものの、キム・ベイシンガーの屈折に満ちた演技が光る。しかし、この二人を上回る存在感を見せたのは、撮影当時17歳のジェニファー・ローレンス。ギジェルモ・アリアガ監督は「メリル・ストリープの再来かと思った」と絶賛している。本作の演技が評価され、第65回ベネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)を受賞した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.10.11

■マイケル・マン監督、ロバート・キャパの映画を企画

 マイケル・マン監督が、1954年に亡くなった戦場カメラマンのロバート・キャパの伝記映画を企画している。
 映画は、スペインの女流作家スサーナ・フォルテスの小説「ウェイティング・フォー・ロバート・キャパ」(原題)を基に製作され、映画『バースデイ・ガール』のジェズ・バターワースが脚本を手掛ける。小説ではキャパだけでなく、キャパの恋人であり初の女性報道カメラマンとして知られるゲルダ・タローのことも描かれ、同じユダヤ系である二人がパリで出会い、スペイン内戦では協力して取材を行った様子などもストーリーに組み込まれる予定だ。ちなみに、ゲルダ・タローのタローは本名ではなく芸術家の岡本太郎にちなんで仕事用の名前として名乗っていた。第一次インドシナ戦争を取材中に地雷爆発に巻き込まれて亡くなったキャパに対して、タローはスペイン内戦のブルネテの戦いのときに、26歳の若さで亡くなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■マイケル・ジャクソン「 THIS IS IT」の劇場予告

 2009年10月28日劇場公開のマイケル・ジャクソン「 THIS IS IT」の予告を映画館で観た。その迫力に、鳥肌が立った。そのまばらく光り輝くマイケルは、今はもうこの世にいない。予告編の間、何度も何度も鳥肌が立ち、涙があふれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.07

■10月7日はバーコード記念日、Googleもバーコードに

 記念日に、自社のタイトルロゴをアレンジしてきたサーチエンジンサイト『Google』。さまざまなおもしろいタイトルロゴの変化を見せてくれていた。そして10月7日(水曜日)もタイトルロゴがアレンジされて変化している。
 今回はタイトルロゴがバーコードそのものに変化し、『Google』の英字がひとつも出ていない。ドレクセル大学院の生徒であるバーナード氏とノーマン氏がバーコードを発明し、米国の特許(番号2612994)として登録したのが、1952年10月7日。10月7日はバーコードが正式に認められた記念日だ。
 普段スーパーのレジなどで読んでいるバーコードはJANコードという形式だが、今回のGoogleロゴはCode128という別の形式で記録されている。Code128形式は数字だけではなくアルファベットも記録することができる。このバーコードをバーコードリーダーで読み取ると「Google」。やっぱり、Googleのロゴだった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »